万博記念公園(大阪府吹田市)の日本庭園内の最大の池、心字池(しんじいけ)で、水底の泥をかき出す浚渫(しゅんせつ)が11年ぶりに行われた。水が濁っていたためニシキゴイの観賞に支障をきたしていたが、浚渫により池底の石敷きも見えるようになった。大阪万博から40年の節目を迎え、「大海」をイメージした本来の景観が戻りつつある。

[フォト]万博「日本庭園」40年前の景観に 11万本、初の本格伐採

 心字池は日本庭園の中央休憩所に面した面積1万1千平方メートルの池。ニシキゴイやマゴイなど魚が220匹、カメも30匹生息している。底に小さい石を敷き、置き石の石組みを織り交ぜた様式は、周囲のマツなどと合わせ江戸時代の作庭技法である「大海」をイメージしたという。

 日本万国博覧会記念機構によると、浚渫は開園後の40年間で11年ぶり4回目。2月初めから1カ月半かけて水をすべて抜き、750立方メートルの泥を除去した。

 日本庭園の管理はかつて、樹木の生育に重点が置かれていたが、枝葉が伸びて景観の構成が損なわれた。このため、大規模な剪定(せんてい)と間引きを始め、平成15年には細部にこだわった剪定に着手。現在は、心字池の周辺で木の高さを抑えたり枝を間引いたりして、休憩所から置き石が見えるよう微調整を行い、管理している。

 同機構は「日本庭園は昭和の名園。見る角度でイメージが変化する。心字池の周辺など園路を回遊してほしい」としている。

【関連記事】
太陽の塔に“第4の顔”「地底の太陽」を探せ! 万博記念機構が情報募集
資生堂が万博記念で上海限定の香水発売
エキスポランド跡地の活用論議が本格化 万博公園の府営化を表明
大阪湾クリーン作戦 くぼ地を埋め戻し 21カ所「青潮の原因」
バングラデシュ 水運スト 流れぬ「大動脈」
少子化を止めろ!

マンション火災、隣接小で避難 大阪・東成(産経新聞)
法定外厚生費に742億円 98独法、不適切な支出も(産経新聞)
パソコン200台詐取=容疑で元IT社員逮捕-警視庁(時事通信)
村井知事が再選不出馬表明へ=長野県(時事通信)
掛布さん、2審も敗訴…経営会社の借入金訴訟(読売新聞)