中央社会保険医療協議会(中医協、会長=遠藤久夫・学習院大経済学部教授)は1月27日の総会で、来年度の診療報酬改定に向けて学会などから要望があった医療技術のうち、「画像誘導放射線治療(IGRT)」など72件について、新規の保険適用を了承した。また、「生体部分肺移植術」など11件については適応疾患を拡大する。2008年度の前回改定で新たに保険適用されたのは42件で、今回はこれを30件上回ることになる。

 来年度の報酬改定に向けては、学会などから726件(重複分を含めると896件)について、新規の保険適用や点数の見直しなどの要望があった。診療報酬調査専門組織の医療技術評価分科会とそのワーキンググループが、2段階による評価を実施。中医協が27日に了承した72件を、新しく保険適用する優先度が高い医療技術に位置付けていた。


【関連記事】
【中医協】小児入院医療管理料に「常勤医9人以上」の評価新設へ
【中医協】重点課題のうち入院関連の改定案を提示-厚労省
【中医協】NICUの退院調整加算など新設
【中医協】長期入院、毎月の「退院支援状況報告書」で減額せず
新規保険適用の優先度が高い技術は72件―医療技術評価分科会

核密約報告書提出、2月以降に延期(産経新聞)
土地所有は陸山会との「確認書」、作成日を偽装(読売新聞)
<裾野市長選>大橋俊二氏が5選(毎日新聞)
小沢氏 聴取23日に 「4時間程度」地検が伝達(毎日新聞)
首相、「起訴されないことを望む」発言撤回(読売新聞)