みんなの党の江田憲司幹事長は25日の記者会見で、民主党の渡部恒三元衆院副議長が夏の参院選で与党が過半数割れしたらみんなの党との連立は避けられないとの見通しを示したことに対して「民主党は超大きな政府、みんなの党は小さな政府だ。みんなの党が考え方の違う政党と組むことは自殺行為だ」と述べ、参院選後に民主党との連立政権に参画する可能性を強く否定した。

 また「小党は大きな政党と組めば食いつぶされて朽ち果ててしまう。次の衆院選後の政界再編という大目標の過程で右顧左眄したり寄り道したりすることは絶対にない」とも強調した。

【関連記事】
みんなの党・渡辺代表「民主は自民のクローン」 連立も否定
小沢氏「郵政法案通っても国民新党と一緒にやる」
普天間迷走も支持率低下もあいつのせいだ
元カーレーサーの舘氏を擁立 みんなの党
みんな、たちあがれ・中川氏の長男、賢一氏を公認
虐待が子供に与える「傷」とは?

「競輪」にも仕分けのメス…還付事業など「廃止」と判定(スポーツ報知)
群馬・館林で33.4度=各地で真夏日―気象庁(時事通信)
点滴混入事件公判 「9日間は必要だった」。裁判員らが会見(産経新聞)
名古屋場所、組幹部観戦に親方2人が便宜(読売新聞)
FC東京・石川選手が追突事故=けがなし、脇見運転か―警視庁(時事通信)