全国共通の電話番号で悪徳商法や製品事故などの相談を受け付ける「消費者ホットライン」の全国運用が12日、始まった。消費者庁発足から4カ月遅れのスタート。先行実施中の5県では周知不足で利用率が低迷しており、同庁は「積極的に広報し、被害者の声を拾いたい」としている。
 ホットラインは「0570(064)370(守ろうよみんなを)」にかければ、音声に従い居住地の郵便番号などを入力することで、最寄りの相談窓口に転送される仕組み。利用時間は窓口の開庁時間に準拠し、年末年始を除き無休。土日祝日は、相談を行う一部都道府県の窓口か、国民生活センターで対応する。転送後の通話は有料。 

鳩山元総務相も贈与税納税=5億3600万円、実母から資金提供で(時事通信)
水谷元幹部の名刺押収 石川議員事務所から(産経新聞)
ほかの信者も「治療」に参加=医療放棄の長男殺害-福岡県警(時事通信)
<調査捕鯨>シー・シェパードが発煙弾を投げ込み妨(毎日新聞)
政治とカネ、毅然と対応を=社民ブロック会議(時事通信)