福岡市・那珂川町 住宅型有料老人ホームグランドG-1 

住宅型有料老人ホーム「グランドG-1」は、福岡市内から車で約20分、中心市街地からもアクセス良く、また那珂川の緑豊かな自然に囲まれた環境にあります。 なお医療法人光竹会を母体としており、「医療と介護の密な連携」が大きな特徴になっており、光竹会グループのごう脳神経外科クリニックによる強力なバックアップをはじめ、施設内にヘルパーステーション、デイサービスセンターを併設させることにより、入居者様、ご家族様に安心と快適を提供できる体制を整えております。

025

G-1でおなじみの「ひまわりの会」様が

民謡舞踊を踊りに本日、グランドG-1デイサービスに来られました

このお方は、かつてデイサービス和の厨房で働いておられたTさん、

ひまわり会を通しグランドG-1を始め

様々な高齢者施設で民謡舞踊のボランティアに励まれています

008

002

010

今回も見事な舞いを披露されます

指の動き、表情の作り方、

そのどれもが洗練され

見るものをドキッとさせます

005

007

001

013

「大輪」「人生の松竹梅」「男の絶唱」「博多の四季」「人生花暦」「黒田節」

と踊りが続きいていきました

015

004

最後は利用者様を含め皆で

祝い目出度(めでた)を踊りました

023

021

022

利用者様の皆様も、

流暢に踊られていました

024

エーイーショウエー エーイーショウエー

012

なんといっても博多っ子!

威勢が良いですね!

019

018

大いに盛り上がり、そして幕をおろしました

ひまわり会の皆様、ありがとうございました

016

またのご来演を楽しみにお待ちしています

こちらの方もぜひぜひポチっとお願い致します


021

本日は「大相撲健康体操」というものをおこないました

大相撲健康体操は日本相撲協会指導普及部・総合企画部様が推薦する体操です

017(91)


相撲の取り組みに沿った形の動きを基本としているようですが

もちろん、そのままの動きを高齢者の方に

そっくり、やって頂くには無理があり

高齢者向けに多少、アレンジして提供させていただいているのですが

日本の国技といわれる相撲にリンクさせた体の動きは

いやはや皆様に大いに楽しんでいただきながら

体を動かす健康体操の一番人気の体操となっているのも事実です

019(74)

それでは本日の大相撲健康体操の模様をご覧あれ

010

気合が入っているでしょう!

まさに「どすこい!どすこい!」といった感じです

015

これは張り手の運動でしょうか

表情が真剣です

012

動きの合間には「えい!や~!」とかいった声も

はさんでいきます

018

016

相撲体操は主に下半身の強化に重点が置かれているようです

下半身の衰えがきになる高齢者の方には

もってこいの体操です

009

日本の国技である大相撲、

秋場所も始まったことですし、

お相撲さんに負けないくらい「どすこい!どすこい!」の勢いで

この秋を勇猛邁進していきたいですね!

017

008jpg

こちらの方も張り手で一発、

ポチッとお願い致します



001

本日はリンパマッサージの資格を取得した職員Sさんによる

リンパマッサージが行われました

005

リンパマッサージとは、リンパの流れに沿って指圧することで

滞っているリンパ液の異物や老廃物を排出させ

リンパの流れをスムーズにする施術方法をさして言います

004

リンパの出口は左鎖骨の下にあるらしく

手順としてはそこから離れたところから

リンパの流れを出口に向かって段階的に流していき

出口である左鎖骨下へ最終的に押し出す方法がとられています

003

そういったわけで、まずは足先から!

じわりじわりと押し出していきます

002

高齢者にありがちな浮腫予防にも効果があります

足が軽やかになった気がしませんか?

007

素敵な笑顔の職員Sさん!

リンパマッサージは定期的に行っていく予定です

006

こちらの方もリンパマッサージで

ぽちっとお願い致します









021

本日はお昼からの時間を利用して

タオル体操なるものをおこないました

020

018

019

タオルを両手で持つことで、平衡感覚がとれ、

要はテコの原理を利用することで

普段、動かしにくい筋肉の運動も

難なくこなすことができるようになります

013

014

012

これはタオルをねじる運動

010

タオルを縦にねじろうとされているのは

かつて、雑巾がけをよく、やっておられた証とでもいうのでしょうか?

雑巾を絞るにあたって、写真のように縦に絞られる方と

横に絞られる方がおられます

縦に絞るのも、横に絞るのも同じと思われがちですが

実際に絞ってみて、右手と左手の表と裏が一緒になっているか

なっていないかに気づかれると思います

簡単な話で縦で絞った場合は

野球のバットを握ったような形になり右手と左手が逆になります

一方、横で握った場合は鉄棒を握った形となり

右手と左手が一緒になります

その違いで絞り方に大きな差が出来てくるわけで

横での絞り方は、手首の回転だけで絞るのだから、たいして効果がでません

一方、縦で絞ると手首だけでなく腕の力も加わり

きっちりと雑巾を絞ることができます

要するに正しい雑巾の絞り方は縦に絞る方が正解になるのですが

ちなみに私は、それまで何も知らず

横絞りでずっと生きてきました

008

そんな新発見も余談ながら生まれました

009

雑巾自体が過去の産物になりつつある今日、

そういった知恵までもが

失われていくのは寂しい気がします

007

006

005

004

学ぶべきものは、まだまだたくさんあります

ちなみに下の写真の方は、今年で100歳

あっぱれですね

003

皆さまと楽しく会話を交わしながら

元気いっぱいに体を動かした一日となりました

002

えいえいお~!

001

よろしければ、こちらの方もポチッと

お願い致します



008

住宅型有料老人ホームといえば介護保険を使い

デイサービスや訪問介護のサービスを受けることが出来るのが

大きな特徴となっています

しかしデイサービスを利用するにしても

毎日、通われているわけではなく

デイサービスがなく日中を施設で過ごされる日には

施設の方で、ちょっとしたレクリエーションを開いて

入居者様とのコミュニケーションをはかったりしています

002

本日は、カラオケを楽しみました

最初は数人で始めたカラオケでしたが

歌声が皆さまのお部屋に響き渡っていくにつれ

何事かと顔をのぞかれる入居者様が

一人二人とホールに集まってこられます

003

そして、マイクを持っておられる方はもちろんのこと

マイクを持っておられない方も含め、

皆で大合唱!

若くあかるい歌声に~雪崩は消える花も咲く♪

まるで、うたごえ喫茶の様相を呈していきます

006

特に皆さまの青春時代だった時の歌になると

なおのこと皆さまの心をくすぐっていくようです

005

あの頃はね~と、当時の思い出話をされる方も!

それは私たちだって同じことで

流行歌には、そういった魔力が潜んでいるもので

当時の流行歌を聴くことにより

あの日あの時に経験した思い出の数々が

切ない思いと一緒に蘇ってきたりします

004

まさに「あの時君は 若かった ~♪」って感じでしょうか?

そんな思いも加味されて

カラオケ大会は大いに盛り上がりました

001

ブラボー!ブラボー!

と拍手を贈られたい方は

こちらの方も、ぽちっとお願い致します



名称未設定-1

グランドG-1から、多くの入居者様が通所されている

同法人のデイケアセンター錬の夏祭りが本日、開催されました

001

デイケアセンター錬はリハビリに特化した通所施設で

普段は皆さま、セラピストの指導を受け、

真面目に機能訓練に励んでおられるのですが

今日は夏祭りということで

ヨーヨーすくいや玉転がしと、

皆さま、童心に戻られ、

心行くまで夏祭りを堪能されていました

007

003

004

心がウキウキしてくるのは

子供だけの特権ではありません

大人だって、時には無邪気に夢を見たいと願うものです

006

誰の力を借りることなく歩けるようになりたい

…ごく当たり前であることが、当たり前でなくなり

それでも生きていかなくてはならない状況に立たされた人達の夢は

スポーツ選手になりたい、芸能人になりたいなどといった

子供の描く夢とは180度違う性質を持っており

ある意味、泥臭くはあるものの

そこには一切の打算もなく

限りなく純粋であるとも解釈できます

018

皆さまの表情がキラキラ輝いていたのも、その為でしょう

009

夏祭りによくある派手な演出よりも

私が一番気になったのは利用者さまから醸される笑顔の意味でした

011

がんばれ~

013

014

夢は、叶えるためにあるものです




にほんブログ村 介護ブログへ

暑い日が続いております

こんな時は涼を求めて山に行くのが一番!

というわけで、那珂川町の背後にそびえる脊振山に行ってきました

010

ここはその山中にある五ケ山ダム

完成間近の新しいダムであり、

周辺にはドライブがてらの憩いの広場も作られており

人気の観光スポットとして変貌しつつあります

006

脊振山は標高1054.6メートル

肥前の国と筑前の国を分かつ東西に延びた山脈の主峰たる山です

脊振山は博多湾にそそぎ出る那珂川の源流を作り

上流部には脊振ダム、中流部に南畑ダム、

そして二つのダムの中間に今回、五ケ山ダムが新たに登場してきたのです

008

涼を求めて山の中にやってきたものの、

太陽はギラギラと照り付け、

ここもそう変わりないくらい暑いのが正直な感想…

それでも下界と違って、風がけっこうあって

同じ暑さでも、どこかしら気持ち良く感じたのは

やはり、風が清々しかったからでしょうか

002

ABC ABC は~ん E気持♪

005

皆様、うきうき気分で風景を堪能されていました

004

グランドG-1から車で30分ぐらいの距離で行けるので

これからも、気軽に行けるスポットとして活用していきたいものです

名称未設定-1

名称未設定-2

ランキングに参加中です

よろしければポチッとお願い致します

にほんブログ村 介護ブログへ

000-2-1

000-3

000-5

000-6

000-7

000-8

000-9-1

000-9-1-1

000-9-1-2

008

000-0-(1)

000-0-(2)

000-0-(3)

000-0-(4)

000-0-(5)

000-0-(6)

000-0-(7)

000-0-(8)

000-0-(9)

000-0-(10)

000-0-(11)

000-0-(12)

000-0-(13)

000-0-(14)

000-0-(15)

000-0-(16)

001

002
003

004

005

006


007

008

000-9-9-1


000-9-9-2

000-9-9-3

000-9-9-7

009-9-1

G-1新聞8月号が完成しました

今月号からヘルパーステーションの新聞も加わりパワーアップ!

新聞を読み返してみると、たった一か月の間でも

こんなに色々な出来事があったんだなあと

自画自賛するわけではないのですが

医療法人光竹会の勢いを感じた次第です

おそらく9月号も色々な話題で新聞を賑わせてくれることでしょう

かなりの枚数で読むのが大変だと思われますが

全部読まれた方は、こちらの方もポチッとお願い致します






にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村
名称未設定-3

グランドG1の白衣の天使・薩摩出身のおごじょさんが

8月上旬をもってグランドG1を退職することになりました

旦那様の転勤で遠い街に旅立たれます

おごじょさんといえば薩摩言葉で薩摩の女性のこと、

強気で頑固というイメージをもつ「薩摩隼人」と対比して、

「薩摩おごじょ」は気立てがよい・優しい・芯が通ったしっかり者

というイメージがついています

思い起こせば、お酒が大好きで、声が馬鹿でかくて、

それでもって情に厚いおごじょさんの姿が、

走馬灯のように思い返されてきます

ほんとに、長い間、あいがとさげもした

お酒の飲み過ぎには気を付けて下さいね

名称未設定-1

よろしかったら薩摩のおごじょさんにポチッとお願いします

にほんブログ村 介護ブログへ

026

029

028

030

ヘルパーステーション「グランドG-1」の広報誌が完成しました

記念すべき創刊号です!

毎月、発行していきますので

ヘルパーステーション「グランドG-1」を宜しくお願い致します



こちらの方も、ポチッとお願いします!









にほんブログ村 介護ブログへ
001

今年もやってきました!道善地区の夏祭り!

会場はグランドG-1に隣接する道善公園です

002

地域住民の方々が主催となっておこなわれる小さなお祭りですが

それでも夕方が近づいてくるにしたがって

G-1周辺は多くの人だかりで熱気ムンムン!

いや~夏の到来を肌で感じます

003

これは道善夏祭りの目玉の子供みこし

わっしょい!わっしょい!の威勢の良い掛け声で

町内を子供たちが練り歩きます

子どもは太陽の子といいますが

この酷暑も子供たちの元気で一気に吹き飛ばしてくれそうな勢いです

004

子ども神輿はそうして町内を練り歩き

そして毎年恒例のグランドG-1の前で休憩をはさみます

006

子どもみこしの到来を待ちわびている入居者様たち

デイサービスの職員も窓から顔をのぞかせます

007

こんにちは~!

G-1に到着するや子供たちの元気のよい挨拶が

入居者様たちに投げかけられます

005

ちょっとしたふれあいも生まれます

012

暑そうだったので水もぶっかけます

010

気持よさそうですね!

011

私たちにも、こんな時代があったんでしょうね

009

最後に皆で記念撮影

008

なんやかやいって夏っていいもんですよね!

夏が好きな方はポチッとお願い致します

にほんブログ村 介護ブログへ

0077pg

日本の介護技術研修を目的に

中華人民共和国から若き研修生が三名、

グランドG-1をはじめとする

医療法人光竹会の施設見学に訪れました

004jpg

中国と言えば日本同様、高齢化が進む中、

かつての一人っ子政策のツケで、

介護の担い手不足が深刻な社会問題となっています

また、介護を要する高齢者を受け入れる施設自体も

完備されていない状態で、

今回の研修生の目的は、介護のノウハウを日本で学び

母国である中国で介護事業所を展開していくのが目的です

0074pg

青年実業家とでもいうのでしょうか

皆様、でっかい夢をもっておられるのです!

003jpg

高齢社会に向け、人口1億ちょっとの日本においても、

介護の担い手不足で四苦八苦しているというのに

人口13.8億人の中国の高齢問題にいたっては

いったい、どんなふうになっていくんでしょうね!

0083pg

研修生の皆様にはグランドG-1を始め

医療法人光竹会の事業所を見学して頂き、

我が法人の介護事業のノウハウを学んでいただきました


皆様、介護を目指しているだけあって

とても気さくな人たちで

法人内のデイサービスを見学されるにあたって

利用者様、そして介護スタッフに

太極拳の指導までしていただきました

006jpg

盆踊りじゃありませんよ

0067pg

利用者様も職員も、大はしゃぎ

005jpg

0068pg

0069pg

こちらは痴漢撃退術

0070pg

コロリとやられています

0071pg

しかし、これで痴漢と戦えます!

0073pg

どんとこい!痴漢さん!

月に代わっておしおきよ♡

0072pg

そんなこんなで楽しい一時を過ごさせていただきました

0075pg

高齢社会に国境の隔たりはありません

これからも互いに技術交流を図り

誰もが住みよい世界を皆で作っていきたいと願っています

0076pg

同感して頂いた方は最後にポチっとお願い致します

にほんブログ村 介護ブログ 通所介護・デイサービスへ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 通所介護・デイサービスへ

019

いよいよグランドG-1にも、

巷で話題の介護ロボットがやってきました!

020

その名を「Hug(ハグ)」!

株式会社FUJI様提供の移乗サポートロボットです

013

本来なら介護員3・4人がかりの大きな方も

こんな風に100キロの方まで

軽々と無理なくロボットが持ち上げてくれます!

012

こりゃ、らくちんだわ!

もちろん腰の負担も軽減されます!

011

操作方法はしごく簡単

ボタンは上げると下げるのみ

005


個人で使う場合は介護保険も適用されるということです!

014

厚労省も推進しているいわゆるAIロボットの波も

もうそこまで来ているのかもしれません

これで介護職員の負担を軽減し、

ただでさえ職員不足で悩む介護業界のスリム化に役立ってくれることでしょう

016

しかし、時代の進歩についていけないアナログな人間というのは

いつの時代もいるわけで、

こちらは来たるケアプラン自動作成ロボットに

並々ならぬ敵対心というか嫉妬心を燃やし続けている同法人のケアマネEさん!

介護ロボット「Hug」を試しに乗ってみての感想というと

「これのどこがハグなの????」

021

それというのも彼女の得意技は以前、

ブログで紹介したと思いますが利用者様との熱烈なハグ!

a9bbe56d

本当のハグとはこうゆうものよ!

と負けじと近くにおられた利用者様を捕まえては

強引にハグの実演をしていました

010

その光景を見て

いじらしく思えたのは私だけではなかったはずです

009

アナログだっていいじゃない!

心にハートがあるならば!?

DSC_0714


こちらのハグの方もポチッとお願い致します
にほんブログ村 介護ブログ 通所介護・デイサービスへ

にほんブログ村 介護ブログへ

023

専門の講師をお招きして月に一回、開催している「生き生きリトミック音楽教室」

今月も夏の唄を中心に、皆で歌ったり体操したりと、

生き生きとした時間を過ごしました

夏の唄といえば「夏の思い出」とか「海」とか、

そういった唱歌が有名ですが、

流行歌でいうと皆様はどの歌を一番にあげられますか?

019

「人は、いろんな夏で出来ている」

といったキャッチコピーをかつて聞いたことがあるのですが、

夏というのは人にとって開放的な季節であって、

その分、たくさんの思い出が生まれやすいものです

特に少年時代の思い出は、決まってギラギラ輝いていた夏の太陽と

蝉の鳴き声が背景をかすめてきます

018

「真っ赤に燃えた~太陽だから~」

これは美空ひばりさんの「真っ赤な太陽」

流行歌に至っても夏の唄が圧倒的に多いのはその為なんでしょうか?

ちなみに昭和四十年代生まれの私にとって

夏の唄と言えば、ちょっとミーハーなんですが榊原郁恵さんの「夏のお嬢さん」

「チュウ チュウ チュウ夏のお嬢さん ビキニがとっても似合うよ 

しげき的さ クラクラしちゃう♪」

ちょうど中学時代に流行した歌だったんだと思いますが、

夏が来る度に、このフレーズが決まって頭をかすめてきます

そしていよいよ夏がやってきたんだと妙に心が躍ってきます

020

ちなみに職員Yさんに尋ねたら、タイガースの「シーサイドバウンド」で決まりわよ!

「 踊りに行こうよ青い海のもとへ 二人で唄おう 明るい恋のリズム♪」

まさに夏真っ盛りの唄。

三番目の彼氏と迎えた初めての夏!危険なアバンチュールの背景に

この歌が流れていたそうです!

素敵な思い出になっているんでしょうね!

017

もちろん皆様方におきましても、夏にまつわる懐かしい思い出があり、

その時に流れていた流行歌が調味料となって

心を揺さぶるきっかけとなっているものと思われます

本日の生き生きリトミック音楽教室で歌われていた歌も、

皆様の年代に合わせた夏の流行歌が幾つも選ばれていました

021

心はすでに少年少女時代のあの暑かった夏ににタイムスリップ!

永遠の夏に生きる私たちにとって、

青春時代に終わりはないはずです!


終わりなき夏にポチッとお願いします!
にほんブログ村 介護ブログ 通所介護・デイサービスへ

にほんブログ村 介護ブログへ

014

グルメ大好きな入居者様の熱い要望にお応えして本日

福岡市の背後に連なる脊振山系の山中にあるバイキングレストラン農(みのり)へ

お昼ごはんにでかけてきました

005

農(みのり)さんは、道の駅のようなところでよく見かけるようになった

地元農家の特産品をふんだんに使った田舎料理を主としたバイキングが売りで、

その種類の多さにも、定評があります

けっこな山の中にあるにもかかわらず連日

多くのお客さんで賑わっています

008

とはいっても、これらの料理って

昔はどの家庭の食卓にも普通に並んでいたもんなんですよね~

世の中が贅沢になり過ぎたせいか、

日本人が西洋食にかぶれ過ぎたせいか

かえってこれらの質朴な料理が重宝がられる世の中になってしまうとは

なんとも皮肉な気がします

009

『昭和50年の食事で、その腹は引っ込む

なぜ1975年に日本人が家で食べていたものが理想なのか』(都築毅著、講談社)

という書物が最近、マスコミに良く取り上げられているのを

ご存知でしょうか?

厚生労働省の資料をもとに、昭和35年から15年ごとの食卓を再現、

それを凍結乾燥させてマウスに与え続けたところ、

昭和50年の食事を与えたマウスは、現代の食事を与えたマウスより

高カロリーだったのにもかかわらず、

内臓脂肪を蓄積しにくく、糖尿病リスクも減少したそうです

004

著書ではその結果を受け

昭和50年の食卓が最も健康的な食事形態であったと定義づけています

「(昭和50年頃の食事は)肉より魚が多く、

豆類や海藻類が豊富で、味噌汁をよく飲んでいた。

戦後の貧しさからは遠く離れ、

オムレツ、ハムエッグ、シチューなどの卵料理や洋食もよく食べている。

やや素朴な感じはするが、決して一汁一菜の純日本風粗食ではない。

そのような多少欧米化した食卓が、思い浮かぶのではないだろうか。

この食事こそが、人類史上最強の長寿ダイエット食なのだ。」

        『昭和50年の食事で、その腹は引っ込む』より

012

つまり著者は西洋の食事を全面的に否定しているわけでなく

むしろ質朴であった昭和30年代の食卓よりも

洋食料理がじわりじわりと家庭の食卓に並び始め

和食とほどよく調合し始めた昭和50年代の食卓を理想としているのです

007

「ほどよく」という表現は

体の三大栄養素である「たんぱく質」「脂質」「炭水化物」の

バランスが(PFDバランス)ほどよくとられていたということです

日本が長寿世界一になるのも、かのような食生活が大きく変化した

昭和50年代からというのも特筆すべき点だと思われます

013

本日の参加者の皆様方におきましては

1975年と言えば、まだまだ小さい子供さんを持つ

母親だった頃でしょうか?

かのような農家風のバイキングレストランに行くと

当時、食卓を賑わせていたメニューの数々が

懐かしさをともなって

思い返されてくるのかもしれません

皆様、大変ご満悦の様子でした


こちらのご満悦の方も、ポチッとお願い致します
↓   ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 介護ブログへ

001-3

001-4

001-6

001-7

001-8

002-1

002-2

006-6

006-7

006-8

006-9

007

007-2

007-3

007-4

007-5

007-6

007-7

007-8

007-9

007-9-1

008-2-1

008-3

009-1

010

012-1

013-2

015-1

018

019

020

021

022

023

024-1

024-2tif

024-3tif

024-5tif

024-6tif

024-7tif

024-8-0tif

024-8-1tif

024-8-2tif

024-9

024-9-1

024-9-3

024-9-5

024-9-6

025tif

098-(1)

098-(2)

098-(4)

098-(6)

098-(8)

099-1

9999

G-1新聞7月号が完成しました

今回は同法人の介護施設のニュースを含め

50ページを超える大作となっています

すべてが、この一か月に起こった出来事です

こうやって見ると、けっこう、やっていますよね!

よろしかったら、こちらの方もポチっとおねがいします!
にほんブログ村にほんブログ村 介護ブログ 通所介護・デイサービスへ

005

毎年そうなんでしょうが、

今年も梅雨末期特有の大雨の中、七夕を迎えました

七夕の起源はかなり古そうで

中国古来の伝統行事と日本古来の伝統行事が複雑に絡み合い

時代の流れに迎合しながら、様々な変化を遂げ

そうして現在に至っているようです

といっても私達庶民の感覚では

短冊にしたためた願い事を笹に吊るすことぐらいしか

七夕に関する知識がないわけで

おそらく、七夕の行事もまた、他の伝統行事と同様に

形骸化しているといってしまえば

その通りなのかもしれません

002

しかし科学や医学の進歩で、

伝統行事に込められていた宗教的な想いが薄れていくのは当然なことで

それでも形骸化された行事がすたることなく今日に至っているのは

明確さを嫌う私達民族のおおまんな性質からくるものなのか、

資本主義の商業戦略に乗せられているだけなのか

よくはわかりませんが、

ここグランドG-1においても、

毎年恒例の七夕飾りの作成を入居者様とおこない、

入口のエントランスホールに大きな笹を設置しました

003

皆さまは、お星さまに何をお願いされたでしょうか?

001

どさくさにまぎれて職員も短冊をかかげていましたが

「結婚したい」「安産」「彼氏と別れたい」などなど

微笑ましくもあり、切実な願い事のオンパレードに

ちょっとドギマギする場面も…

009

若いっていいわねえ~

008

いやいや皆様も十分に、お若いです

007

とにもかくにもグランドG-1の入居者様が

健康に過ごされますように

011

星に願いを込めて☆

012


にほんブログ村 介護ブログ 通所介護・デイサービスへ
にほんブログ村

013


「グランドゴルフを楽しむ」といっても

デイサービスでおこなっているレクの話ではありません。

写真に写っている公園はグランドG-1に隣接する道善公園。

そして後ろの建物が住宅型有料老人ホーム「グランドG-1」。

008

この度、自治会の皆様のご厚意で、

グランドゴルフ愛好会の皆様が週に三回、

ここ道善公園でおこなっているグランドゴルフの集いに

グランドG-1にお住いの入居者様が

お招きを受けた時のお話です。

009
参加者は二名、

愛好会の皆様から篤いもてなしを受けます

「よう、きんしゃったね」

「グランドゴルフは初めてなんですが、大丈夫かしら?」

「大丈夫!大丈夫!!」

012
とはいうものの、なかなかボールに当たりません

おっとっと!

「これじゃ、あたらんばい!

膝を曲げて腰を据んとね」

007

指導が入ります

なんといっても紅一点!

皆様、ほんとにお優しい!

003

そしていよいよ本番デビュー

005

がんばれ~

そして…

006
なんと、ホールインワン!

011

すごかです!

満面の笑みがキラキラ輝いていました


そんなこんなで参加者の皆様は今日から愛好会のメンバーとなり

これから週三回のゲームに参加することとなりました。

そして日々の生活にまた一つ、楽しみが出来ました


住宅型有料老人ホームは

入居者様の居室を自宅とみなし

様々な介護サービスを受けることが出来るのが

大きな特徴となっていますが、

かのように地域住民の方々と

対等の関係を築くことが出来るのも

住宅型の醍醐味であるのかもしれません

よろしかったら、こちらの醍醐味の方も

ポチっとお願い致します
にほんブログ村 介護ブログ 通所介護・デイサービスへ

運動会だよ!全員集合!!

IMG_7027(4)


今年もG1大運動会の季節が参りました!

赤組白組に分かれ白熱した戦いの時間です!

今年の運動会は初の競技もあり盛り上がりましたよ~❤

まずは定番の「ラジオ体操!」準備運動もバッチリですヽ(^o^)丿



応援合戦!「フレー♪フレー♪あかぐみ~♪」

デイフロアに威勢の良い掛け声が響き渡ります!

95歳の団長!かっこいいです(*^^)v



女性陣も盛り上がっています!




白組も盛り上がっていますよ~!

「雲の色は~しろ~!おもちの色は~しろ~!

優勝するのは~しろ~!!!絶対優勝♪」

白いタオルをブンブン振り回しノリノリの白組でした♪



今回の玉入れはこの傘がポイントです!

傘の中が赤白に分かれているのですが、

自分のチームの色の所に入った玉の数が得点になります!

相手のチームに入らないように慎重に!




チーム対抗、宝探しゲームです!

袋が8個入っています。

1つにはあんぱん!残りははずれ~(^_^;)

あんぱんを早く見つけ出し、隣に箱を回し、

チーム全員あんぱんを手にしたチームの勝ち!

そして、このあんぱんは本日のおやつになるのでした(●^o^●)




綱引きも盛り上がりましたよ~\(^o^)/

これは、スピードが命の綱引きです!

素早く箱の中の綱を引っ張り出したチームの勝ち!

職員も赤白チームに分かれていたのですが、

結果に納得できず「物申す!」とやり直しを言い出したのは

センター長でした(^_^;)



こちらは棒倒しです♪

カラフルな新聞ボールを使って棒を倒します。

なかなか倒れない棒がもどかしいゲームでした(^_^;)



お次は・・・(^_^;)

職員競技。早着替えでポイントGET!です(*^_^*)

中身が見えない袋に衣装と点数が書いた紙が入っています。

じゃんけんで勝った人から袋を選びます。

中身は開けてのおたのしみ❤



笑顔が素敵なT様♪高得点を沢山出されましたね!



優勝は赤組でした★優勝トロフィー授与heart



お土産です(^_-)-☆裏にはお一人お一人のお名前がついています❤



今回の運動会、私達職員も楽しみましたglad

ご利用者様と一緒に大笑いし楽しい思い出を作る事が出来ましたheart



これからも楽しい思い出一緒に沢山たくさん作っていきましょう♪

今日のブログ担当は内藤でした!

よろしかったらポチッとお願いします 



dai007

ここは九大農学部の演習林にある篠栗九大の森

かつては訪れる人も少ない閑散としたハイキングコースであったらしいのですが

ネットを通じ、ジブリ映画にでも出て来そうな

メルヘンティックな光景ということで話題となり

多くの見物客で賑わう景勝地となっています

この不思議な木の正体は落羽松(ラクウショウ)といって北米が原産の針葉樹、

水辺に生息し気根と呼ばれる根っこが地面から突き出た状態で

にょきにょきと出てくるのが特徴です

dai006

今回のテーマは梅雨の季節にちなんで「水」

「水」のある風景をお届けします

田染荘003

ここは大分県宇佐市の田染(たしぶ)の荘

宇佐神宮の荘園として平安時代から今日まで

何も変わらない風景がそのまま残っています

田染荘011

私が訪れたのがちょうど、田んぼに水がひかれたぐらいの頃、

田んぼの水面に周囲の風景がまるで鏡のように美しく反射していました

田染荘010

平安時代のいにしえ人もまた、

この同じ風景を望みながら

この一年の豊作を願いつつ、田植えをおこなっていたのでしょう

ほう004

ここは福岡県東峰村竹地区の棚田

昨年の水害の爪痕が残るここ東峰村では

田植えが終わった棚田に

たくさんの灯篭がともされ、

毎年恒例の火祭りが六月中旬、変わらずに行われました

ほう007

昨年は水害で甚大な被害を出した所でしたが

そもそも水のきれいなところなんでしょう、

本来、田んぼに生息するはずもないホタルが

どこからともなく迷い込んで

水田の上を飛び交っていました

より幻想的な風景が醸されていました

ほう005

ここは佐賀県を代表する景観地としてあまりにも有名になり過ぎた

玄海町浜野浦の棚田です

佐賀-(73)

田んぼの数はなんと283枚!

なにもこのような絶景を作るために

わざわざこんな狭隘な土地に棚田を作ったわけではなく

それもこれも生活の為というのか生きるために作られたもの

その必然の結果として生まれた風景だからこそ

見る人の心をよりいっそう打つのかもしれません

佐賀-(77)

最後に水郷の街として有名な大分県日田市のシンボルともいえる三隈川

その川開きが先月行われました

212

もともと日田は、水利の悪い土地柄であったそうですが江戸時代、

大規模な治水工事が行なわれ、

農業用水や通船の水路を張り巡らせたことから

水郷の街と呼ばれるようになったそうです

三隈川は本来、有明海に注ぎ出る筑後川の本流にあたりますが

京都・大阪を流れる淀川が京都では賀茂川と呼ばれているのと同様、

日田においては筑後川の名称が変わり、三隈川と呼ばれています

日田に生きる人たちにとって今や

三隈川の水は生活に欠かせない大切な資源となっています

その恩恵を祝うがごとく

川開きの日から二日にわたって

夏の風物詩ともいえる花火が幾度となく三隈側の上空に

舞い上がっていました

211


いかがでしたでしょうか?

そもそも私たちが住む日本は「瑞穂(みずほ)の国」

といった美称で呼ばれることがありました

「瑞々(みずみず)しい稲が豊かに実る国」という意味なのですが、

「瑞」という言葉は後年、中国から輸入された漢字があてられたにすぎません

本来はもっと単純に「水」といった言葉に由来したところから

発生した言葉であったような気がします

海外旅行に行かれた方なら誰もが思うことですが

私たちが真っ先に感じることは、飲料水の汚さです

日本とは違って「水」が飲めないということです

もちろん他にも異文化に触れた感想を多く持つことになるのですが

それでも一番印象に残るのは「水」について!

それもこれも私たちの生活が

「水」とは切っても切り離せない環境に

身を置いているからなのかもしれません

kusasenri003

kusasenri002


「水」のある風景…よろしければ最後にポチッとお願いします

013

梅栽培を営なまれている職員Mさんのご実家から本日、

30キロ近くある大量の梅がグランドG-1に届けられました

014

と言うことで、さっそく

毎年この時期恒例の梅ジュース作りがスタートします!

ちなみに、写真に写っている梅って、なんだか汚らしく見えますが

綺麗な青梅を使用するより、

自然落下した完熟梅を使用した方が良いのですよ!

ちょっと色合いが悪く見えますが

グランドG-1では自然落下した完熟梅を使用しました

011

さてさて、まずは、利用者さまを総動員して、

へたを取り除いていきます

006

こうして皆でワイワイ、ヘタとりをしていると

遠い昔、家族みんなで梅干しを作ったり

梅酒を作った夏の日の思い出が蘇ってきそうです

009

早く飲みたいね!

005


008

007

ヘタを取り除いたら今度は、梅を冷水で洗います

004

002

003

そして天日干し

010

いよいよ最後のクライマックス

…に入る前に、梅の入った袋にホワイトリカー(焼酎甲類)を入れ

かき回し、完全殺菌します

なんといっても梅作りの難敵はカビにあるのですから

カビ防止は徹底的につとめましょう!

018

そしていよいよ氷砂糖を投入します

梅一キロに対し、氷砂糖一キログラム

一対一の割合でいきますね

016

こんな感じで、後は梅のエキスがとろ~り氷砂糖と交わって

増えていくのを待つのみです

017

015

021

九州地方は只今、梅雨の真っ最中、

梅ジュースの飲み頃は、ちょうど梅雨が明けた頃でしょうか?

暑い夏が待ち遠しいですね!

026

二人の美女に囲まれています

028

颯爽とした手さばきで農作業の指揮をとっているのが

我らがデイサービス「グランドG-1」のセンター長!

008

何をしているかって?

きゅうり、トマト、サツマイモを作ろうとしとるとです

009

利用者様もがんばっとります

019

おなごたちは、

楽しげに青春を語りあっとります

025

ありゃりゃ!!!

023

さ・わ・や・か

014

早く大きくな・あ・れ♡

021

030

031

初夏のグランドG-1農園でした

022

013

新人紹介です!

5月からデイサービス「グランドG-1」に

介護職員として入職したSさん

003

看護師になるのが夢で

現在、看護学校の学生さんでもあります

016

看護師になるにあたって

介護業務の側面からも将来の自分の仕事を見つめてみたい

というのが彼女の本音、

違う角度で看護師の在り様を学んでいくのも

大切なことかもしれません

002

ちなみに、この人が母(右)

おかっぱ具合が、さすが親と子って感じですが

母は母でケアマネージャーとして

来る人工知能(AI)によるケアプラン作成ロボットに

ライバル心を燃やしながら粉骨砕身、仕事に励んでいます

012

得意技:利用者様との愛情たっぷりのハグ♡

※AIロボットには真似が出来んでしょう!(心の雄叫び)

028

がんばれ~

006

もっとも、看護師はいくら人工知能の技術が発展したとしても

生身の看護師には勝てないでしょう!

005

なぜならば、そこに愛があるからです!

004

心にダムはあるのかい?

オフコース!

018

ちなみに、こちらは

グランドG-1が誇る愛の伝道師・N師長

愛ゆえ、しょっちゅう、ダムが決壊しております



9999-2

「住宅型有料老人ホーム」とは、介護専門員が24時間専従した居住施設で、

通所介護(デイサービス等)や訪問介護・福祉用具など

在宅介護保険サービスを併用しながら、ご入居者様の生活がサポートされています

どんな介護保険サービスを利用したいかは、

ケアマネージャー及び施設の相談員の方と相談しながら

自由に選択・利用できます

40b09f76

外部の訪問・通所介護サービス、

あるいは住宅型老人ホーム内に併設された訪問介護事業所やデイサービスを

組み合わせ、介護度が軽い方も重い方も、

ご自身に合ったサービスを受けることができます

また、福祉用具のレンタルもできるため、

車椅子や杖、センサーマット、手すりなどをレンタルすることで

より安全・安心な生活環境が整えられます。

ようするに「住宅型有料老人ホーム」とは、

従来の「老人ホーム」のイメージとは違って、

介護保険を利用した在宅での生活の延長として

とらえることができるのです

名称未設定-1

そのような位置づけの中で、

私どもの施設は医療法人が運営しており、

「医療と介護の密な連携」が大きな特徴になっております

光竹会グループのごう脳神経外科クリニックと

昨年開院した九州発となる24時間365日体制で

専門医が常住する急性期病院の福岡脳神経外科病院による

強力なバックアップをはじめ、

施設内に併設のヘルパーステーション、デイサービスセンター、

そして近隣にもデイサービスセンター和、

リハビリに特化したデイケアセンター錬を配置し、

入居者様、ご家族様に安心と快適を提供できる体制を整えております

名称未設定-2

住環境面においては、個人の尊厳を守り、

プライバシーを重視した全室個室となっております

廊下やリビングも十分な広さを確保し、

また、茶室やコミュニケーションスペースを設けるなど、

人生の総仕上げとなる時間を

安心して気持ちよくお過ごしいただけるよう配慮しております

009-3

また、スタッフ教育にも力を入れており、

「入居者様の満足度日本一を目指す」をスローガンに、

積極的に取り組んでおり、

人間性を尊重した、より質の高いサービスを提供できるよう、

向上心を持って努力しております

      ※                 ※

一日の流れ

1)デイサービスを利用した日

9999-3
●デイサービスで入浴・機能訓練等を行います
●起床介助・就寝介助が必要な方は朝と夜に訪問介護が利用できます
●服薬管理はG-1ナースがおこないます
●夜間帯を始め一日を通し、G-1介護職員が見守り等の安全確認を行います

2)デイサービスが無い日、もしくは利用しない場合

9999-4
●入浴・お部屋の掃除・買い物等を訪問介を通し利用できます
 ※入浴は各階に設置している個浴もしくは機械浴を使用します
●G-1施設においても外出行事をはじめとするレクリエーションを頻回に
 開催しています
●火曜・水曜はごう脳神経外科クリニックの医師による訪問診療を
 月二回のペースで受けることができます。
 また訪問診療にともなって介護保険を利用し
 薬剤師が訪問し「居宅療養管理指導」という服薬に関する指導を
 受けることが出来ます。薬の方も薬局に鳥に行く必要はありません

026

本日は毎月恒例の外出行事を実施

福岡県早良区から脊振山中に入り、三瀬を経由、

嘉瀬川上流部から川沿いに佐賀県方面へ下り

その途上にある佐賀県の奥座敷とも九州の嵐山ともよばれる川上峡で

川渡しの鯉のぼりを見学

帰りは佐賀県神埼から再び脊振山中に入り、山を越え

グランドG-1のある那珂川町へ抜けるといったコースをとりました

001

まずは三瀬にて腹ごしらえ

三瀬と言ったら「三瀬そば」で決まりでしょ!

てんぷらもついて、かなりのボリュームだったんですが

皆様、ぺろりと食べてしまわれました

「旅先での胃袋は別格なんです!」

「そうですか」(笑)

002

次に立ち寄ったのが脊振山中にひっそりとたたずむ嘉瀬川ダム

その湖畔にある農産物直売店「富士しゃくなげの里」で

のんびりコーヒータイムとしゃれ込みました

006

佐賀平野を貫き有明海へ流れ出る嘉瀬川上流部に位置する嘉瀬川ダムは

今から6年前に出来上がった新しいダムで

別名「富士しゃくなげ湖」と呼ばれています

002(499)

かつては160戸の家屋がダムの底に存在し、

このダムが出来上がるまで、地元住民との間で紆余曲折があり、

なんと建設まで35年の月日を費やしたとのことです

006(490)

平成元年、水没予定地の住民であった小学生が

「ぼくの故郷がダムに沈んでしまいます」と

映画「男はつらいよ」の主役であった渥美清さんに手紙を送ったことがきっかけで、

第42作「男はつらいよ~ぼくの伯父さん」のロケ地として

小学生の集落が選ばれたのは有名な話です

今となっては小学生の集落はダムの底に沈み見る影もなくなっていますが

映画を通じ、今でも当時の集落の面影を垣間見ることができます

005

今日ではダム建設に伴い、福岡と佐賀を結ぶ道路も整備され

森林浴を兼ね、多くのライダーを始め、

ハイカーで賑わう観光地となっています

美しい緑に囲まれたこの風景は、

見る者の心を癒すに充分な風景となっているのでしょうが

この風景を作りあげるため、

どれだけ多くの人たちの故郷が強制的に奪われていったか

その経緯を鑑みれば、どこかこの風景そのものが

嘘っぽく思えてきたりするのは私だけでしょうか?

003

といっても月日の流れというものは残酷なもので

あと10年もすれば、この風景も何の違和感もなく

私達の心にしっくり溶け込んでいくのでしょうね

004

さて、富士しゃくなげ湖を後に次に向かったのが

今回のメインイベントである川上峡へ!

022

いやー、見事な鯉の川渡し!

023

これが見たかったのです!

024

新緑の風に吹かれ、気持ちよさそうに

こいのぼりが川面に踊っていました

008

川上峡は、昔から佐賀の人々に九州の嵐山と呼ばれ、

親しまれている景勝地です

010

京都の嵐山と比較するのは、

なんとも、おこがましいような気もするのですが

「春は桜が、そして約600匹にものぼる鯉のぼりの吹き流しが川面を彩ります

夏は、深緑とともに川遊びの子供たちの賑やかで楽しい声がこだまします。

 秋は、山々の紅葉を背景にしっとりとした趣きを醸し出します」

と佐賀県観光連盟のホームページに記載されていました

013

とにもかくにも、心も体もリフレッシュ

016

五月の光を体いっぱいに吸い込みました

014

019

帰りは高速で吉野ヶ里へ出て、

再び、脊振山中へ!

途中、道の駅吉野ヶ里「さざんか千坊館」により

今回のドライブは終了しました

037(52)

今度はどこへ行きましょか?

021

07

今年もやってきました!博多どんたく港まつり!

デイサービス「グランドG-1」では博多どんたくG-1祭りと銘打って

今年も大いにどんたくムードに花を咲かせました!

03

博多どんたくは、博多松囃子(まつばやし)を起源とした800年以上も続く


伝統のあるお祭


毎年200万人以上も集まる福岡の代表的なお祭りです

04

グランドG-1も、どんたくに負けず劣らず

「ぼんちかわいや」で総踊り!

02

ぼんち可愛いや 寝んねしな

品川女郎衆は十匁(じゅうもんめ)

十匁の鉄砲玉 

玉屋が川い すっぽんぽん♪

05

博多っ子の血がたぎります!

06

そうしてグランドG-1は新しい季節の扉を開けます!