城下町の風情を残す鳥取市鹿野町に観光客の立ち寄り施設「鹿野往来交流館・童里夢(どりーむ)」が完成、3日にオープンする。喫茶や土産物コーナー、展示ギャラリーのほか、会議などに使える貸し出し用の和室を整備。地元関係者らは、新たな観光拠点にと期待している。

 平成6年に旧鹿野町が始め、合併後に同市が引き継いだ町並み整備事業の一環。同施設は昨年10月から工事が進められていた。旧山東農協の跡地約1650平方メートルに、県産材で延べ410平方メートルの和風建築が完成した。

 同事業ではこれまで、城下町の雰囲気にマッチしたカラー舗装や常夜燈、あい染め体験工房に観光案内所などを併設した「鹿野ゆめ本陣」、地元食材によるメニューが売り物の飲食施設「夢こみち」などを整備してきた。風情を味わえる散策ルートとして観光客らにも好評で、童里夢のオープンにより、さらに受け入れ態勢が整う。

 同町は観光地としての認知度も高まりつつあり、昨年は1万7千人が来訪。地元では、観光客の増加傾向が続くと見込んでいる。

【関連記事】
チューリップなど見ごろ間近、淡路島の花みどりフェア好評
広島・宮島で「こども神楽祭り」
“幻の魚”リュウグウノツカイに驚き 萩博物館で公開
姫路城の桜が開花 兵庫
宮島で清盛まつり 厳島神社への武者行列再現

「金返してくれないからやった」 車に男性監禁、容疑の男2人逮捕(産経新聞)
<春の新聞週間>福山雅治さん、小泉今日子さんに聞く(毎日新聞)
<雇用調整助成金>不正受給2億円 厚労省が対策強化へ(毎日新聞)
警視庁科学捜査研究所でガラスが破裂 (産経新聞)
「選挙なら捕まる」「許されない」=閣僚から発言-若林氏問題(時事通信)