厚生労働省は17日、インフルエンザが原因で13日までの1週間、休校や学級閉鎖となった保育園や幼稚園、小中高校などが3週連続で減少したと発表した。
 同省によると、休校や学級閉鎖を実施したのは626施設で、前週と比べ約37%減となった。ほとんどが新型インフルエンザとみられるが、近畿地方の一部で季節性B型インフルエンザのウイルスも検出されている。
 一方、16日までの1週間の入院患者は71人(速報値)だった。 

【関連ニュース】
【特集】新型インフルエンザ
〔写真特集〕新型インフルエンザ
開封後1週間のワクチン接種=新型インフル、子供8人に
インフル脳症、285人届け出=例年の5~8倍
HIV感染・発症者、7年ぶり減少=検査低調、新型インフル影響か

消費税4年間は上げず=鳩山首相(時事通信)
<東京都議会>元議員3人の政調費公開、領収書写しすべても(毎日新聞)
<裁判員裁判>初の「区分審理」決定…大阪地裁(毎日新聞)
<雑記帳>さあ、みんなで「レッサーパンダ体操」を(毎日新聞)
行政刷新「まず内閣府から」=枝野担当相(時事通信)