メインレースの競馬予想+勝負レース

競馬予想ブログ。メインレースを主に予想。無料で競馬予想を公開しています。 強気の競馬予想ブログです。

レース情報

日曜日の見解

競馬
FC2 Blog Ranking

有料情報のお申し込み方法



日曜日

阪神11レース


阪急杯


8レシステンシア

北村騎手のレースメイクが不安材料で、阪神JFは突かれた事でこの馬の能力が解放されましたが、ここはレシステンシアに積極的に競ってきそうな馬が見当たらないだけに、この騎手の場合は楽にハナを取り切れてしまえばペースを落としてしまう可能性があります。

34前後で入ってしまうと後半を33秒台後半ぐらいでまとめないといけなくなりますが、レシステンシアにそれを期待するのは難しく、勝ち切ることを意識すれば33.5-11.3-34.7ぐらいの感じで1:19.5を目標にするぐらいの意識は必要です。


10インディチャンプ(危険な人気馬)

高松宮記念を視野に入れた場合、前半のパフォーマンスを上げてくるのは必須条件と言え、福永騎手としてもある程度前目の位置を取って流れに乗っていく意識を持ってきそうです。

ただ、これまでのマイル戦での内容を見ても前半の二の脚が速い方ではなく、マイラーズCは超スローだったので前を取れましたが阪神1400mはほぼ流れる可能性が高いため、良馬場で先週の馬場状態がそのままと考えれば、このレベルなら前半33秒台には入ってくる想定となります。

そうなった場合にポジショニング面での不安が生じますが、外枠から3~4角で外からの競馬になってしまうと先週の京都牝馬Sのように前が息を入れてくれれば外からのロスが少なくなるため、阪神Cの内容でも戦えそうな印象はあります。

ただ、阪神Cのように3~4角で息が入らなければ外から追走して押し上げていくというのが難しくなってしまい、この馬の武器である一瞬の鋭さがこの地点で削がれるリスクが出てきます。

その点を踏まえても、ここで信頼し切るのは危険な印象があります。


14トライン

阪神1400は前提として前半が34秒前後で入る可能性を考える必要があります。

この馬の場合、東京新聞杯では35.3で前を取れましたが、これ自体がこの馬にとってもベストに近い入りの3Fの速度となります。

この程度なら阪神1400m戦では明確に中団〜後ろぐらいになってしまう可能性が高く、前走で良化したとは言え阪神1400m戦で流れに乗るならもう少し詰めて34秒台で入らないといけません。

後方からの競馬で脚を温存した場合、淡々と進められてしまうと渡月橋Sが淀みない中、最短距離を通してもL1が甘くなっていたため、前との差が広がって自然に取りつける中弛みが起こらなければその差を詰めるところでも脚を使う羽目になってしまいます。

スピード面に不安が明確にある馬を阪神1400で信頼するのは危険な材料となるため、ここは割引評価が必要な1頭です。





有料情報のお申し込み方法

2020年の秋のG1レース結果は12戦7勝となりました。


ホープフルS 55.6倍的中
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/9730591.html

朝日杯FS 51万3600円獲得
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/9728492.html

阪神JF172.6倍的中

http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/2020-12-13.html


マイルCS◎グランアレグリア1着固定44.8倍的中で33万6000円獲得

http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/2020-11-22.html


天皇賞・秋 41.3倍的中で20万6500円獲得

http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/2020-11-01.html


秋華賞 31.4倍的中で62万8000円獲得

http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/2020-10-18.html


スプリンターズS 7.9倍的中で19万7500円獲得

http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/2020-10-04.html




有料情報のお申し込み方法


2019年の下半期のG1レースは12戦5勝 215万円獲得となりました。

http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/cat_242534.html


2017年のG1レース結果は23戦10勝(的中率43%)
累計330万1000円獲得(回収率260%)となりました。
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/cat_240740.html


2016年G1レース結果
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/cat_240634.html
21戦14勝(510万円獲得)


2015年G1レース結果(秋)
11戦7勝(60万円→302万7630円)
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/8286359.html


2014年G1レース結果
22戦12勝(106万円購入→445万3100円獲得)
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/cat_233940.html

2013年G1レース結果
22戦9勝(74万円購入→334万5770円)
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/2016-03-27.html


先週の重賞回顧は無料でメール配信させていただきます。
下記メールにカラメールを1度送って頂いた方には毎週無料で重賞回顧をメールさせていただきます。
g1g2g3アットマークk.wwwmail.jp
(『アットマーク』は半角の『@』に変換して下さい




土曜日の見解

競馬
FC2 Blog Ranking

有料情報のお申し込み方法



今週(2月27日、2月28日)は中山記念、阪急杯の重賞2鞍+勝負レース2鞍の合計4鞍提供週となります。


今週の勝負レースは倍額(約6万円)勝負レースとなります。



土曜日


阪神10レース


10エムオーシャトル

中央転入初戦のレース内容を見ても、ラヴケリーやレガトゥスを突き放したパフォーマンスは大きく評価できます。

黒松賞は33.6-35.3のかなりのハイペースで逃げ、11.8 - 10.7 - 11.1 - 11.4 - 11.6 - 12.3のラップ推移でしっかりとハナを主張して時計勝負に持ち込んでの完勝。

標準ぐらいの馬場でこの時期の2歳で8秒台に入れてきたのは評価できます。

前走の紅梅Sも前半3F=33.5のハイペースを逃げて7着となりましたが、自身の1200m通過地点は1:08:7ぐらいの時計で走れていました。

このメンツなら3角までに一気にハナを取り切れる可能性が高く、単調なスピードタイプだけに自分のペースを作って後続の脚を削いで押し切れる1200mとなる今回は巻き返し濃厚の1頭と言えます。





有料情報のお申し込み方法

2020年の秋のG1レース結果は12戦7勝となりました。


ホープフルS 55.6倍的中
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/9730591.html

朝日杯FS 51万3600円獲得
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/9728492.html

阪神JF172.6倍的中

http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/2020-12-13.html


マイルCS◎グランアレグリア1着固定44.8倍的中で33万6000円獲得

http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/2020-11-22.html


天皇賞・秋 41.3倍的中で20万6500円獲得

http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/2020-11-01.html


秋華賞 31.4倍的中で62万8000円獲得

http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/2020-10-18.html


スプリンターズS 7.9倍的中で19万7500円獲得

http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/2020-10-04.html




有料情報のお申し込み方法


2019年の下半期のG1レースは12戦5勝 215万円獲得となりました。

http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/cat_242534.html


2017年のG1レース結果は23戦10勝(的中率43%)
累計330万1000円獲得(回収率260%)となりました。
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/cat_240740.html


2016年G1レース結果
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/cat_240634.html
21戦14勝(510万円獲得)


2015年G1レース結果(秋)
11戦7勝(60万円→302万7630円)
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/8286359.html


2014年G1レース結果
22戦12勝(106万円購入→445万3100円獲得)
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/cat_233940.html

2013年G1レース結果
22戦9勝(74万円購入→334万5770円)
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/2016-03-27.html


先週の重賞回顧は無料でメール配信させていただきます。
下記メールにカラメールを1度送って頂いた方には毎週無料で重賞回顧をメールさせていただきます。
g1g2g3アットマークk.wwwmail.jp
(『アットマーク』は半角の『@』に変換して下さい




日曜日の見解:フェブラリーS

競馬
FC2 Blog Ranking

有料情報のお申し込み方法



今週は2021年初のG1レース、フェブラリーS週となります。


今週はフェブラリーS,ダイヤモンドS,京都牝馬S、小倉大賞典の4つ重賞が組まれており、勝負レースを含めて会員様には5鞍の情報提供となります。


↓昨年のフェブラリーSは◎12モズアスコットの1着固定で5インティ切りの3連単指示で46万馬券的中となり、139万4760円の払い戻し

http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/2020-02-23.html


↓19年のフェブラリーSは情報馬が1~3着を独占し、馬連4.3倍、3連単66.2倍ダブル的中

http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/2019-02-17.html


↓17年のフェブラリーSは3連単軸2頭マルチで92.4倍的中

http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/2017-02-19.html




日曜日の見解
東京11レース

フェブラリーステークス

3カフェファラオ
秋以降の古馬相手に2戦走った内容ではパフォーマンス的に足りない印象がありますが、近2走は今回のフェブラリーSとは条件が異なり、衝撃的なパフォーマンスを見せたユニコーンSがあるため、府中コースで化ける可能性はあります。
1周コースのダートスタートの場合、ゲートが甘くて中団からポテンシャルで勝負できるほどのものは持ち合わせていませんが、大きく崩れてもいません。
前走のチャンピオンズCはもっと難しくなるイメージがありましたが、終始外を回らされて3角でかなりのロスがありながらもそれなりに最後までなだれ込んできており、ある程度対応できているのは成長の証と言えます。
今回は得意の舞台に戻り、跳ねたパフォーマンスが期待できる1頭と言えます。

13ソリストサンダー
今年の武蔵野S上位勢は評価でき、その中で3着エアアルマスや4,5着のワンダーリーデル、タイムフライヤー相手にしっかりと差をつけて2着しているソリストサンダーは無視できません。
今年は良馬場での開催となあるため、良馬場で求められる35秒台前半という時計を楽にクリアできているというのは強みとして間違いありません。
武蔵野Sでは最後に内にモタれてしまい僅かに敗れましたが、持ち味が生きる広い府中コースなら軽視できない存在です。

この先は会員様情報で公開させていただきます。




有料情報のお申し込み方法

2020年の秋のG1レース結果は12戦7勝となりました。


ホープフルS 55.6倍的中
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/9730591.html

朝日杯FS 51万3600円獲得
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/9728492.html

阪神JF172.6倍的中

http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/2020-12-13.html


マイルCS◎グランアレグリア1着固定44.8倍的中で33万6000円獲得

http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/2020-11-22.html


天皇賞・秋 41.3倍的中で20万6500円獲得

http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/2020-11-01.html


秋華賞 31.4倍的中で62万8000円獲得

http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/2020-10-18.html


スプリンターズS 7.9倍的中で19万7500円獲得

http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/2020-10-04.html




有料情報のお申し込み方法


2019年の下半期のG1レースは12戦5勝 215万円獲得となりました。

http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/cat_242534.html


2017年のG1レース結果は23戦10勝(的中率43%)
累計330万1000円獲得(回収率260%)となりました。
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/cat_240740.html


2016年G1レース結果
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/cat_240634.html
21戦14勝(510万円獲得)


2015年G1レース結果(秋)
11戦7勝(60万円→302万7630円)
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/8286359.html


2014年G1レース結果
22戦12勝(106万円購入→445万3100円獲得)
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/cat_233940.html

2013年G1レース結果
22戦9勝(74万円購入→334万5770円)
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/2016-03-27.html


先週の重賞回顧は無料でメール配信させていただきます。
下記メールにカラメールを1度送って頂いた方には毎週無料で重賞回顧をメールさせていただきます。
g1g2g3アットマークk.wwwmail.jp
(『アットマーク』は半角の『@』に変換して下さい




土曜日の見解

競馬
FC2 Blog Ranking

有料情報のお申し込み方法



今週は2021年初のG1レース、フェブラリーS週となります。


今週はフェブラリーS,ダイヤモンドS,京都牝馬S、小倉大賞典の4つ重賞が組まれており、勝負レースを含めて会員様には5鞍の情報提供となります。


↓昨年のフェブラリーSは◎12モズアスコットの1着固定で5インティ切りの3連単指示で46万馬券的中となり、139万4760円の払い戻し

http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/2020-02-23.html


↓19年のフェブラリーSは情報馬が1~3着を独占し、馬連4.3倍、3連単66.2倍ダブル的中

http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/2019-02-17.html


↓17年のフェブラリーSは3連単軸2頭マルチで92.4倍的中

http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/2017-02-19.html



今週のフェブラリーステークスは通常の2~3倍額(5~10万円)の3連単勝負レースとなります。

また、今週の勝負レースも強力情報馬が出走となるため、通常の2~3倍額での勝負レースとなります。




阪神11レース

京都牝馬ステークス

11アフランシール
新潟日報賞が33.8に対して好位3列目で34.5で入っていますが、中弛みがあったとはいえ鋭さが全く削がれず相対的に良さが出ていたため、スピードは質的にまだ伸びしろがあるように思えます。
L2でも伸びてきましたが、明確にL1で違いを作ってきたというのがインパクトとしては大きいものでした。
新潟1400m戦は2F戦になりがちなため、L2で出し抜ける馬がそのまま馬券になるケースが見られますが、ここで11.5の中で1馬身差を捕えて突き抜けているように絶対量が違っていました。
また、それを厳しい流れで楽に好位を取ってから加速を求められた上でもやれたという点は大きな評価が必要です。
少なくとも新潟1400で求められる総合力を高いレベルで見せてきた上で、L1で違っただけにかなり面白い存在と言えます。
また、後半型の競馬になったとしてもロングスプリントで最短距離を通せれば33秒台半ばぐらいは視野に入ってくる馬で、淡々と流れた中で好位内で運べれば鮮やかに抜け出す可能性もある1頭と言えます。

この先は会員様情報で公開させていただきます。




有料情報のお申し込み方法

2020年の秋のG1レース結果は12戦7勝となりました。


ホープフルS 55.6倍的中
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/9730591.html

朝日杯FS 51万3600円獲得
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/9728492.html

阪神JF172.6倍的中

http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/2020-12-13.html


マイルCS◎グランアレグリア1着固定44.8倍的中で33万6000円獲得

http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/2020-11-22.html


天皇賞・秋 41.3倍的中で20万6500円獲得

http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/2020-11-01.html


秋華賞 31.4倍的中で62万8000円獲得

http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/2020-10-18.html


スプリンターズS 7.9倍的中で19万7500円獲得

http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/2020-10-04.html




有料情報のお申し込み方法


2019年の下半期のG1レースは12戦5勝 215万円獲得となりました。

http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/cat_242534.html


2017年のG1レース結果は23戦10勝(的中率43%)
累計330万1000円獲得(回収率260%)となりました。
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/cat_240740.html


2016年G1レース結果
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/cat_240634.html
21戦14勝(510万円獲得)


2015年G1レース結果(秋)
11戦7勝(60万円→302万7630円)
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/8286359.html


2014年G1レース結果
22戦12勝(106万円購入→445万3100円獲得)
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/cat_233940.html

2013年G1レース結果
22戦9勝(74万円購入→334万5770円)
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/2016-03-27.html


先週の重賞回顧は無料でメール配信させていただきます。
下記メールにカラメールを1度送って頂いた方には毎週無料で重賞回顧をメールさせていただきます。
g1g2g3アットマークk.wwwmail.jp
(『アットマーク』は半角の『@』に変換して下さい




重賞回顧:京都記念

競馬
FC2 Blog Ranking

有料情報のお申し込み方法



今週は2021年初のG1レース、フェブラリーS週となります。


今週はフェブラリーS,ダイヤモンドS,京都牝馬S、小倉大賞典の4つ重賞が組まれており、勝負レースを含めて会員様には5鞍の情報提供となります。


↓昨年のフェブラリーSは◎12モズアスコットの1着固定で5インティ切りの3連単指示で46万馬券的中となり、139万4760円の払い戻し

http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/2020-02-23.html


↓19年のフェブラリーSは情報馬が1~3着を独占し、馬連4.3倍、3連単66.2倍ダブル的中

http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/2019-02-17.html


↓17年のフェブラリーSは3連単軸2頭マルチで92.4倍的中

http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/2017-02-19.html



今週のフェブラリーステークスは通常の2~3倍額(5~10万円)の3連単勝負レースとなります。

また、今週の勝負レースも強力情報馬が出走となるため、通常の2~3倍額での勝負レースとなります。




重賞回顧:京都記念


1着ラヴズオンリーユー

序盤は好位4番手ぐらいでダンビュライトを見ながら進めていく格好となり、前3頭が単独で進めて縦長の平均ペースという流れを4番手で進め、ラップが速くなった3ハロン標までに勝負圏内に取りついてL3最速地点で2頭分外からかなり難しい形になってしまいましたが直線でジリジリと差を詰めるとL1の坂の登りの減速でバテずに突き抜けて1馬身半差の勝利となりました。

外からの競馬でロスの大きい競馬となり、コーナーワークで脚を使いながら減速基調となる直線で他馬よりもバテずに最後まで踏ん張り続ける持続力は一線級のパフォーマンスの復活と言えます。

これが同馬の最大の武器で、馬場に依存する面はありますが前半からスピードを求められた方が良いタイプだけに、高速馬場のジャパンカップで淡々流れるような競馬になれば現役屈指の可能性があります。

噛み合い切らないと脆い面はありますが、高速馬場で全体が流れてあまり紛れない条件なら今後も高いパフォーマンスが期待できる1頭と言えます。


2着ステイフーリッシュ

序盤は押して押してハナを奪いにいきましたが内からハッピーグリンが主張してきたため、これを行かせて番手からの競馬となりました。

道中はハッピーグリンが良いペースで引っ張っていたため、これを目標にして3番手以下を離して向正面もキープする格好となり、道中のラップを落とさず淡々と進めましたが3角で後続が少し差を詰めてきた地点でハッピーグリーンがガス欠となり、外から先頭に立つ格好となりました。

そこからはコーナーワークでリードを広げて1馬身3/4差で直線に入り、直線序盤で踏ん張ってL1の坂の登りでラヴズオンリーユーに抜け出されましたがダンビュライトは半馬身差で振り切っての2着。

展開的にはラヴズオンリーユーにとって理想的な展開となりましたが、L3で完璧に立ち回ってコーナーワークを使って広げに掛ったステイフーリッシュはこの競馬が合っているように思えます。

序盤にハナを奪えていた場合に同様のパフォーマンスを見せられていれば更にレースの幅が広がる可能性もあります。






有料情報のお申し込み方法

2020年の秋のG1レース結果は12戦7勝となりました。


ホープフルS 55.6倍的中
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/9730591.html

朝日杯FS 51万3600円獲得
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/9728492.html

阪神JF172.6倍的中

http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/2020-12-13.html


マイルCS◎グランアレグリア1着固定44.8倍的中で33万6000円獲得

http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/2020-11-22.html


天皇賞・秋 41.3倍的中で20万6500円獲得

http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/2020-11-01.html


秋華賞 31.4倍的中で62万8000円獲得

http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/2020-10-18.html


スプリンターズS 7.9倍的中で19万7500円獲得

http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/2020-10-04.html




有料情報のお申し込み方法


2019年の下半期のG1レースは12戦5勝 215万円獲得となりました。

http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/cat_242534.html


2017年のG1レース結果は23戦10勝(的中率43%)
累計330万1000円獲得(回収率260%)となりました。
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/cat_240740.html


2016年G1レース結果
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/cat_240634.html
21戦14勝(510万円獲得)


2015年G1レース結果(秋)
11戦7勝(60万円→302万7630円)
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/8286359.html


2014年G1レース結果
22戦12勝(106万円購入→445万3100円獲得)
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/cat_233940.html

2013年G1レース結果
22戦9勝(74万円購入→334万5770円)
http://blog.livedoor.jp/g1g2g3keiba/archives/2016-03-27.html


先週の重賞回顧は無料でメール配信させていただきます。
下記メールにカラメールを1度送って頂いた方には毎週無料で重賞回顧をメールさせていただきます。
g1g2g3アットマークk.wwwmail.jp
(『アットマーク』は半角の『@』に変換して下さい




記事検索
月別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード