日本画家の小泉淳作さん(85)=神奈川県鎌倉市=が、奈良市の東大寺本坊のふすま絵40面を制作し20日、奉納式が行われた。大仏を前に行われた式では、作品のうち、華麗な「東大寺本坊の桜」が披露された。

 東大寺は華厳宗の大本山で、細かいちりの中にも全世界が投影されるとする華厳経の宗教観を表すふすま絵の制作を依頼。小泉さんは、平成18年5月から本格的にふすま絵の制作に取り組み、平城遷都1300年に当たる今年に奉納することになった。

 披露された「東大寺本坊の桜」は4面から成り、縦約2メートル、横約3.8メートルの大作。満開となった境内のサクラをみやびやかに描いている。式には小泉さんらが出席し、僧侶が法要を営んだ。

 ほかの作品は東大寺の広間を飾るのにふさわしい「蓮池」「鳳凰(ほうおう)」「飛天」など。制作には横河電機(東京都)が協力。9月には都内で全面が一般公開される予定。

【関連記事】
創建時こんな色!実物大「奈良の大仏」が出現 難波宮跡公園
奈良の大安寺遷寺1300年 国際交流の歴史アピールへ
すごかった花見客!豊臣秀吉も愛した一目千本の吉野桜
奈良の矢ジカ事件 女性従業員も逮捕
奈良の大仏にワイン奉納 仏ブルゴーニュの名門6家
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

携帯電話で市民税納付可能に 調布市(産経新聞)
「東国原、橋下氏とは政策連携」舛添氏、新党を否定 午後会談へ (産経新聞)
岡部まり氏を民主擁立、14日に正式表明へ(読売新聞)
<おじさん犬>警察犬試験に挑戦3度目 実はあがり性(毎日新聞)
雑記帳 猿撃退に虎のぬいぐるみ 愛知・岡崎(毎日新聞)