12日に開かれた「関西3空港懇談会」で、大阪府の橋下徹知事が存廃対象の空港名を明記しなければ「大阪府は降りる」と述べた発言をめぐり、大阪市の平松邦夫市長は同日、「自分の意見が受け容れられないからといって『府は降りる』というのは、政治家としてあるまじき発言だ」と橋下知事を批判した。

 懇談会後に報道陣の取材に応じた平松市長は、「大阪府以外はあそこまで(意見が)固まっているのに、なぜ大阪府がかき混ぜなければいけないのか」と指摘。「関空も伊丹空港も神戸空港も一緒に上がっていく方向を探ることが今、関西州を盛り上げていくためには必要だ」と述べた。

【関連記事】
止まらぬ橋下vs井戸、座長は「じゃんけんで決定?」 3空港懇
前兵庫知事「関空と神戸、合体を」 3空港で独自の提言
任命式に国歌斉唱導入、橋下知事「声が小さい!」
橋下知事のマニフェスト採点「公開を」 大阪府情報公開審が答申
橋下知事の廃港論なんの! 大阪空港にホテル開業
外国人地方参政権問題に一石

「起こるべくしておこった」石破氏、日米会談で普天間進展なし批判(産経新聞)
成田発着便も欠航相次ぐ…アイスランド噴火(読売新聞)
<ゆうちょ銀・かんぽ>新規事業の参入規制緩和で最終調整(毎日新聞)
鳩山首相「食の安全を守る」 米国産牛肉交渉再開(産経新聞)
TOSHIが関係していたホームオブハートと元参加者が和解(産経新聞)