アルピニストの野口健さん(36)と取り組む「富士山クリーンツアー」が9日、山梨県鳴沢村の青木ケ原樹海であった。11年目に入った毎日新聞富士山再生キャンペーンの一環。読者ら約140人が、埋まっている昔のごみを掘り起こすなどして1.5トントラック2台分を回収した。

 同ツアーはNPO「富士山クラブ」(奥島孝康理事長)の協力で実施。毎日新聞主催のツアーは6月20日、7月3日、11月3日にも予定されている。野口さんは「活動を始めて10年たち、5合目以上は奇麗になった。樹海地区も新しいごみは極めて少ない。活動は『ごみ拾い』から『ごみ掘り』の時代になった」と話した。

【関連ニュース】
滑落:各地で相次ぐ 富士山、谷川岳で計2人死亡2人重傷
滑落:各地で相次ぐ 富士山・谷川岳で計2人死亡
特集:富士山再生キャンペーン 今年も精力的に 在来種保全に着手
富士山
富士山環境保全協力金協:富士吉田で第1回会議 /山梨

鳩山首相「ルーピーTシャツ」 こちらはバカ売れ、人気衰え知らず(J-CASTニュース)
高松塚古墳 「飛鳥美人」など公開(毎日新聞)
千葉・医療再生の序章(下) ―地域医療を街づくりへ(医療介護CBニュース)
探偵会社と元夫を提訴=「別れさせ屋」被害者の遺族-東京地裁(時事通信)
徳之島での「訓練」に柔軟=米が伝達-普天間(時事通信)