集団予防接種の際の注射器使い回しでB型肝炎ウイルスに感染したとして、患者や遺族が全国10地裁で国に損害賠償を求め係争中の集団訴訟で、広島県の患者2人と愛媛県の患者4人が24日、広島地裁に追加提訴した。24日午後に札幌、東京、新潟、金沢、大阪、福岡の6地裁でも約30人が一斉提訴。訴状提出後に記者会見した広島市安佐北区の会社員、冠崎和之さん(49)は「ここ2年は症状が落ち着いているが、がんになりやすく将来が不安だ。国は早く和解に応じてもらいたい」と話した。

【関連記事】
B型肝炎訴訟 10地裁で初の和解勧告 札幌地裁「救済範囲を広く」
肝炎基本法が成立 経済支援など総合施策推進
「350万人超への朗報」 肝炎3団体会見
B型肝炎の集団訴訟で本人尋問 「わたしたちに時間ない」
B型肝炎解決求め追加提訴 全国8地裁で患者40人

絹谷幸二賞に大谷有花(産経新聞)
仏像頭すげ替え訴訟、復元不要の判決…知財高裁(読売新聞)
同乗者3人、危険運転は不起訴=名古屋ひき逃げ死亡事故-地検(時事通信)
歯科医院でガス爆発、4人搬送 大阪・茨木市(産経新聞)
<日米密約>谷内前次官の招致、自民が難色(毎日新聞)