1日午後4時15分ごろ、大阪市営地下鉄谷町線谷町六丁目-谷町九丁目間で、走行中の都島発文の里行き下り電車への送電が止まった。電車は惰性で走り、谷町九丁目駅に到着。送電をやり直して出発したが、天王寺駅の手前で再び停電した。同駅で点検したところ、車両下部に傘が引っ掛かっているのを発見、取り除いて運転を再開した。
 同市交通局によると、地下鉄は車両下部の鉄板とレール横の送電線を接触させて電気を流しているが、車両側に傘が引っ掛かり送電を妨害したとみられる。大阪市内は雨が降っており、乗客が乗り降りする際に傘を落とした可能性が高い。
 このトラブルで上下線計18本が遅れ、約1万3000人に影響が出た。 

【関連ニュース】
鉄道ファン運行妨害で被害届=線路内で撮影、運休19本-JR西
京王線車庫で一部車両脱線=ラッシュ時、3割運休

<世論調査>国会不信、若者の7割超す 総務省外郭団体(毎日新聞)
自民執行部は「谷垣おろし」の火消しに躍起 舛添氏は今日も批判(産経新聞)
チーズ、生クリーム増産に交付金=バターからの転換促す-農水省(時事通信)
<民主>「七奉行」が会合 参院選に向け意見交換(毎日新聞)
亀井氏が信金・信組に優遇措置 郵貯限度額引き上げで「アメ」(J-CASTニュース)