カエルの全遺伝情報(ゲノム)を米エネルギー省合同ゲノム研究所や奈良先端科学技術大学院大などの国際チームが解読し、30日付の米科学誌サイエンスに発表した。両生類のゲノム解読は初めて。水中の魚類がどのように陸上に進出したか、進化の解明が期待されるほか、手足を失っても再生する能力や皮膚の抗菌物質に関連する遺伝子群が、新たな医療や薬の開発に役立つとみられる。
 解読したのは、西アフリカに生息する体長約5センチのネッタイツメガエル。生物学の研究によく使われる近縁のアフリカツメガエルに比べ、半分の大きさで成長が早く、染色体がヒトと同様に2本ずつあるタイプのため、対象に選ばれた。
 DNAのサイズは約17億塩基対とヒトの約半分だが、たんぱく質を作る遺伝子数は約2万個と大差なかった。奈良先端大の荻野肇特任准教授によると、ヒトの遺伝子疾患に関与する遺伝子約2300個のうち8割がカエルにもあり、マウスより安い実験コストで研究できる。手足や目の網膜の再生をつかさどる遺伝子群を解明できれば、ヒトの再生医療に役立つという。
 魚類と陸上の四足動物は約4億5000万年前に分かれ、両生類は約3億6000万年前に、爬虫(はちゅう)類や鳥類、哺乳(ほにゅう)類の共通祖先と分岐したと推定される。ゲノムを比較すると、魚から四足動物への進化過程で、遺伝子の働かせ方が大きく変わったことが分かった。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕ミクロの世界
〔写真特集〕動物の赤ちゃん
砂で巡るアフリカ大陸=鳥取砂丘で展示始まる
ALSの原因遺伝子を発見=共通メカニズム解明の可能性
エゾシカ肉を食卓に=メタボ、貧血予防に効果も

<JR福知山線>追悼慰霊式…脱線事故から5年(毎日新聞)
「土佐大好きぜよ!!」宮迫博之さんの色紙盗難(読売新聞)
裁判員制度「合憲」 初判断「国民参加は許容」 東京高裁(産経新聞)
両親を傷害致死罪で起訴 1歳児虐待死事件 寝屋川(産経新聞)
小沢氏起訴相当 再捜査、検察に壁 聴取に時間、新証拠難しく(産経新聞)