「多勢に無勢だった」

 岡田克也外相は30日午後(日本時間31日未明)、オタワ郊外のガティノーで行われた主要国(G8)外相会合後、日本記者団に対し、核軍縮・不拡散の問題で議論を主導できなかったことへの不満をもらした。

 外相声明で「『核兵器の役割を減ずる』くらいの書き込みはしたかった」という岡田氏だが、「核保有国との見解の相違を乗り越えられなかった」という。

 また、共同記者会見で自らへの質問がなかったことに「日本の代表の発言の機会がなくなったことに、若干いかがなものかという感じがする。イランの核の話を聞いていただければ、世界に発信できた」と、記者団にすねてみせた。(ガティノー=今堀守通)

【関連記事】
「持続可能な基地が重要」 普天間問題で米国防総省報道官
普天間移設 首相の無定見は目に余る
岡田外相がゲーツ米国防長官と会談 米側は海兵隊の重要性を強調
普天間問題 岡田外相「ゼロベースで検討中」
岡田外相、マニフェスト見直しは不可避「すべては無理」
あれから、15年 地下鉄サリン事件

黄長ヨプ氏来日 故金日成主席側近 拉致被害者らに面会も (産経新聞)
与謝野元財務相 離党届を提出 新党結成へ動き活発化(毎日新聞)
大イチョウから無数の芽=「大切にしたい」-鶴岡八幡宮(時事通信)
<与謝野氏離党>谷垣氏「残念」、亀井氏「今後の行動期待」(毎日新聞)
<梅田北ヤード>1期区域の造成工事始まる(毎日新聞)