メインレースの競馬予想+勝負レース

競馬予想ブログ。メインレースを主に予想。無料で競馬予想を公開しています。 強気の競馬予想ブログです。

重賞回顧:マイラーズカップ

競馬
FC2 Blog Ranking

先週の重賞回顧:マイラーズカップ

1着:サングレーザー
流れてスペースがあったため、折り合い面で苦労する事なく進める事ができ、近くにエアスピネルがいたため、エアについて行けば前が詰まる心配もなく、最後はエアを交わすだけという競馬となりました。
この馬は休ませて攻め馬のフォームが明らかに良くなっており、順調に成長しています。
3~4角で我慢させたことで、最後までしっかりと伸びる事ができており、3~4角でも速いラップを踏んだ中での立ち回りとしては完璧だったと言えます。
力の要る馬場、高速馬場を問わないタイプだけに、今後も大きく崩れる場面は想像できません。
持ち時計を大幅に詰めてのレコードVとなり、エアスピネルが完調手前とはいえ、ここでは完勝と言える内容でした。



2着:モズアスコット
ペースが速かった中でここまで先行できたのは大きなポイントで、3~4番手でずっと我慢できていればもっと際どい決着になっていたと思いますが、3角でポジションが上がってしまい、4角で逃げ馬に被せる形で積極的な立ち回りでの2着となりました。
前半に脚を使い、3角で勝負に行く機動力、番手外でコーナーで速いラップを踏みながらも踏ん張れた点は評価できます。
この競馬ができたなら、距離も2000mぐらいまではこなせそうです。



今週の勝負レース

・・・・・・では並走でビシッとは追われていない中での・・・・・・となりましたが、道中は内の馬を怖がって外に逃げながらの競馬となりながらも、直線は勝ち馬との叩き合いに持ち込んで・・・・・・差の・・・着。
・・・・は速いスタートで内から先手を奪い、1馬身程のリードを保って4角で5着馬に並び化掛けられてスパートを掛けると、外の・・・・・とともに後続をグングン突き放して・・・・の・・・・・・・とは・・・・・・・・でしたが、・・・・には・・・・・・・・・・の差をつけていました。
前走の・・・・・・時計は同日の古・・・・・・万と同じで、翌日の・・・・・・万・・・鞍より速いものだっただけに、・・・・・・・・・の1頭と言えます。



有料情報のお申し込み方法

先週の会員様情報結果

土曜日の結果
福島11レース

福島牝馬ステークス


◎7キンショーユキヒメ(7番人気1着)
前走は中山牝馬Sはスローから12.1 – 12.3 – 12.0 – 11.5 – 11.9のL2最速戦で中団外からL2の反応で見劣ってしまい7着。
前走はスローペースで完全に展開が向かなかった1頭で、今回は頭数を考えても3コーナーあたりで捲ってくる馬がいるはずで、そうなれば中山牝馬ステークスのようなスローペースの前残り勝負にはならないはずです。
カワキタエンカの楽逃げ叶いそうな展開なら、秋山騎手と言う事もあり、この馬が自分から動いて行く可能性があります。
この馬が結果を出しているのはポテンシャル戦で、今の時計の掛かる馬場ならそこまでスピードで押すというのも簡単ではないため、ポテンシャル型のこの馬としては付け入るスキは大いにあります。
向正面で息が入ってからのロングスパート戦になればこの馬の出番となりそうです。

4カワキタエンテカ(1番人気2着)
前走の中山牝馬Sはかなりのスローで淡々と流れてL2最速戦。
ポジショニングとそこからの一足が問われた一戦となりましたが、坂スタートで勢いがつけにくい中で1角までの距離が短く先行争いという観点では外枠が不利な中山1800で、ダッシュを利かせ楽に先制する競馬ができるのが魅力と言えます。
ただ、中山1800はペースを引き上げにくい舞台で、スローで余力を持って進めたいこの馬としては適性的にはかみ合っていました。
今回は、相手関係自体はそこまで強敵が多くなるわけではありませんが、前目で引っ張る馬が多いため、マイペースで息を入れて入れるかが一つポイントになりそうです。


12デンコウアンジュ(4番人気3着)
前走の阪神牝馬Sは伸びきれませんでしたが、超スローで流れてL3最速と仕掛けが早く4角地点が最速のトップスピード持続特化戦となりました。
ここではL3最速で仕掛けが速い中でしかも外々を回す羽目になり、後半特化の競馬になって前の馬にも余力がありました。
前半が速くて中弛みがあるパターンでは問題ありませんが、全体でスローになってしまうと他も落ちないため、この馬の決め手だけでは足りません。
また、東京の坂の上りで加速するのは得意なタイプですが、それ以外では少しパフォーマンスを落としている点も割引材料です。

3レイホーロマンス(3番人気5着)
前走の中山牝馬Sは悪くはない競馬でしたが、本仕掛けが遅い流れでもあったので届かずの3着。
ハンデは52kgで軽く、かなりのスローの展開でスピードはあまり問われず、ポジショニングとそこからの一足の鋭さが問われました。
どうしても後方からの競馬になるため、前走は他の馬より先に仕掛けていくという競馬となりましたが、L1で詰めが甘くなってしまいました。
このレースでは3~4角地点でそこまで速い脚を要求されておらず、L2が最速なので外を回していくロスがそこまでありませんでした。
それでもL1での伸びがイマイチで、コーナーで引き上げられると甘くなるリスクはあるかもしれません。
福島1800で開幕週でとなると差し切るところまでは難しく、1800でペースが上がった時に対応できるのかどうかもポイントとなります。
近走でパフォーマンスを上げてきているのは確か、前走の中山牝馬ステークスでも厳しい流れで3着まで食い込んできただけに不気味さはありますが、序盤のポジションで苦戦しそうな1頭です。

ワイド2点指示でダブル的中となり、48万4500円の払い戻しとなりました。


hea












次回の4月28,29日週は春の天皇賞週となります。

春の天皇賞


近10年で1番人気で勝った馬は昨年のキタサンブラックのみで、この10年で1番人気で馬券になったのは08年のアサクサキングスの3着と昨年のキタサンブラック1着があるのみで、(1.0.1.8)と1番人気が当てにならないG1レース。

そして、2桁人気の馬が過去10年で6頭も馬券に絡んでおり、24万馬券、23万馬券、21万馬券、11万馬券、145万馬券、18万馬券、91万馬券、22万馬券、と過去10年で8回が1000倍以上という荒れるG1レースとなっています。


春の天皇賞は過去6年で4回的中しており、12年はクビ差で400万円的中のハズが→97万円の払い戻しとなりました。

2017年は37.8倍的中!
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/2017-04-30.html

2016年は24万馬券的中!
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/2016-04-24.html

2013年の天皇賞・春は3番人気のトーセンラーから55万を獲得していただきました。
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/2013-04-29.html

2012年の天皇賞・春はクビ差で400万円の払い戻しを逃すも、97万円獲得!
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/2012-04.html


今年の春の天皇賞は1年間の馬券収支をプラスに確定できる高配当が見込める1戦となります。



有料情報のお申し込み方法




2017年のG1レース結果は23戦10勝(的中率43%)
累計330万1000円獲得(回収率260%)となりました。

朝日杯FS 23万4000円獲得
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/9022879.html

阪神JF 36万8000円獲得
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/2017-12-10.html

ジャパンカップ 46万200円獲得
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/2017-11-26.html

天皇賞・秋 72000円獲得
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/8984961.html

菊花賞 21万3200円獲得
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/8981652.html

秋華賞 23万6500円獲得
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/8978371.html

スプリンターズS 12万8000円獲得
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/2017-10-01.html

日本ダービー 97万2000円獲得
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/2017-05-28.html

天皇賞・春 37万8000円獲得
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/2017-04-30.html

大阪杯 23万9100円獲得
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/2017-04-02.html





有料情報のお申し込み方法


2012年G1レース結果
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/7015636.html
(22戦12勝)

2013年G1レース結果
22戦9勝(74万円購入→334万5770円)
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/2016-03-27.html

2014年のG1レース結果
22戦12勝(106万円購入→445万3100円獲得)
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/cat_233940.html

2015年G1レース結果(秋)
11戦7勝(60万円→302万7630円)
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/8286359.html

2016年G1レース結果
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/cat_240634.html
21戦14勝(510万円獲得)


先週の重賞回顧は無料でメール配信させていただきます。
下記メールにカラメールを1度送って頂いた方には毎週無料で重賞回顧をメールさせていただきます。


g1g2g3アットマークk.wwwmail.jp
(『アットマーク』は半角の『@』に変換して下さい。



会員様情報結果

競馬
FC2 Blog Ranking


土曜日の結果
福島11レース

福島牝馬ステークス


◎7キンショーユキヒメ(7番人気1着)
前走は中山牝馬Sはスローから12.1 – 12.3 – 12.0 – 11.5 – 11.9のL2最速戦で中団外からL2の反応で見劣ってしまい7着。
前走はスローペースで完全に展開が向かなかった1頭で、今回は頭数を考えても3コーナーあたりで捲ってくる馬がいるはずで、そうなれば中山牝馬ステークスのようなスローペースの前残り勝負にはならないはずです。
カワキタエンカの楽逃げ叶いそうな展開なら、秋山騎手と言う事もあり、この馬が自分から動いて行く可能性があります。
この馬が結果を出しているのはポテンシャル戦で、今の時計の掛かる馬場ならそこまでスピードで押すというのも簡単ではないため、ポテンシャル型のこの馬としては付け入るスキは大いにあります。
向正面で息が入ってからのロングスパート戦になればこの馬の出番となりそうです。

4カワキタエンテカ(1番人気2着)
前走の中山牝馬Sはかなりのスローで淡々と流れてL2最速戦。
ポジショニングとそこからの一足が問われた一戦となりましたが、坂スタートで勢いがつけにくい中で1角までの距離が短く先行争いという観点では外枠が不利な中山1800で、ダッシュを利かせ楽に先制する競馬ができるのが魅力と言えます。
ただ、中山1800はペースを引き上げにくい舞台で、スローで余力を持って進めたいこの馬としては適性的にはかみ合っていました。
今回は、相手関係自体はそこまで強敵が多くなるわけではありませんが、前目で引っ張る馬が多いため、マイペースで息を入れて入れるかが一つポイントになりそうです。


12デンコウアンジュ(4番人気3着)
前走の阪神牝馬Sは伸びきれませんでしたが、超スローで流れてL3最速と仕掛けが早く4角地点が最速のトップスピード持続特化戦となりました。
ここではL3最速で仕掛けが速い中でしかも外々を回す羽目になり、後半特化の競馬になって前の馬にも余力がありました。
前半が速くて中弛みがあるパターンでは問題ありませんが、全体でスローになってしまうと他も落ちないため、この馬の決め手だけでは足りません。
また、東京の坂の上りで加速するのは得意なタイプですが、それ以外では少しパフォーマンスを落としている点も割引材料です。

3レイホーロマンス(3番人気5着)
前走の中山牝馬Sは悪くはない競馬でしたが、本仕掛けが遅い流れでもあったので届かずの3着。
ハンデは52kgで軽く、かなりのスローの展開でスピードはあまり問われず、ポジショニングとそこからの一足の鋭さが問われました。
どうしても後方からの競馬になるため、前走は他の馬より先に仕掛けていくという競馬となりましたが、L1で詰めが甘くなってしまいました。
このレースでは3~4角地点でそこまで速い脚を要求されておらず、L2が最速なので外を回していくロスがそこまでありませんでした。
それでもL1での伸びがイマイチで、コーナーで引き上げられると甘くなるリスクはあるかもしれません。
福島1800で開幕週でとなると差し切るところまでは難しく、1800でペースが上がった時に対応できるのかどうかもポイントとなります。
近走でパフォーマンスを上げてきているのは確か、前走の中山牝馬ステークスでも厳しい流れで3着まで食い込んできただけに不気味さはありますが、序盤のポジションで苦戦しそうな1頭です。

ワイド2点指示でダブル的中となり、48万4500円の払い戻しとなりました。


hea












次回の4月28,29日週は春の天皇賞週となります。

春の天皇賞


近10年で1番人気で勝った馬は昨年のキタサンブラックのみで、この10年で1番人気で馬券になったのは08年のアサクサキングスの3着と昨年のキタサンブラック1着があるのみで、(1.0.1.8)と1番人気が当てにならないG1レース。

そして、2桁人気の馬が過去10年で6頭も馬券に絡んでおり、24万馬券、23万馬券、21万馬券、11万馬券、145万馬券、18万馬券、91万馬券、22万馬券、と過去10年で8回が1000倍以上という荒れるG1レースとなっています。


春の天皇賞は過去6年で4回的中しており、12年はクビ差で400万円的中のハズが→97万円の払い戻しとなりました。

2017年は37.8倍的中!
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/2017-04-30.html

2016年は24万馬券的中!
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/2016-04-24.html

2013年の天皇賞・春は3番人気のトーセンラーから55万を獲得していただきました。
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/2013-04-29.html

2012年の天皇賞・春はクビ差で400万円の払い戻しを逃すも、97万円獲得!
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/2012-04.html


今年の春の天皇賞は1年間の馬券収支をプラスに確定できる高配当が見込める1戦となります。



有料情報のお申し込み方法




2017年のG1レース結果は23戦10勝(的中率43%)
累計330万1000円獲得(回収率260%)となりました。

朝日杯FS 23万4000円獲得
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/9022879.html

阪神JF 36万8000円獲得
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/2017-12-10.html

ジャパンカップ 46万200円獲得
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/2017-11-26.html

天皇賞・秋 72000円獲得
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/8984961.html

菊花賞 21万3200円獲得
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/8981652.html

秋華賞 23万6500円獲得
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/8978371.html

スプリンターズS 12万8000円獲得
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/2017-10-01.html

日本ダービー 97万2000円獲得
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/2017-05-28.html

天皇賞・春 37万8000円獲得
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/2017-04-30.html

大阪杯 23万9100円獲得
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/2017-04-02.html





有料情報のお申し込み方法


2012年G1レース結果
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/7015636.html
(22戦12勝)

2013年G1レース結果
22戦9勝(74万円購入→334万5770円)
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/2016-03-27.html

2014年のG1レース結果
22戦12勝(106万円購入→445万3100円獲得)
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/cat_233940.html

2015年G1レース結果(秋)
11戦7勝(60万円→302万7630円)
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/8286359.html

2016年G1レース結果
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/cat_240634.html
21戦14勝(510万円獲得)


先週の重賞回顧は無料でメール配信させていただきます。
下記メールにカラメールを1度送って頂いた方には毎週無料で重賞回顧をメールさせていただきます。


g1g2g3アットマークk.wwwmail.jp
(『アットマーク』は半角の『@』に変換して下さい。



フローラステークスの見解

競馬
FC2 Blog Ranking


日曜日の見解
東京11レース

フローラステークス
人気データ
1番人気 (4-1-0-5)
2番人気 (2-3-2-3)
3番人気 (1-1-2-6)
4番人気 (1-1-1-7)
5番人気 (0-0-0-10)
6番人気 (0-2-0-8)
7~9人 (1-0-2-27)
10人以下(1-2-3-79)

単勝オッズ
1.0~1.9倍 (1-0-0-0)
2.0~2.9倍 (1-0-0-2)
3.0~3.9倍 (1-1-0-2)
4.0~4.9台 (2-2-1-2)
5.0~6.9倍 (2-2-4-7)
7.0~9.9倍 (1-1-0-10)
10.0~14.9倍(0-1-0-14)
15.0~19.9倍(0-1-1-16)
20.0~29.9倍(1-0-1-15)
30.0~49.9倍(1-1-0-18)
50.0~99.9倍(0-0-2-27)
100倍以上  (0-1-1-32)
平均配当は、単勝1012円、馬連1万5106円、3連複5万3583円で波乱傾向はかなり強い。

馬番データ
1番 (1-1-1-7)
2番 (1-0-0-9)
3番 (0-0-0-10)
4番 (0-1-0-9)
5番 (1-2-2-5)
6番 (1-1-2-5)
7番 (0-1-0-9)
8番 (2-0-0-8)
9番 (0-0-0-10)
10番(0-2-0-8)
11番(0-1-0-9)
12番(1-1-0-8)
13番(0-0-0-10)
14番(0-0-3-7)
15番(1-0-1-8)
16番(1-0-0-9)
17番(0-0-1-8)
18番(1-0-0-6)
内枠である馬番1~6番は複勝率23.7%で好成績となっている。
フローラSで激走した人気薄は馬番1~9番となっており、9番人気以下に限定したデータでは馬番1~9番がトータル[2-2-3-39]であるのに対して、馬番10~18番は[0-0-1-48]。
内枠である馬番1~6番に入った9番人気以下馬は、複勝率19.2%、単勝適正回収値215.6、複勝回収値358の穴データとなっている。

重賞(3-4-3-41)
├フラワーC(3-3-1-18)
├毎日杯(0-1-0-0)
├クイーンC(0-0-2-6)
├阪神JF(0-0-0-1)
├フィリーズR(0-0-0-3)
├チューリップ賞(0-0-0-8)
└桜花賞(0-0-0-2)

OP特別(1-0-0-18)
├アネモネS(1-0-0-5)
└忘れな草賞(0-0-0-8)

500万下(4-6-5-55)
├君子蘭賞(2-2-1-10)
├福寿草特別(1-0-0-0)
├白菊賞(0-1-0-0)
└ミモザ賞(0-3-0-19)

未勝利(2-0-2-27)
新馬(0-0-0-4)

前走距離データ
1400m  (0-0-0-6) 0.0% 0.0% 0.0%
1600m  (1-1-2-37) 2.4% 4.9% 9.8%
1700m  (0-0-0-2) 0.0% 0.0% 0.0%
1800m  (7-7-4-53) 9.9% 19.7% 25.4%
2000m  (2-2-2-44) 4.0% 8.0% 12.0%
2200m以上(0-0-2-3) 0.0% 0.0% 40.0%
好走馬のほとんどが前走で「芝1800m以上戦」を使われている。
前走で芝1600m以下戦に出走していた馬は、トータル[1-1-2-43]で信頼度は低い。
好走例は、フローラSで4番人気以内となった馬のみ。
逆に前走芝1800m以上戦組は、人気でも強いが、昨年12番人気1着のモズカッチャン、10番人気2着のヤマカツグレースのように、人気薄での激走率も高い。

間隔データ
連闘(0-0-0-0)
2週(0-0-0-18)
3週(1-0-0-11)
4週(3-6-2-40)
5週~9週(5-3-5-52)
10週~25週(1-1-3-22)
半年以上(0-0-0-2)
馬券に絡んだ馬のほとんどが、中3~8週のローテとなっており、キャリアが2戦以下の馬(1.0.0.27)も割引が必要。



土曜日の結果
福島11レース

福島牝馬ステークス


◎7キンショーユキヒメ(7番人気1着)
前走は中山牝馬Sはスローから12.1 – 12.3 – 12.0 – 11.5 – 11.9のL2最速戦で中団外からL2の反応で見劣ってしまい7着。
前走はスローペースで完全に展開が向かなかった1頭で、今回は頭数を考えても3コーナーあたりで捲ってくる馬がいるはずで、そうなれば中山牝馬ステークスのようなスローペースの前残り勝負にはならないはずです。
カワキタエンカの楽逃げ叶いそうな展開なら、秋山騎手と言う事もあり、この馬が自分から動いて行く可能性があります。
この馬が結果を出しているのはポテンシャル戦で、今の時計の掛かる馬場ならそこまでスピードで押すというのも簡単ではないため、ポテンシャル型のこの馬としては付け入るスキは大いにあります。
向正面で息が入ってからのロングスパート戦になればこの馬の出番となりそうです。

4カワキタエンテカ(1番人気2着)
前走の中山牝馬Sはかなりのスローで淡々と流れてL2最速戦。
ポジショニングとそこからの一足が問われた一戦となりましたが、坂スタートで勢いがつけにくい中で1角までの距離が短く先行争いという観点では外枠が不利な中山1800で、ダッシュを利かせ楽に先制する競馬ができるのが魅力と言えます。
ただ、中山1800はペースを引き上げにくい舞台で、スローで余力を持って進めたいこの馬としては適性的にはかみ合っていました。
今回は、相手関係自体はそこまで強敵が多くなるわけではありませんが、前目で引っ張る馬が多いため、マイペースで息を入れて入れるかが一つポイントになりそうです。


12デンコウアンジュ(4番人気3着)
前走の阪神牝馬Sは伸びきれませんでしたが、超スローで流れてL3最速と仕掛けが早く4角地点が最速のトップスピード持続特化戦となりました。
ここではL3最速で仕掛けが速い中でしかも外々を回す羽目になり、後半特化の競馬になって前の馬にも余力がありました。
前半が速くて中弛みがあるパターンでは問題ありませんが、全体でスローになってしまうと他も落ちないため、この馬の決め手だけでは足りません。
また、東京の坂の上りで加速するのは得意なタイプですが、それ以外では少しパフォーマンスを落としている点も割引材料です。

3レイホーロマンス(3番人気5着)
前走の中山牝馬Sは悪くはない競馬でしたが、本仕掛けが遅い流れでもあったので届かずの3着。
ハンデは52kgで軽く、かなりのスローの展開でスピードはあまり問われず、ポジショニングとそこからの一足の鋭さが問われました。
どうしても後方からの競馬になるため、前走は他の馬より先に仕掛けていくという競馬となりましたが、L1で詰めが甘くなってしまいました。
このレースでは3~4角地点でそこまで速い脚を要求されておらず、L2が最速なので外を回していくロスがそこまでありませんでした。
それでもL1での伸びがイマイチで、コーナーで引き上げられると甘くなるリスクはあるかもしれません。
福島1800で開幕週でとなると差し切るところまでは難しく、1800でペースが上がった時に対応できるのかどうかもポイントとなります。
近走でパフォーマンスを上げてきているのは確か、前走の中山牝馬ステークスでも厳しい流れで3着まで食い込んできただけに不気味さはありますが、序盤のポジションで苦戦しそうな1頭です。

ワイド2点指示でダブル的中となり、48万4500円の払い戻しとなりました。


hea
















有料情報のお申し込み方法


2017年のG1レース結果は23戦10勝(的中率43%)
累計330万1000円獲得(回収率260%)となりました。

朝日杯FS 23万4000円獲得
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/9022879.html

阪神JF 36万8000円獲得
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/2017-12-10.html

ジャパンカップ 46万200円獲得
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/2017-11-26.html

天皇賞・秋 72000円獲得
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/8984961.html

菊花賞 21万3200円獲得
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/8981652.html

秋華賞 23万6500円獲得
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/8978371.html

スプリンターズS 12万8000円獲得
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/2017-10-01.html

日本ダービー 97万2000円獲得
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/2017-05-28.html

天皇賞・春 37万8000円獲得
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/2017-04-30.html

大阪杯 23万9100円獲得
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/2017-04-02.html





有料情報のお申し込み方法


2012年G1レース結果
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/7015636.html
(22戦12勝)

2013年G1レース結果
22戦9勝(74万円購入→334万5770円)
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/2016-03-27.html

2014年のG1レース結果
22戦12勝(106万円購入→445万3100円獲得)
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/cat_233940.html

2015年G1レース結果(秋)
11戦7勝(60万円→302万7630円)
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/8286359.html

2016年G1レース結果
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/cat_240634.html
21戦14勝(510万円獲得)


先週の重賞回顧は無料でメール配信させていただきます。
下記メールにカラメールを1度送って頂いた方には毎週無料で重賞回顧をメールさせていただきます。


g1g2g3アットマークk.wwwmail.jp
(『アットマーク』は半角の『@』に変換して下さい。



記事検索
タグクラウド
QRコード
QRコード