国民新党代表の亀井静香金融・郵政担当相は11日、福井市内で講演し、民主、社民両党が導入を目指す永住外国人の地方選挙権と選択的夫婦別姓に反対する考えを示した。

 亀井氏は夫婦別姓について、「一家の表札が(複数になって)アパートみたいになってしまう」と批判。「(この二つは)国民新党が反対するので、絶対に成立しない。法案提出も私がノーと言えばできない」と話した。【大久保陽一】

【関連ニュース】
亀井金融相:夫婦別姓など2法案に反対
国民新・下地氏:亀井金融相の予算案発言を暴露
亀井郵政相:「郵政改革法案」素案、8日に発表
亀井担当相:郵政非正規職員、希望者は原則正社員に
亀井郵政相:「郵政を切り刻んだ」発言を撤回

医療援助隊、13日で活動終結=ハイチ大地震(時事通信)
広島の無人島落札者、隣島の運送業者だった(読売新聞)
犬小屋全焼、イヌ70~80匹が死ぬ 奈良(産経新聞)
小沢氏、預貯金「ゼロ」=多額保有も過去16年記載なし-衆院資産公開(時事通信)
借金のカタにソープ紹介 職業安定法違反容疑などで男5人逮捕(産経新聞)