競馬
FC2 Blog Ranking

有料情報のお申し込み方法


今週の5月14,15日週はヴィクトリアマイル週となります。

今週のヴィクトリアマイルは過去10年で17万馬券、90万馬券、2000万馬券、40万馬券、19万馬券が出ており、かなり荒れる傾向が強くなっています。
過去10年で2桁人気の馬が7頭も馬券になっているように穴馬が台頭するG1レースと言えます。

今年のヴィクトリアマイルも荒れる要素を含んでいるだけに高配当の可能性が高く、会員様には倍額勝負で高配当を狙っていただきます。

また、今週は勝負レース2鞍提供週となるため、京王杯スプリング、ヴィクトリアマイル、勝負レース2鞍の合計4鞍提供週となります。



重賞回顧:NHKマイルカップ

1着ダノンスコーピオン
五分のスタートを切って道中は前が淡々と飛ばす中、中団外につけて折り合いも問題ありませんでした。
3~4角で前がペースを落としたところでも我慢して動かず、直線も追い出しを待つ余裕を見せてL2で追われてジリジリとなりながらも差を詰めてくるとL1の減速地点で突き抜けてマテンロウオリオンの強襲を振り切っての勝利となりました。
今回は前半が速くて中弛みが生じていましたがL4地点で11.8程度になっており、L1で大きく減速した中で渋太く抜け出す能力がダノンスコーピオンの武器と言えます。
この馬は適性的にはマイラー色が強いタイプで、ゆったりした流れから加速が問われると厳しい面があります。
共同通信杯の場合は12秒台半ばからの加速で凡走しましたが、今回は11.8までしか落ちなかった点がこの馬にとって大きな勝因と言えます。
前半のスピードを生かした分だけL1は少し甘くなりましたが、この競馬ができるならマイルがベストのタイプと言えます。

2着マテンロウオリオン
序盤は出負けしたために後方に下がって勝負をかける形となり、道中も前にスペースを保ついつもの横山騎手のスタイルで後方2番手からの競馬となりました。
3角でもまだスペースを維持して4角で前が息を入れたところで上手く後方中目からスペースを詰めなが2列目の外まで進出し、直線序盤で追われて渋太く中団まで上がるとL2で外に誘導してL1で右手前を維持して2着に食い込みました。
L1が12.3でかなり甘くなった点を考えるとマイルは少し長い印象があり、この馬の位置から捕え切れなかったのであれば脚を使い切ってしまったと考えられるだけに、適性的には1200~1400が合っているタイプと言えます。



22年の春のG1レース成績 6戦3勝85万4000円獲得

天皇賞・春 26万円獲得

皐月賞 22万円獲得

桜花賞 37万4000円獲得

大阪杯 8番人気の情報馬ポタジェが1着となるもエフフォーリア不発で不的中

高松宮記念 コンマ1秒差で92万8900円取り逃し



2021年・秋のG1レース結果12戦9勝 約300万円獲得
チャンピオンズカップ 526.6倍的中

ジャパンカップ 
◎2コントレイル1着、爆弾情報馬9オーソリティー2着で17万8000円獲得

マイルチャンピオンシップ
情報馬2頭の馬連1点指示3.7倍的中で22万2000円獲得

天皇賞・秋
馬連2点指示で3.9倍的中となり、23万4000円獲得

菊花賞
無料公開した3頭が全て4着以内に入り、3連単795.6倍的中で47万7360円獲得

秋華賞
3連単264.1倍的中で23万7960円獲得




2021年の春のG1レース 成績(11戦5勝325万円獲得)

・高松宮記念 97.7倍的中で29万3100円獲得

・大阪杯 危険な人気馬グランアレグリアを切って159万円獲得

・桜花賞 3連複26.6倍的中で39万9000円獲得

・皐月賞 823.2倍的中で41万円獲得

・オークス 3点指示で56万4000円獲得



2020年の秋のG1レース結果は12戦7勝となりました。

2019年の下半期のG1レースは12戦5勝 215万円獲得となりました。

2017年のG1レース結果は23戦10勝(的中率43%)
累計330万1000円獲得(回収率260%)となりました。

2016年G1レース結果
21戦14勝(510万円獲得)

2015年G1レース結果(秋)
11戦7勝(60万円→302万7630円)

2014年G1レース結果
22戦12勝(106万円購入→445万3100円獲得)

2013年G1レース結果
22戦9勝(74万円購入→334万5770円)


先週の重賞回顧は無料でメール配信させていただきます。
下記メールにカラメールを1度送って頂いた方には毎週無料で重賞回顧をメールさせていただきます。
g1g2g3アットマークk.wwwmail.jp
(『アットマーク』は半角の『@』に変換して下さい