任期満了に伴う京都府知事選は11日投開票され、実質的に民主党と自民、公明両党の支援を受けた無所属現職の山田啓二氏(56)が、無所属新人で共産推薦の医師、門祐輔(54)を破り、3選を決めた。

 山田氏の出馬表明は今年2月。門氏に比べて大幅に遅れ、3党の連携の不十分さも指摘されたが、選挙戦に入って次第に組織が引き締まり、優勢に戦いを進めた。最後は3党の組織力で門氏を退けた。

 一方、門氏は昨年7月に出馬表明。その後、府内各地を回り、告示前からきめ細かい活動を展開、名前の浸透をはかった。選挙戦に入ってもよいムードを維持し、京都市では山田氏に迫る票を獲得したが、及ばなかった。

 山田氏は「3期目という私にとって最も覚悟を持って挑んだ選挙戦だったが、みなさんの支援で当選できた。喜びとともに今後の責任を痛感する。福祉安心型社会の再構築などの大きな課題を前に進め、京都から日本を再生していきたい」と話した。

【関連記事】
新人、3選めざす現職と一騎打ち 京都府知事選が告示
山田京都府知事が3選出馬を表明
山田・京都府知事が3選出馬を表明
関西3空港問題 先送りしてきた課題に結論を
足並みそろわぬ広域連合 橋下知事に焦燥感
「中国内陸部の資源事情とは…?」

ヒト属祖先? 新種猿人 南アフリカ、190万年前の化石(産経新聞)
郵政法案、20日までに国会提出=亀井担当相(時事通信)
キリスト教会また“消火器テロ” 関西でプロテスタントばかり(産経新聞)
名古屋の山にニホンカモシカ、最大3頭生息(読売新聞)
スーダンに陸自ヘリ 政府、派遣を検討 PKOで初 (産経新聞)