2006年6月、名古屋市中村区の民家が火災で崩落し、消火作業中だった同市消防局の消防士長太田英伸さん=当時(27)=が死亡したのは、安全配慮を怠ったのが原因として、両親が名古屋市を相手に計5000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が24日、名古屋地裁であり、多見谷寿郎裁判長は「事故は予見でき、作業をさせるべきではなかった」と述べ、市の責任を認めた。一方、公的給付金が既に支払われ、損害は補てんされているとして、請求は棄却した。 

【関連ニュース】
民家火災、焼け跡に2遺体=高齢夫婦か
死亡の男を書類送検=自宅に放火、一家4人死亡
「住宅」のまま用途変更せず=グループホーム火災
民家火災で2人死亡=48歳男性と84歳祖母か
民家火災で3人死傷=2階から遺体、10代の息子か

神崎、坂口両氏引退へ=衆院任期前に-公明(時事通信)
大阪厚生年金会館 夢見た歌舞台さらば 42年…今月で幕(産経新聞)
不明の女子高生か、雲仙で遺体発見(読売新聞)
「元教諭から性的虐待」民事2審で賠償増額(読売新聞)
<赤旗配布事件>元厚労課長補佐の控訴審結審(毎日新聞)