米海兵隊普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題に絡み、国民新党の下地幹郎政調会長は30日、米空軍嘉手納基地を抱える沖縄市、北谷(ちゃたん)町、嘉手納町の3首長と北谷町役場で会談した。

 下地氏は、政府・与党の「沖縄基地問題検討委員会」に同党が示す嘉手納基地への統合案を説明したが、3首長は反対した。

 統合案は、普天間飛行場のヘリ部隊を嘉手納基地に移す代わりに、嘉手納基地所属のF15戦闘機の一部を三沢基地(青森県)に移し、訓練を関西空港などに分散する内容。

 宮城篤実・嘉手納町長は「戦闘機は減っても騒音が軽減するとは思えない」、野国昌春・北谷町長は「県外・国外移設が県民の思い」、東門美津子・沖縄市長は「グアムへの全面移設ではだめなのか」などと反対意見を述べた。

南京虐殺、犠牲者数で隔たり=戦後史は除外-日中歴史研究報告書(時事通信)
6新人が届け出=長崎知事選(時事通信)
拳銃強盗容疑、会社員2人逮捕=07年、現金190万円奪う-長崎(時事通信)
<ネットオークション>米国製「駅馬車」をヤフオクで公売へ 静岡県三島市(毎日新聞)
<映画>興行収入2000億円突破 3年ぶり、史上2位(毎日新聞)