政府は18日、平成23年度の一般職国家公務員の新規採用を半減する方針の閣議決定を見送った。刑務官の採用削減に法務省が抵抗しているためで、14日に続き2度目の先送りとなった。

 新規採用の抑制策をめぐっては、鳩山由紀夫首相の指示を受けた原口一博総務相が、I種(キャリア)とII種は2割抑制などの削減目標を作ったが、複数の閣僚が反対していた。 

 ただ、平野博文官房長官は18日の記者会見で、21日の次回閣議で決定する方針を示した。

【関連記事】
公務員採用半減見送り 政府 総論賛成も各省庁が反発
閣議決定は18日以降に 国家公務員の採用半減で
手順が違う国家公務員の採用半減 しわ寄せは志望の若者に
公務員採用半減 安易すぎる数合わせ対応
首相、国家公務員採用の半減を指示
中国が優等生路線に?

鞆の浦 架橋計画推進、反対派初の公式協議 広島県が主催(毎日新聞)
普天間、徳之島町議と面会へ=官房長官が鹿児島訪問(時事通信)
B型肝炎 救済策提示見送り 政府、きょう和解協議入り表明(産経新聞)
「浜教組への警告文書は適切」文科相が支持 教科書不使用指示で(産経新聞)
<普天間移設>社民、閣議了解せず 「5月末決着」に異議(毎日新聞)