メインレースの競馬予想+勝負レース

競馬予想ブログ。メインレースを主に予想。無料で競馬予想を公開しています。 強気の競馬予想ブログです。

重賞回顧:エルムステークス

競馬
FC2 Blog Ranking




今週の会員様情報は日曜日の重賞2鞍+勝負レース2鞍提供となります。


先週の重賞回顧:エルムステークス

1着:ハイランドピーク

この馬は調子によってゲートが左右されるタイプの馬ですが、今回はスタートを決めて道中は前2頭を行かせながら少し離れた3番手で促しつつ追走。
3~4角で外から動いてここで先頭列の外につけ前のドリームキラリに並びかける積極的な立ち回りを見せ、直線序盤で楽に抜け出してドリームキラリとの差も広げて1馬身差の完勝となりました。

3~4角では11.5という速いラップを踏んでいる中で、3頭分外から並びかけてきており、これはコーナーでかなり速い脚を長く維持させており、この競馬が出来れば今後も大きく崩れる不安はありません。



先週の会員様情報結果

土曜日の結果

新潟10レース

6アナザートゥルース (2着)

3歳時はワンターンの東京マイル戦では伸び切れていませんでしたが、前走は最後まで渋太く粘っての2着。

直線で突き放されましたが、最後まで集中力を切らさずに走れており、準オープンで2戦連続2着となりました。

以前よりも馬に集中力が出てきた印象があり、2走前の中山1800m戦でも4角から直線入り口で離され気味になりながらもゴール前でもう一度詰め寄っていました。

今回は降級戦となり、得意のコーナー4つの1800m戦とるだけ崩れる可能性が低く、勝ち負けにからめる1頭と言えます。



13チュウワウィザード (1着)


前走は外枠だった分だけポジションが悪くなってしまいましたが、レコード決着の中でも直線はしっかり伸びて3着。

2走前は隣の馬がうるさい面を見せていたためにこの馬も出遅れてしまいましたが、直線で外に出すとアッという間に他馬を引き離しており、依然見せていた外に張るような面も解消していまいた。

もう少し流れに乗って運べればこのクラスでも通用する器で、昇級2戦目で前進可能の1頭と言えます。

結果は13チョウワウィザード1着、6アナザートゥルース2着で27.8倍的中となりました。



日曜日の勝負レース結果

日曜日
札幌3レース

14タカミツリリー
絶好条件に替わる今回、前走の6着で人気落ちで妙味が大きい1頭。
この馬は新馬戦と2戦目はハイレベルな2歳戦となっており、そこで上位に好走していた馬。
1200mの未勝利戦では上位の存在ですが、ここ3戦は完全に度外視して良い内容で6,5,6着。
3走前はダートが合わなかった1戦で度外視可能で、2走前は休み明けでメンコをつけると出遅れてしまい、新潟芝1200mで大外を回す形で脚を余す形となり、前走はメンコを外して1400m戦に使われてハイペースを抜群の手応えで進出して行きましたがラスト1ハロンでパッタリと脚が止まってしまい前走の敗因は完全に距離と言えます。
2走前の最後に見せた末脚からも1200mに戻れば上位なのは間違いなく、今回は1200m戦への短縮となり、メンコを外したことでスタートの不安も解消され、上に半兄クリスマスが重賞を制した洋芝になるというのも良さそうです。
ここは外枠から前走のように早め進出の競馬ができれば一変して勝ち負けになって良い1頭です。

16デンセツノマジョ
最後に突っ込んできそうな1頭。
前走は福島芝1200m戦で大外から一頭だけ全く違う脚色で突っ込んできての2着で、いかにもウキヨノカゼの全妹らしい競馬となりました。
不器用な馬でも能力は相当高く、今回はごちゃつかない大外枠もプラスでこの馬の脚質から見ても雨が残って時計がかかるのはプラス材料と言えます。

2メイショウイライザ
近走の内容を見ても未勝利では能力上位の1頭。
ただ、この芝1200mという条件はルメール騎手が苦手としており、ここ3戦で見せている競馬を考えると減量騎手からプラス3kgでのルメール騎手への乗り替わりはプラスとは言えません。
現時点でのルメール騎手は勝率18.6%、連対率41.3%、複勝率54.6%ですが、札幌1200m戦は過去3年で勝率15.6%、連対率21.9%、複勝率28.1%となっており、このコースは横山騎手が得意としており、現時点で勝率15.6%、連対率26.1%、複勝率36.6%ですが、札幌1200m戦は過去3年で勝率18.2%、連対率31.8%、複勝率40.9%となっています。


結果は危険な人気馬2メイショウイライザが1番人気で9着に崩れ、16デンセツノマジョが勝ち馬からタイム差無しの2着、14タカミツリリーが勝ち馬からコンマ1秒差で7番人気3着となりました。

会員様には14タカミツリリーと16デンセツノマジョの3連単軸2頭の買い目提供となりましたが、コンマ1秒差で万馬券が不的中となりました。



日曜日の結果

札幌11レース

エルムステークス

8ハイランドピーク
この馬の持ち味は総合力にあり、前半のペースが上がる中で脚を使い、前走並みに踏ん張れたとしても今回のメンツだと簡単ではありません。
今回は前走ほどペースが上がるとは思えませんが、それでも1秒~2秒のハイは意識しないといけないメンバー構成です。
後ろからでもある程度やれたという実績もあるだけに、2列目の外ぐらいで、「余裕があれば逃げまで」というスタンスでも良さそうです。

2ドリームキラリ
エルムステークスはペースが平均前後で極端になりにくい稽古があり、この馬はダートスタートでの一歩目が速いタイプだけに、スッと出てハナを取り切れれば楽に主導権を取って理想的なペースで入れそうです。
トップスピードの質は足りませんが後半のロングスパートでポテンシャルを引き出せるだけに、距離に関しては1700~1800mぐらいが合っていそうです。
今回は強力な同型にハイランドピークがいますが、1700mならこちらの方がゲート、テンの速さで優位に立てる可能性が高いように思えます。

3ミツバ
急コーナーでは動けませんが、緩いコーナーでは動けるタイプの馬で、札幌競馬場自体は良さそうな1頭。
ただ、1700mはこのレベルまでくると短い印象があり、前半のポジショニングはそこまでうまくないため、ゲートで後手を踏んで後方からとなると出し切って良さが出やすいこの馬としては厳しくなります。
エルムステークスは平均ペースを前目で支配できる馬が強いレースで、相手もそろったので簡単ではありませんが、連下での差し込み警戒が必要な一頭と言えます。

◎ドリームキラリからの馬連5点指示で16万5100円獲得となりました。

f
















日曜日の結果

新潟11レース

関屋記念

4エイシンティンクル
関屋記念は32秒前後でまとめる能力があるかどうかが重要で、この馬の場合は超高速馬場だったとはいえ2走前の小豆島特別で46.5で入って後半しっかりと45.5、45秒台半ばまで入れてきている事からも条件はクリアしており、31秒台へのめどは立てていると言えます。
逃げて32秒の壁を破るのは超高速馬場といっても難しく、それをややスローで走れていれば少なくともウインガニオンやヤングマンパワー、ショウナンアンセムといった先行勢と比べても引けをとりません。
また、1400m戦ではハイペースで対応できており、流れが速くなったとしても不安は少なく、関屋記念の傾向的にもよほど雨でも降らなければ顕著にハイペースということも無さそうです。
上昇度が魅力の1頭で、時計的にもラップ的にも詰めてきているだけに軽視禁物の1頭です。

4エイシンティンクルが3着となり、会員様情報で225.7倍的中となりました。



有料情報のお申し込み方法


2017年のG1レース結果は23戦10勝(的中率43%)

累計330万1000円獲得(回収率260%)となりました。

朝日杯FS 23万4000円獲得




http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/9022879.html

阪神JF 36万8000円獲得
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/2017-12-10.html

ジャパンカップ 46万200円獲得
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/2017-11-26.html

天皇賞・秋 72000円獲得
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/8984961.html

菊花賞 21万3200円獲得
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/8981652.html

秋華賞 23万6500円獲得
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/8978371.html

スプリンターズS 12万8000円獲得
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/2017-10-01.html

日本ダービー 97万2000円獲得
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/2017-05-28.html

天皇賞・春 37万8000円獲得
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/2017-04-30.html

大阪杯 23万9100円獲得
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/2017-04-02.html





有料情報のお申し込み方法


2012年G1レース結果
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/7015636.html
(22戦12勝)

2013年G1レース結果
22戦9勝(74万円購入→334万5770円)
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/2016-03-27.html

2014年のG1レース結果
22戦12勝(106万円購入→445万3100円獲得)
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/cat_233940.html

2015年G1レース結果(秋)
11戦7勝(60万円→302万7630円)
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/8286359.html

2016年G1レース結果
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/cat_240634.html
21戦14勝(510万円獲得)


先週の重賞回顧は無料でメール配信させていただきます。
下記メールにカラメールを1度送って頂いた方には毎週無料で重賞回顧をメールさせていただきます。


g1g2g3アットマークk.wwwmail.jp
(『アットマーク』は半角の『@』に変換して下さい。


4鞍提供→3鞍的中、1鞍はコンマ1秒差で30万馬券不的中となりました

競馬
FC2 Blog Ranking



土曜日の結果

新潟10レース

6アナザートゥルース (2着)

3歳時はワンターンの東京マイル戦では伸び切れていませんでしたが、前走は最後まで渋太く粘っての2着。

直線で突き放されましたが、最後まで集中力を切らさずに走れており、準オープンで2戦連続2着となりました。

以前よりも馬に集中力が出てきた印象があり、2走前の中山1800m戦でも4角から直線入り口で離され気味になりながらもゴール前でもう一度詰め寄っていました。

今回は降級戦となり、得意のコーナー4つの1800m戦とるだけ崩れる可能性が低く、勝ち負けにからめる1頭と言えます。



13チュウワウィザード (1着)


前走は外枠だった分だけポジションが悪くなってしまいましたが、レコード決着の中でも直線はしっかり伸びて3着。

2走前は隣の馬がうるさい面を見せていたためにこの馬も出遅れてしまいましたが、直線で外に出すとアッという間に他馬を引き離しており、依然見せていた外に張るような面も解消していまいた。

もう少し流れに乗って運べればこのクラスでも通用する器で、昇級2戦目で前進可能の1頭と言えます。

結果は13チョウワウィザード1着、6アナザートゥルース2着で27.8倍的中となりました。



日曜日の勝負レース結果

日曜日
札幌3レース

14タカミツリリー
絶好条件に替わる今回、前走の6着で人気落ちで妙味が大きい1頭。
この馬は新馬戦と2戦目はハイレベルな2歳戦となっており、そこで上位に好走していた馬。
1200mの未勝利戦では上位の存在ですが、ここ3戦は完全に度外視して良い内容で6,5,6着。
3走前はダートが合わなかった1戦で度外視可能で、2走前は休み明けでメンコをつけると出遅れてしまい、新潟芝1200mで大外を回す形で脚を余す形となり、前走はメンコを外して1400m戦に使われてハイペースを抜群の手応えで進出して行きましたがラスト1ハロンでパッタリと脚が止まってしまい前走の敗因は完全に距離と言えます。
2走前の最後に見せた末脚からも1200mに戻れば上位なのは間違いなく、今回は1200m戦への短縮となり、メンコを外したことでスタートの不安も解消され、上に半兄クリスマスが重賞を制した洋芝になるというのも良さそうです。
ここは外枠から前走のように早め進出の競馬ができれば一変して勝ち負けになって良い1頭です。

16デンセツノマジョ
最後に突っ込んできそうな1頭。
前走は福島芝1200m戦で大外から一頭だけ全く違う脚色で突っ込んできての2着で、いかにもウキヨノカゼの全妹らしい競馬となりました。
不器用な馬でも能力は相当高く、今回はごちゃつかない大外枠もプラスでこの馬の脚質から見ても雨が残って時計がかかるのはプラス材料と言えます。

2メイショウイライザ
近走の内容を見ても未勝利では能力上位の1頭。
ただ、この芝1200mという条件はルメール騎手が苦手としており、ここ3戦で見せている競馬を考えると減量騎手からプラス3kgでのルメール騎手への乗り替わりはプラスとは言えません。
現時点でのルメール騎手は勝率18.6%、連対率41.3%、複勝率54.6%ですが、札幌1200m戦は過去3年で勝率15.6%、連対率21.9%、複勝率28.1%となっており、このコースは横山騎手が得意としており、現時点で勝率15.6%、連対率26.1%、複勝率36.6%ですが、札幌1200m戦は過去3年で勝率18.2%、連対率31.8%、複勝率40.9%となっています。


結果は危険な人気馬2メイショウイライザが1番人気で9着に崩れ、16デンセツノマジョが勝ち馬からタイム差無しの2着、14タカミツリリーが勝ち馬からコンマ1秒差で7番人気3着となりました。

会員様には14タカミツリリーと16デンセツノマジョの3連単軸2頭の買い目提供となりましたが、コンマ1秒差で万馬券が不的中となりました。



日曜日の結果

札幌11レース

エルムステークス

8ハイランドピーク
この馬の持ち味は総合力にあり、前半のペースが上がる中で脚を使い、前走並みに踏ん張れたとしても今回のメンツだと簡単ではありません。
今回は前走ほどペースが上がるとは思えませんが、それでも1秒~2秒のハイは意識しないといけないメンバー構成です。
後ろからでもある程度やれたという実績もあるだけに、2列目の外ぐらいで、「余裕があれば逃げまで」というスタンスでも良さそうです。

2ドリームキラリ
エルムステークスはペースが平均前後で極端になりにくい稽古があり、この馬はダートスタートでの一歩目が速いタイプだけに、スッと出てハナを取り切れれば楽に主導権を取って理想的なペースで入れそうです。
トップスピードの質は足りませんが後半のロングスパートでポテンシャルを引き出せるだけに、距離に関しては1700~1800mぐらいが合っていそうです。
今回は強力な同型にハイランドピークがいますが、1700mならこちらの方がゲート、テンの速さで優位に立てる可能性が高いように思えます。

3ミツバ
急コーナーでは動けませんが、緩いコーナーでは動けるタイプの馬で、札幌競馬場自体は良さそうな1頭。
ただ、1700mはこのレベルまでくると短い印象があり、前半のポジショニングはそこまでうまくないため、ゲートで後手を踏んで後方からとなると出し切って良さが出やすいこの馬としては厳しくなります。
エルムステークスは平均ペースを前目で支配できる馬が強いレースで、相手もそろったので簡単ではありませんが、連下での差し込み警戒が必要な一頭と言えます。

◎ドリームキラリからの馬連5点指示で16万5100円獲得となりました。

f
















日曜日の結果

新潟11レース

関屋記念

4エイシンティンクル
関屋記念は32秒前後でまとめる能力があるかどうかが重要で、この馬の場合は超高速馬場だったとはいえ2走前の小豆島特別で46.5で入って後半しっかりと45.5、45秒台半ばまで入れてきている事からも条件はクリアしており、31秒台へのめどは立てていると言えます。
逃げて32秒の壁を破るのは超高速馬場といっても難しく、それをややスローで走れていれば少なくともウインガニオンやヤングマンパワー、ショウナンアンセムといった先行勢と比べても引けをとりません。
また、1400m戦ではハイペースで対応できており、流れが速くなったとしても不安は少なく、関屋記念の傾向的にもよほど雨でも降らなければ顕著にハイペースということも無さそうです。
上昇度が魅力の1頭で、時計的にもラップ的にも詰めてきているだけに軽視禁物の1頭です。

4エイシンティンクルが3着となり、会員様情報で225.7倍的中となりました。



有料情報のお申し込み方法


2017年のG1レース結果は23戦10勝(的中率43%)

累計330万1000円獲得(回収率260%)となりました。

朝日杯FS 23万4000円獲得




http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/9022879.html

阪神JF 36万8000円獲得
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/2017-12-10.html

ジャパンカップ 46万200円獲得
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/2017-11-26.html

天皇賞・秋 72000円獲得
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/8984961.html

菊花賞 21万3200円獲得
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/8981652.html

秋華賞 23万6500円獲得
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/8978371.html

スプリンターズS 12万8000円獲得
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/2017-10-01.html

日本ダービー 97万2000円獲得
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/2017-05-28.html

天皇賞・春 37万8000円獲得
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/2017-04-30.html

大阪杯 23万9100円獲得
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/2017-04-02.html





有料情報のお申し込み方法


2012年G1レース結果
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/7015636.html
(22戦12勝)

2013年G1レース結果
22戦9勝(74万円購入→334万5770円)
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/2016-03-27.html

2014年のG1レース結果
22戦12勝(106万円購入→445万3100円獲得)
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/cat_233940.html

2015年G1レース結果(秋)
11戦7勝(60万円→302万7630円)
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/8286359.html

2016年G1レース結果
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/cat_240634.html
21戦14勝(510万円獲得)


先週の重賞回顧は無料でメール配信させていただきます。
下記メールにカラメールを1度送って頂いた方には毎週無料で重賞回顧をメールさせていただきます。


g1g2g3アットマークk.wwwmail.jp
(『アットマーク』は半角の『@』に変換して下さい。


日曜日の見解

競馬
FC2 Blog Ranking



日曜日の見解

日曜日の見解

新潟11レース


関谷記念

人気データ

1番人気 (2-3-1-4)

2番人気 (2-2-0-6)

3番人気 (1-0-2-7)

4番人気 (3-1-0-6)

5番人気 (0-2-1-7)

6番人気 (1-1-1-7)

7~9人 (1-1-3-25)

10人以下(0-0-2-66)


単勝オッズ

1.0~1.9倍 (0-0-0-0)

2.0~2.9倍 (2-2-0-2)

3.0~3.9倍 (0-2-0-1)

4.0~4.9台 (2-1-1-4)

5.0~6.9倍 (1-1-1-8)

7.0~9.9倍 (2-2-2-9)

10.0~14.9倍(3-1-1-15)

15.0~19.9倍(0-1-2-9)

20.0~29.9倍(0-0-2-17)

30.0~49.9倍(0-0-0-19)

50.0~99.9倍(0-0-1-21)

100倍以上  (0-0-0-23)

レースの平均配当は、単勝749円、馬連2644円、3連複1万957円と低めの水準で、2ケタ人気馬は[0-0-2-66]で穴馬の好走は期待しづらい。


馬齢データ

3歳 (0-0-2-6) 0.0% 0.0% 25.0%

4歳 (3-4-1-12)15.0% 35.0% 40.0%

5歳 (5-5-4-48) 8.1% 16.1% 22.6%

6歳 (1-1-1-37) 2.5% 5.0% 7.5%

7歳上(1-0-2-25) 3.6% 3.6% 10.7%


所属データ

美浦(5-2-7-57) 7.0% 9.9% 19.7%

栗東(5-8-3-71) 5.7% 14.9% 18.4%


馬番データ

1番 (1-0-1-8)

2番 (0-0-0-10)

3番 (1-1-1-7)

4番 (0-1-0-9)

5番 (0-0-1-9)

6番 (0-0-1-9)

7番 (0-1-1-8)

8番 (0-0-0-10)

9番 (1-1-1-7)

10番(0-0-2-8)

11番(0-1-0-9)

12番(2-3-0-5)

13番(2-0-0-5)

14番(1-0-1-5)

15番(0-1-0-6)

16番(1-1-0-4)

17番(1-0-1-4)

18番(0-0-0-5)

逃げ切った馬が過去10年で3頭も出ており、勝ち馬もほとんどが先行勢。馬券に絡んだ馬の63.0%と過半数が「4コーナー6番手以内」となっている。


前走データ

重賞(7-8-5-83)

├中京記念(2-3-2-33)

├安田記念(2-1-0-6)

├エプソムC(0-3-0-8)

├ヴィクトリアM(0-0-1-5)

├NHKマイルC(0-0-1-3)

├新潟大賞典(0-0-0-0)

├マイラーズC(0-0-0-4)

└七夕賞(1-0-0-5)


OP特別(1-1-4-34)

条件戦(2-1-1-11)


前走距離データ

1200m以下(0-0-1-8) 0.0% 0.0% 11.1%

1400m  (1-0-2-7) 10.0% 10.0% 30.0%

1600m  (6-6-5-80) 6.2% 12.4% 17.5%

1800m  (1-3-1-23) 3.6% 14.3% 17.9%

2000m  (2-1-1-7) 18.2% 27.3% 36.4%

2100m以上(0-0-0-3) 0.0% 0.0% 0.0%


エイシンティンクル


関屋記念は32秒前後でまとめる能力があるかどうかが重要で、この馬の場合は超高速馬場だったとはいえ2走前の小豆島特別で46.5で入って後半しっかりと45.5、45秒台半ばまで入れてきている事からも条件はクリアしており、31秒台へのめどは立てていると言えます。

逃げて32秒の壁を破るのは超高速馬場といっても難しく、それをややスローで走れていれば少なくともウインガニオンやヤングマンパワー、ショウナンアンセムといった先行勢と比べても引けをとりません。

また、1400m戦ではハイペースで対応できており、流れが速くなったとしても不安は少なく、関屋記念の傾向的にもよほど雨でも降らなければ顕著にハイペースということも無さそうです。

上昇度が魅力の1頭で、時計的にもラップ的にも詰めてきているだけに軽視禁物の1頭です。





土曜日の注目馬

新潟10レース

6アナザートゥルース (2着)

3歳時はワンターンの東京マイル戦では伸び切れていませんでしたが、前走は最後まで渋太く粘っての2着。

直線で突き放されましたが、最後まで集中力を切らさずに走れており、準オープンで2戦連続2着となりました。

以前よりも馬に集中力が出てきた印象があり、2走前の中山1800m戦でも4角から直線入り口で離され気味になりながらもゴール前でもう一度詰め寄っていました。

今回は降級戦となり、得意のコーナー4つの1800m戦とるだけ崩れる可能性が低く、勝ち負けにからめる1頭と言えます。



13チュウワウィザード (1着)


前走は外枠だった分だけポジションが悪くなってしまいましたが、レコード決着の中でも直線はしっかり伸びて3着。

2走前は隣の馬がうるさい面を見せていたためにこの馬も出遅れてしまいましたが、直線で外に出すとアッという間に他馬を引き離しており、依然見せていた外に張るような面も解消していまいた。

もう少し流れに乗って運べればこのクラスでも通用する器で、昇級2戦目で前進可能の1頭と言えます。

結果は13チョウワウィザード1着、6アナザートゥルース2着で27.8倍的中となりました。





有料情報のお申し込み方法


2017年のG1レース結果は23戦10勝(的中率43%)

累計330万1000円獲得(回収率260%)となりました。

朝日杯FS 23万4000円獲得




http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/9022879.html

阪神JF 36万8000円獲得
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/2017-12-10.html

ジャパンカップ 46万200円獲得
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/2017-11-26.html

天皇賞・秋 72000円獲得
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/8984961.html

菊花賞 21万3200円獲得
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/8981652.html

秋華賞 23万6500円獲得
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/8978371.html

スプリンターズS 12万8000円獲得
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/2017-10-01.html

日本ダービー 97万2000円獲得
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/2017-05-28.html

天皇賞・春 37万8000円獲得
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/2017-04-30.html

大阪杯 23万9100円獲得
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/2017-04-02.html





有料情報のお申し込み方法


2012年G1レース結果
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/7015636.html
(22戦12勝)

2013年G1レース結果
22戦9勝(74万円購入→334万5770円)
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/2016-03-27.html

2014年のG1レース結果
22戦12勝(106万円購入→445万3100円獲得)
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/cat_233940.html

2015年G1レース結果(秋)
11戦7勝(60万円→302万7630円)
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/8286359.html

2016年G1レース結果
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/cat_240634.html
21戦14勝(510万円獲得)


先週の重賞回顧は無料でメール配信させていただきます。
下記メールにカラメールを1度送って頂いた方には毎週無料で重賞回顧をメールさせていただきます。


g1g2g3アットマークk.wwwmail.jp
(『アットマーク』は半角の『@』に変換して下さい。


記事検索
タグクラウド
QRコード
QRコード