女教師として僕についてくれた家庭教師の先生とこんな約束をしたんだ。

もし今度のテストでこの点数以上取れたら筆下ろししてほしい。

そう言うとその女性は少し迷った顔をしてその願いを聞き入れてくれた。

そして問題のテストでは想像以上の力を発揮してその指定された点数はゆうに超えることができたんだ。

そしてその達成感のなか僕は彼女にそのチンコを弄んでもらうためにウキウキしながらお風呂でチンコを綺麗に洗っていたときだった。