とし子宇宙へ

いい男は一日にして成らず。

いつの間にか

無事に修習を終えて、二回試験に合格して、弁護士になりました。

年明けから事務所に入所して、つい先日まで、事務所内新人研修を受けていました。
M&Aとか、公開買付規制とか、インサイダー取引規制とか、証券化とか、ファイナンス理論とか。
これまでロースクールや修習で学んできたものは何だったんだろう、ほんとに全然分野が違う。

そして、ついに、実際の案件に入って、仕事開始。
しょっぱなから文書の英訳作業を任されて、徹夜で、大学入試の時の英作文以来のEnglish Writhing。
しかし、お話にならない出来の悪さで叱られ。
約1週間後に再び英訳作業があるそうで、1週間でできるようになれと言われ、できるようになるかわからないけど、できるようにならなきゃいけないので、とりあえず、Amazonで参考文献を注文。

この先どうなることやら(笑)

民裁修習

あっという間に,民裁修習も,残り2週間。

弁護修習と比べると,民裁修習は,とても暇です。
やるべきことは,2か月間で判決起案を3本書くだけ。
法廷での立会もほとんどないから,ほぼ一日中,修習生席に座って,記録を読んで判決を起案して,たまに他の修習生とおしゃべりして,5時15分の定時になったら帰る生活。

5時15分,全然疲れてないのに,まだまだ外は明るいのに,それでも仕事を終えて帰宅するというのは,かなり違和感があります。
何より,「今日も頑張った!」っていう充実感が全くないです。
忙しすぎるのもつらいけれど,余りに暇すぎるのも,つまらない。
一日一日が濃密だった弁護修習が懐かしいです。

そのぶん,5時15分以降,飲みに行ったり,バッティングセンターに行ったり,ゴルフの打ちっ放しに行ったり,有り余った元気を発散しています。

第2クール開始

楽しい楽しい弁護修習が終わり,今日から民裁修習。
環境が変わって,慣れない場所で緊張しながら一日を過ごしたということもあるけれど…
弁護修習の楽しさが,身にしみました。

弁護修習では,とても良くしてもらって,幸せな2か月間でした。
こんな良い先生に指導してもらえたことは,本当に幸運だったと思います。
弁護修習の最終日,先生や事務員さんにお別れの挨拶をして,事務所を出る瞬間は,言葉にはできないほど,寂しい気持ちで一杯でした。

ただ,弁護修習では10時半まで仕事をしていたこともあったことを考えると,民裁修習は5時15分に終わるので,時間的にはかなり余裕があります。
今日も,飲みに行ったにもかかわらず,9時前には帰宅できているし。
弁護修習中には,日付が変わってから帰宅することも普通にありました。

これからは,平日の夜に時間があるので,何かやることを考えないと。
沖縄もそろそろ暖かくなってきたので,どんどん外に出て,沖縄ライフを楽しみたいと思います。

仕事納め

修習開始から,あっという間に1か月が過ぎ,年末になりました。
修習先の事務所では,みんなで大掃除をして,仕事納め。
弁護修習は,毎日毎日,本当に楽しくて,2か月の弁護修習期間のうち,もう半分終わってしまったのかと思うと,なんだか寂しい気持ちになります。

この1か月は,前半は起案しまくり,後半は飲みまくりという感じでした。
昼は仕事にやりがいを感じ,夜は無料で美味しい物を飲み食い。
このまま一生,弁護修習が続けばいいのに,なんて思ったりすることもあります。

年末は,実家に帰りますが,実は,年末年始9連休だということに気づき,それなら旅行にでも行けばよかったと,少し後悔しました。

起案しまくる

修習は,とても刺激的で,驚くほど面白いです。
修習開始前は,24時間自由なニート生活が終わりを迎えるということで,かなり憂鬱な気分でしたが,始まってみると,本当に楽しい。

修習開始後6日間で,書面を5つも起案しました。
訴状,答弁書,内容証明,準抗告申立書,控訴趣意書。

別に,起案ばかりやっているわけではなく,裁判や法律相談等に同席することがメイン。
その合間合間の細切れの時間を活用して,記録を読んで,起案に取り組んでいます。

今までの人生,のんびりじっくりと物事に取り組むことが多かったので,スピーディーにサクサク物事を進めていくことは,苦手だと思っていました。
ところが,こんな短時間でこれだけ起案できるとは。
自分の意外な一面を発見しました。

明日は,先生が一日中出張だそうなので,じっくりと意見書の起案に取り組めそうです。
自己紹介
・名前:とし子スペクター
・年齢:27歳
・職業:新人弁護士
・趣味:仕事
・特技:週7日労働
・苦手:睡眠不足
・至福:寝ること
・嫌悪:肩凝り
・将来:クビ
・過去:修習生
・日課:残業
月別表示
最新コメント
携帯用URL
QRコード
  • ライブドアブログ