鳩山由紀夫首相は16日午後、東京・日比谷公会堂で開いた民主党の定期党大会でのあいさつで「小沢一郎幹事長の資金管理団体への検察捜査が行われている。小沢幹事長は法令に触れることは一切していないと訴えておられる。党代表として小沢幹事長を信じている」と語った。

 さらに「党として肝心なことは政権与党としての責任を果たしていくことだ。当然、政治倫理の確立の使命も含まれるが、小沢幹事長には臆(おく)することなく身の潔白を説明し、職務遂行に全力をあげるよう要請する。党員の皆さんが、冷静な判断のもとで、捜査の推移を見守るよう心からお願いする」とも述べた。

【関連記事】
鳩山首相、小沢幹事長の続投「菅副総理と一致」
小沢幹事長続投に「党の自殺行為」の批判も 
鳩山首相、イバラの道 責任論も
首相「闘ってください」 小沢氏に続投“お願い”?
■総力特集「それでも小沢一郎」

志位・共産委員長「小沢氏は説明責任果たせ」(産経新聞)
1日平均患者数「入院」は減、「外来」は増-病院報告・09年9月概数 (医療介護CBニュース)
レーシック被害 複数患者の菌一致 「手術で感染」疑い強まる(産経新聞)
震災意識調査 働き盛り、災害に無防備?(産経新聞)
<人事>警察庁(18日)(毎日新聞)