鳩山由紀夫首相は27日朝、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で、政府内から同県名護市の辺野古案(現行案)に否定的な見方が出ていることについて、「いろんな考え方は今の過程ではありうる。ただ、検討委員会をつくって議論している。名護市長選の一つの民意は大事にしながら、ゼロベースでやると決めた。われわれの検討状況を冷静に見守っていただきたい」と述べた。

 また、候補地として徳之島(鹿児島県)が浮上しているとの一部報道について、「色々なものが検討される可能性がある。否定するつもりはないが、すべてが今、ゼロベースでやっている。どこが入ってどこが入ってないという議論ではない」と述べた。

【関連記事】
普天間問題 政府・与党が再び迷走 官房長官発言で右往左往
「外交、軍事力のバランス整備を」櫻井よしこ氏が松山で講演
自民・大島氏「名護市長選の前に主張すべき」 官房長官発言を批判
首相、改めて普天間「ゼロベース」強調 官房長官発言撤回には触れず
「米政府の立場は変わらない」 普天間問題で米国務次官補

名護市長選 稲嶺氏初当選 移設反対派が勝利 鳩山政権、代替案急務に(産経新聞)
星雲 5500光年かなたの「出目金」?「猫の足」?(毎日新聞)
警視庁警部、電車内で女性の太もも触り書類送検(産経新聞)
後藤真希さんの母転落死=自宅3階から-東京(時事通信)
村越議員たった一人の反乱 「小沢幹事長辞任せよ」(J-CASTニュース)