大阪府警は、児童虐待が疑われるとして調査した保護者や児童の名前・住所、事例などをデータベース化する。

 「児童虐待事案等相談システム(仮称)」で、2010年度中の運用開始を目指す。システムを管理する府警本部と府内64署をオンラインで結び、虐待関連の通報を受けて各警察署員が現場に向かう前に検索。登録があれば、細心の注意を払って調べられるようにするのが狙いだ。

 府警によると、対象は01年以降に調査し、虐待と認定した約1800件。内容は、関係者の名前、事案概要、児童の健康状態や登校状況、保護者のアルコール・薬物依存の有無などで、府内であれば、関係者が転居しても、名前などから判断し、対応できるという。

ブラジル人「以前から盗み」…名古屋ひき逃げ(読売新聞)
雑記帳 盛岡芸者見習い募集の求人票(毎日新聞)
業界つなぎ留めろ…自民、各種団体と懇談(読売新聞)
過労で寝たきり、会社に1億9千万円支払い命令(読売新聞)
議場に「ブラボー」 兵庫県議会でコンサート(産経新聞)