民主党の平田健二参院国対委員長は26日の記者会見で、郵政改革法案をめぐって亀井静香郵政改革・金融相や仙谷由人国家戦略担当相らが対立していることについて、「あの顔ぶれを見てごらん。普段から一言二言多い人たちばっかりの集まりだから。それぐらいのことはあるだろう」と述べ、事態は早期に収拾されるとの見方を示した。

 平田氏は「あなた方(マスコミ)が閣内不一致だとか不協和音だといっても、彼ら自身はあまり感じてないんだよね」と論評してみせた。

【関連記事】
郵政改革法案、内閣バラバラ 亀井氏「決めた」、仙谷氏「再検討」 
郵政改革素案 金融界の反発激しく 限度額上げ?巨大「官業」に焦り
郵政改革素案 巨大公社化は許されない
亀井郵政改革相「決定プロセスは元に戻さない」
郵政法案骨子で原口総務相「混乱と思わない」
あれから、15年 地下鉄サリン事件

水道止められ、激怒した男の言い訳 (産経新聞)
生方氏解任は強権的=自民総裁(時事通信)
小沢幹事長の辞任望ましい、枝野刷新相が示唆(読売新聞)
児童虐待、過去最多の725件=09年の人権侵犯-法務省(時事通信)
11兆円の追加対策案発表=国民新(時事通信)