みんなの党・江田氏、民主・渡部氏の「誘い」否定(産経新聞)

 みんなの党の江田憲司幹事長は25日の記者会見で、民主党の渡部恒三元衆院副議長が夏の参院選で与党が過半数割れしたらみんなの党との連立は避けられないとの見通しを示したことに対して「民主党は超大きな政府、みんなの党は小さな政府だ。みんなの党が考え方の違う政党と組むことは自殺行為だ」と述べ、参院選後に民主党との連立政権に参画する可能性を強く否定した。

 また「小党は大きな政党と組めば食いつぶされて朽ち果ててしまう。次の衆院選後の政界再編という大目標の過程で右顧左眄したり寄り道したりすることは絶対にない」とも強調した。

【関連記事】
みんなの党・渡辺代表「民主は自民のクローン」 連立も否定
小沢氏「郵政法案通っても国民新党と一緒にやる」
普天間迷走も支持率低下もあいつのせいだ
元カーレーサーの舘氏を擁立 みんなの党
みんな、たちあがれ・中川氏の長男、賢一氏を公認
虐待が子供に与える「傷」とは?

「競輪」にも仕分けのメス…還付事業など「廃止」と判定(スポーツ報知)
群馬・館林で33.4度=各地で真夏日―気象庁(時事通信)
点滴混入事件公判 「9日間は必要だった」。裁判員らが会見(産経新聞)
名古屋場所、組幹部観戦に親方2人が便宜(読売新聞)
FC東京・石川選手が追突事故=けがなし、脇見運転か―警視庁(時事通信)

山崎さん、16日に一時帰国=10日間滞在、千葉で報告会(時事通信)

 宇宙航空研究開発機構は13日、宇宙飛行士山崎直子さん(39)が16日から25日にかけ、一時帰国すると発表した。
 山崎さんは4月5日、米スペースシャトル「ディスカバリー」に搭乗。国際宇宙ステーション(ISS)で野口聡一さん(45)らと物資補給などの共同作業を行い、同月20日に帰還した。
 日本滞在中は、関係者を表敬訪問したり、出身地の千葉県松戸市で帰国報告会を開いたりする予定という。 

【関連ニュース】
〔特集〕日本人宇宙飛行士の軌跡
〔写真特集〕国際宇宙ステーション
〔写真特集〕宇宙の神秘 コズミックフォト
野口さんが宇宙授業=子供ら6人に
「日々に感謝」と野口さん=俳句テーマに故郷と交信

2010年度診療報酬改定で中小病院は?(医療介護CBニュース)
「10年度をボトムに確実に上げていく」―アステラス(医療介護CBニュース)
飲酒運転のクルマ、ショベルカーが逃走を阻止
仙酔峡の「ミヤマキリシマ」が見ごろ=熊本・阿蘇〔地域〕(時事通信)
県外移設、閣僚懇で要求=普天間問題で福島氏(時事通信)

カエルのゲノム解読=水から陸へ進化解明に手掛かり-再生医療にも貢献・国際チーム(時事通信)

 カエルの全遺伝情報(ゲノム)を米エネルギー省合同ゲノム研究所や奈良先端科学技術大学院大などの国際チームが解読し、30日付の米科学誌サイエンスに発表した。両生類のゲノム解読は初めて。水中の魚類がどのように陸上に進出したか、進化の解明が期待されるほか、手足を失っても再生する能力や皮膚の抗菌物質に関連する遺伝子群が、新たな医療や薬の開発に役立つとみられる。
 解読したのは、西アフリカに生息する体長約5センチのネッタイツメガエル。生物学の研究によく使われる近縁のアフリカツメガエルに比べ、半分の大きさで成長が早く、染色体がヒトと同様に2本ずつあるタイプのため、対象に選ばれた。
 DNAのサイズは約17億塩基対とヒトの約半分だが、たんぱく質を作る遺伝子数は約2万個と大差なかった。奈良先端大の荻野肇特任准教授によると、ヒトの遺伝子疾患に関与する遺伝子約2300個のうち8割がカエルにもあり、マウスより安い実験コストで研究できる。手足や目の網膜の再生をつかさどる遺伝子群を解明できれば、ヒトの再生医療に役立つという。
 魚類と陸上の四足動物は約4億5000万年前に分かれ、両生類は約3億6000万年前に、爬虫(はちゅう)類や鳥類、哺乳(ほにゅう)類の共通祖先と分岐したと推定される。ゲノムを比較すると、魚から四足動物への進化過程で、遺伝子の働かせ方が大きく変わったことが分かった。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕ミクロの世界
〔写真特集〕動物の赤ちゃん
砂で巡るアフリカ大陸=鳥取砂丘で展示始まる
ALSの原因遺伝子を発見=共通メカニズム解明の可能性
エゾシカ肉を食卓に=メタボ、貧血予防に効果も

<JR福知山線>追悼慰霊式…脱線事故から5年(毎日新聞)
「土佐大好きぜよ!!」宮迫博之さんの色紙盗難(読売新聞)
裁判員制度「合憲」 初判断「国民参加は許容」 東京高裁(産経新聞)
両親を傷害致死罪で起訴 1歳児虐待死事件 寝屋川(産経新聞)
小沢氏起訴相当 再捜査、検察に壁 聴取に時間、新証拠難しく(産経新聞)
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ