IP電話事業「近未来通信」(東京都中央区、破産手続き中)の投資詐欺事件で、詐欺罪に問われた元専務日置茂被告(44)の初公判が20日、東京地裁(平木正洋裁判長)であった。日置被告は「間違いありません」と述べ、起訴内容を認めた。
 検察側は冒頭陳述で、「通信事業に実体はなく、還元金(配当)の支払いは自転車操業だった。支払えないと分かっていながら、うそを言って被害者らを勧誘していた」と指摘した。
 起訴状によると、日置被告は元常務建石春雄被告(68)=公判前整理手続き中=らと共謀。2006年、投資家7人に対し、「中継局のオーナーになれば月額約80万円の収益が得られる」などとうそを言い、計約1億8000万円をだまし取ったとされる。 

【関連ニュース】
三笠フーズ元顧問に有罪=事故米不正転売
ミカド、破産手続きに移行へ=帝国データ
元理事長、業過致死罪で起訴=山本病院事件
山本病院事件、容疑者が死亡=留置場で突然倒れる
消費者金融元社長ら逮捕=架空債権、36億円詐欺容疑

大田・観音通り共栄会 高齢化進む商店街 寄席で活性化狙う(産経新聞)
首相「札束でほっぺたをたたかない」 普天間問題(産経新聞)
<ハッブル宇宙望遠鏡>星の誕生現場の写真公開 20年記念(毎日新聞)
新規事業でサービス向上=斎藤日本郵政社長(時事通信)
舛添氏、新党結成は「詰めをやっているところ」(産経新聞)