競馬
FC2 Blog Ranking

有料情報のお申し込み方法


今週の12月4,5日週はチャンピオンズカップ週となります。
今週のチャンピオンズカップは倍額での勝負レースとなります。

↓昨年はチャンピオンズカップ不的中でもステイヤーズS的中で170万円獲得

↓18年のチャンピオンズカップは1点的中↓

↓16年のチャンピオンズカップは111.8倍的中↓

↓15年は31万馬券的中で60万円獲得となりました。

今週の会員様情報
チャレンジカップ、ステイヤーズステークス、勝負レース、チャンピオンズカップ



土曜日
中山11レース
ステイヤーズステークス

13シルヴァーソニック
この条件は面白い存在で、中山3600mでこのメンツなら前を取るのは難しくはなく、開幕週で馬場が読みにくい中で高速馬場への対応ができていることも大きなアドバンテージと言えます。
4走前の松籟Sでは面白い競馬ができており、前半の位置取りがもう少し良ければというところでペースが速くなってしまいました。
その点ではある程度目途を立ててきていると言え、相手関係を考えてもこのメンツなら十分通用するパフォーマンスは見せています。
丹頂S2着のカウディーリョは強敵となりますが、適性的にもここは積極的に狙いたい条件と言えます。

5アイアンバローズ
相手関係を考えても、東京2400~2500m戦ならチャンスはありますが、今回の中山3600mコースでは強気にはなれません。
ここは内回りコースとなるため、2角過ぎの下りから自然とペースが上がってロングスパート戦になる可能性が高い舞台と言え、中山内回りでも昨年ぐらい軽い馬場状態なら完全に上がりきらずに4角最速というようなケースもあり得ますが、それでも向正面で各馬が仕掛ける意識が強くなればロングスプリント能力を問われる競馬になる可能性が高くなります。
このコースは基本的にはポテンシャルが無いとリスクが大きい舞台で、長距離的なレースになればアイアンバローズは中盤のペースアップでポテンシャルを要求されてそこで脚を削がれる可能性が高いように思えます。

この先は会員様情報で公開中です。






2021年の春のG1レース 成績(11戦325万円獲得)

・高松宮記念 97.7倍的中で29万3100円獲得

・大阪杯 危険な人気馬グランアレグリアを切って159万円獲得

・桜花賞 3連複26.6倍的中で39万9000円獲得

・皐月賞 823.2倍的中で41万円獲得

・オークス 3点指示で56万4000円獲得




2020年の秋のG1レース結果は12戦7勝となりました。

ホープフルS 55.6倍的中

朝日杯FS 51万3600円獲得

阪神JF172.6倍的中

マイルCS◎グランアレグリア1着固定44.8倍的中で33万6000円獲得

天皇賞・秋 41.3倍的中で20万6500円獲得

秋華賞 31.4倍的中で62万8000円獲得

スプリンターズS 7.9倍的中で19万7500円獲得



2019年の下半期のG1レースは12戦5勝 215万円獲得となりました。

2017年のG1レース結果は23戦10勝(的中率43%)
累計330万1000円獲得(回収率260%)となりました。

2016年G1レース結果
21戦14勝(510万円獲得)

2015年G1レース結果(秋)
11戦7勝(60万円→302万7630円)

2014年G1レース結果
22戦12勝(106万円購入→445万3100円獲得)

2013年G1レース結果
22戦9勝(74万円購入→334万5770円)


先週の重賞回顧は無料でメール配信させていただきます。
下記メールにカラメールを1度送って頂いた方には毎週無料で重賞回顧をメールさせていただきます。
g1g2g3アットマークk.wwwmail.jp
(『アットマーク』は半角の『@』に変換して下さい