父親=当時(57)=に暴行を加え死なせたとして、傷害致死罪に問われた無職尾篭和幸被告(30)の裁判員裁判で、福岡地裁(鈴木浩美裁判長)は22日、懲役9年(求刑懲役10年)を言い渡した。4日間の審理の2日目、女性裁判員が解任された。この日の証人尋問では、争点となった凶器をめぐって遺体の傷の写真が法廷のモニターに映されており、これが影響した可能性がある。
 裁判員経験者によると、解任について裁判長らから説明はなかったという。記者会見した女性の一人は「ある程度の覚悟はして臨んだが(写真が)視界に入った瞬間は見られなかった。見なくてはならないものと言い聞かせて見た」と話した。
 同地裁は「裁判事項であり、プライバシーもあるので解任理由は明らかにできない」としている。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
信頼度高いのはNHKと新聞=メディアに関する世論調査
裁判員「言い分違い大変」=3被告審理、懲役7~8年
弁護側、減刑求め結審=性犯罪初の裁判員裁判の二審
選任手続き、手話通訳付けず=裁判員候補者の要望見落とす

衆院予算委スタート 「政治とカネ」問題で首相、「大変遺憾」(産経新聞)
空自次期輸送機の初飛行試験=機体不具合で大幅遅れ-川重(時事通信)
龍馬ゆかりの地を行く 水陸に利点ある京の拠点 酢屋(産経新聞)
峰崎財務副大臣が引退へ=参院選、後継に新人擁立-民主道連(時事通信)
アパート全焼 男性遺体発見 東大阪(産経新聞)