憲法改正の手続きを定めた国民投票法が18日施行される。これに伴い改正原案の国会提出が可能となる。しかし、原案を審議する衆参両院の憲法審査会は、与野党対立や民主党政権の誕生などの影響で休眠状態が続いている。改正原案が提出されても審議できる環境にないのが実情だ。
 国民投票法は、改憲に積極的だった安倍内閣当時の2007年5月、自民、公明両党の賛成多数で成立した。施行後は衆院100人以上、参院50人以上の賛同で改正原案を国会に提出できる。原案が両院で可決され、改正が発議されると60―180日以内に国民投票が行われ、半数以上の賛成で承認される仕組みだ。
 同法は、成人年齢の18歳への引き下げを前提に、国民投票の有権者を18歳以上の国民と定めた。しかし、民法など関係法令の改正は進んでおらず、当面は20歳以上が対象となる。 

【関連ニュース】
官房長官、18歳成人へ環境整備=国民投票法施行で閣僚

首相、知事会長に協力要請「沖縄の負担を少しでも軽くしたい」(産経新聞)
被害者の軽乗用車発見=76歳男性殺害、放火事件―千葉県警(時事通信)
普天間移設最終案、5月決着を事実上断念(読売新聞)
DPC病院拡大で後発品売上高が20%増加―日本ケミファ(医療介護CBニュース)
<環境教育セミナー>「生物文化多様性とアニミズム」テーマに 6月5日開催(毎日新聞)