鳩山由紀夫首相は1日朝、同日に閉幕するバンクーバー五輪について、「メダル5個。日本人の選手は、頑張ってくれた。期待されていた方々が非常に頑張って、日本人として誇りを持てるんじゃないかと思う。まずはお疲れさま。本当によく頑張った」と、日本人選手団をねぎらった。首相公邸前で記者団に答えた。

 その上で、首相は「いろいろとメダルの数がどうのという声はあると思うが、国としてこれから何か積極的に強化すべきところがあれば、また考えていきたい」と述べ、日本人選手の強化策や環境整備に意欲を示した。

【関連記事】
橋本団長が総括、メダル5個に一定の評価 強化には「国の支援必要」
日本は団体に活路 女子最高の銀はバランス力
橋本選手団長「金を取ってほしかった」 日本女子団体追い抜きが銀
橋本団長が五輪前半総括「とてもいい状態」 相次ぐ失格には「残念」
日本は及第点 韓国躍進、ロシア苦戦…五輪前半総括

派遣法案、来月に国会提出=要綱「妥当」と答申-厚労省審議会(時事通信)
イノシシ大迷惑 滑走路に侵入し着陸妨害 (産経新聞)
【日本で働きたい インドネシア人看護師の挑戦】(下)意識のずれ越えて(産経新聞)
揺れる日本の航空・空港政策 ハブ化が停滞(産経新聞)
月1万円の賃金引き上げや定期昇給を要求へ―介護クラフトユニオン(医療介護CBニュース)