高校無償化法案で朝鮮学校を支給対象とするかの判断基準となる文部科学省令の内容について、川端達夫文部科学相は25日、高校の課程に類するかどうかの検討の場を設け、夏ごろに結論を出すことを明らかにした。参院文教科学委員会で水岡俊一氏(民主)の質問に答えた。

 川端文科相は、外国人学校について「高校に類する課程」かどうかの判断基準として、文科省が定める大学入学資格を参考に、本国政府が公的に日本の高校程度と認める場合や国際的に実績のある評価機関が認定するケースは対象とする考えを示した。

 さらに、この2条件には沿わないものの、大学側の審査によって生徒個々人について大学入学資格が認められている朝鮮学校などのケースについては「教育の専門家の検討の場で、客観的な判定の仕組みを議論してもらい第三の道を作ろうと考えている」と述べた。【本橋和夫】

【関連ニュース】
高校無償化:自治体は配慮を 川端文科相
高校無償化:朝鮮学校にも適用を 大学教授らが首相に要請
子ども手当:6月支給開始へ 高校無償化は4月
高校無償化:法案可決 子ども手当法案も 衆院本会議
高校無償化:衆院本会議で法案可決 4月実施へ

特定看護師創設、「今後を注視」―日医(医療介護CBニュース)
<橋下知事>「行政の大掃除を」枝野行政刷新相にエール (毎日新聞)
渋谷の温泉施設爆発、施工担当ら2人在宅起訴(読売新聞)
西日本中心に気温上昇、強風=大分で29.3度、記録続出-低気圧接近、警戒を(時事通信)
検察、有罪立証の方針=布川事件の再審公判(時事通信)