競馬
FC2 Blog Ranking

有料情報のお申し込み方法
お問い合わせはg1g2g3アットマークk.wwwmail.jpまでお願いします。
(『アットマーク』は半角の『@』に変換して下さい))


今週(6月25,26日)は宝塚記念週となります。

今週の宝塚記念は3倍額(約10万円)勝負レースとなります。
また、今週は勝負レース2鞍提供週のため、会員様には合計3鞍の提供となります。

↓20年の宝塚記念は43万5940円の払い戻しとなりました。↓

↓18年の宝塚記念は3倍額勝負で133万円獲得となりました↓
(3連単49万馬券、ワイド71.6倍的中)


重賞回顧:ユニコーンステークス

1着ペイシャエス
スタートを決めた後は好位のポケットで進め、淡々と流れる中で積極的に促してついて行って3~4角でも好位の中目で前のタイセイディバインの後ろを意識する競馬となり、L2地点で内を通しながら渋太く伸びて最後は内から食らいつくセキフウをクビ差制しての勝利となりました。
タイセイディバインの後ろで進路を確保しながら運べたなというのが大きな勝因と言え、前半からついて行って後半で消耗する中でも踏ん張れており、青竜Sの時よりも良馬場で時計が掛かったことで、前半のスピード面で後半型の脚を削ぐことができたことが大きかったと言えます。
前半型の馬の中では一番強い競馬をしているのは間違いなく、タイセイディバインが勝ちに行く競馬をした中でもしっかりラストで離しており、時計が掛かって消耗し切る展開なら一段高い評価が必要です。
馬場が軽くて前半ある程度速くしても質的に引き上げ切れない形では後半で切れ負けするだけに、力のいる良馬場で単調な流れになるケースで狙いたい1頭と言えます。

2着セキフウ
久々の芝スタートで出負けしてしまい、道中は後方からの競馬となりましたが無理せず後方内で進め、道中も前にスペースを保って超ハイペースの流れに乗らずに進める格好となりました。
3~4角でも後方馬群の内で脚を温存し、4角では最短距離を通して中団で直線に入ると左手前のまま徐々に伸びてL2地点で右手前に換えてL1では食らいついてペイシャエスにクビ差まで迫っての2着となりました。
今回のユニコーンSは直線入りの段階で好位~中団内のスペースが空いており、3~4角地点で緩んでないために内を通してもスペースが広くて各馬スムーズに加速できたと言えます。
その中でもセキフウは3~4角を完璧に最短距離を通してスムーズに通す事ができており、今回のメンバーの中では一番嵌った1頭と言えます。


先週の会員様情報結果

東京11レース
ユニコーンステークス

11ヴァルツァーシャル
前走の青竜Sは稍重の高速ダート戦でハイペースの流れとなっており、ラップ的に12.0 - 12.1 - 11.9 - 12.1 - 12.4とそこまで淀みない中で中団の外からの競馬では勝ち馬ハセドンからコンマ2秒差の4着。
前走は末脚比べでハセドンに見劣りましたが、淀みなく進んだ事でコーナーで置かれたのが響きました。
今回は中弛みが生じて3~4角で外からというのが枠の並び的にはプラスに作用しそうな印象があり、最内枠を引いたハセドンよりも今回は嵌る可能性が高くなったため、逆転を狙えそうな条件と言えます。

12バトルクライ
3走前は外枠からスタートで外に寄れてしまい、グルッと外を回るの厳しい競馬で勝ち切りましたが、落鉄しながら強い勝ち方ができた点は高い評価が必要です。
2走前は馬群の中で伸びあぐねましたが、道中はリメイクの後ろで動きにくい位置取りとなり、他馬に寄られて手綱を引く不利があっただけに参考外の1戦と言えます。
この端午ステークスを除けばダートでは底を見せていない点は魅力で、前走は初の東京マイルで外枠から揉まれない競馬で3着に好走できており、スタート後に外から寄られる不利がありながらも最後までグイグイと伸びていただけに、ここでも上位評価の1頭と言えます。
今回も揉まれにくい外枠を引く事ができただけに、スムーズならハセドンを逆転してもおかしくない1頭と言えます。

会員様には上記上事報馬からの3連単指示となりましたが、結果はクビ・クビ差の微差で3,4着となり不的中となりました。
上記2頭が2,3着に入っていれば1699.1倍(400円購入指示)だったため、コンマ1秒差で67万9640円の払い戻しを取り逃す結果となりました。



土曜日の結果
東京4レース(倍額勝負レース)

6サイルーン
初戦は向正面で促して逃げた勝ち馬を追いかける形となり、直線入り口では外から並びかけて交わしそうな勢いを見せるも相手が余力十分で突き放されてしまいましたが、この馬も2着馬には6馬身の決定的な差をつけました。
2戦目は中団馬群で折り合いに専念する競馬となり、勝ち馬の上昇に合わせて動き出し、4角で前を射程圏に入れるも、直線は上位2頭に離されて最後は流れ込んだ格好で3着となりました。
「まだ少し馬が幼い印象があって、その分走り切れていない感じがあります。気性や馬体面の成長があればもっとやれると思います。」との事で、今回は半年の休養明けの1戦となりますが、大きく成長して十分な乗り込みを消化して仕上がりに関して不安はありません。
「クォーターカップのブリンカーで走り切れるように矯正します。」との事で、今回はブリンカー着用でいきなりから勝負になる1頭と言えます。

会員様には6サイルーンからの馬単2点指示で10.9倍的中となり、32万7000円の
払い戻しとなりました。

hf













有料情報のお申し込み方法

22年の春のG1レース成績 10戦6勝193万2840円獲得

安田記念 38万円獲得
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/10042595.html

ダービー 29万円獲得
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/10040268.html

ヴィクトリアマイル 40万円獲得
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/2022-05-15.html

天皇賞・春 26万円獲得

皐月賞 22万円獲得

桜花賞 37万4000円獲得

大阪杯 8番人気の情報馬ポタジェが1着となるもエフフォーリア不発で不的中

高松宮記念 コンマ1秒差で92万8900円取り逃し



2021年・秋のG1レース結果12戦9勝 約300万円獲得
チャンピオンズカップ 526.6倍的中

ジャパンカップ 
◎2コントレイル1着、爆弾情報馬9オーソリティー2着で17万8000円獲得

マイルチャンピオンシップ
情報馬2頭の馬連1点指示3.7倍的中で22万2000円獲得

天皇賞・秋
馬連2点指示で3.9倍的中となり、23万4000円獲得

菊花賞
無料公開した3頭が全て4着以内に入り、3連単795.6倍的中で47万7360円獲得

秋華賞
3連単264.1倍的中で23万7960円獲得




2021年の春のG1レース 成績(11戦5勝325万円獲得)

・高松宮記念 97.7倍的中で29万3100円獲得

・大阪杯 危険な人気馬グランアレグリアを切って159万円獲得

・桜花賞 3連複26.6倍的中で39万9000円獲得

・皐月賞 823.2倍的中で41万円獲得

・オークス 3点指示で56万4000円獲得



2020年の秋のG1レース結果は12戦7勝となりました。

2019年の下半期のG1レースは12戦5勝 215万円獲得となりました。

2017年のG1レース結果は23戦10勝(的中率43%)
累計330万1000円獲得(回収率260%)となりました。

2016年G1レース結果
21戦14勝(510万円獲得)

2015年G1レース結果(秋)
11戦7勝(60万円→302万7630円)

2014年G1レース結果
22戦12勝(106万円購入→445万3100円獲得)

2013年G1レース結果
22戦9勝(74万円購入→334万5770円)


先週の重賞回顧は無料でメール配信させていただきます。
下記メールにカラメールを1度送って頂いた方には毎週無料で重賞回顧をメールさせていただきます。
g1g2g3アットマークk.wwwmail.jp
(『アットマーク』は半角の『@』に変換して下さい