こちら極東基地

私的探偵小説読書録。

『不死蝶』 著:横溝正史

 春陽文庫『不死蝶』
 角川文庫『不死蝶』(絶版) 

 金田一耕助のもとに仕事依頼の手紙とその仕事の依頼を断われという脅迫状がほぼ同時に届く。興味をかきたてられた金田一耕助は依頼主のいる長野県の湖畔の町・射水へ赴く。町には玉造家と矢部家という名家があり、双方先祖代々にわたる仇敵であった。
 金田一耕助が町を訪れるのとほぼ時を同じくして鮎川マリなる女性が町にやってきていた。日系二世でブラジルのコーヒー王の娘である彼女が来日した理由は、23年前鍾乳洞で矢部家の次男英二が玉造家の娘朋子の手で殺された事件について、朋子の無実を明かすためであった。
 23年前の矢部英二殺害事件の関係者たちの様々な思惑をよそに再び鍾乳洞で殺人事件が発生する……。

 「不死鳥」は雑誌『平凡』昭和28年6月号〜11月号まで連載された作品で、のち加筆修正された作品。一般に広まっている金田一耕助的イメージが比較的あてはまる作品となっており、都会から離れた地方の事件・対立する二大勢力・曰くつきの過去の事件などなどお馴染みの要素がみられる。こと鍾乳洞が作中効果的に使われており、

『金田一耕助はかつて手がけた、『八つ墓村』のあの恐ろしい連続殺人事件のさいの、鍾乳洞の殺人を思い出していた。』

という一文があるなど金田一耕助の事件簿としての味も引き出している。田治見辰弥の一人称視点で描かれる『八つ墓村』と、金田一耕助の視点で描かれる『不死蝶』を比較して楽しむのも面白いかもしれない。

 鍾乳洞という光のとどかない闇の中で起きる事件ということで、鍾乳洞で暗躍する見えない犯人にスリルを感じると思われるが、読んでみると全体的に怪奇色は感じられず、どちらかというと幻想的な雰囲気が漂っているように感じられる。鍾乳洞を介した人の動きによるものが話のメインとなるため推理としては弱いか。

 横溝正史の作品の中では小粒で目立たない作品であるが、私が横溝正史に出会った最初期に読んだタイトルで個人的に思い入れのある作品の一つである。手に取った理由としてはタイトルから受ける印象が一番大きい。この当時から横溝正史のタイトルのセンスに魅せられていたのだろう。

『虹男』 著:角田喜久雄

春陽文庫『虹男』(絶版)
岩谷書店『別冊宝石 角田喜久雄読本』収録(絶版)


 口から虹を吐き、その虹で人を殺すという虹男の伝説が伝わる麻耶家。ひとりの女性を巡り麻耶家を襲う連続殺人。被害者はみな死の直前に虹が発生し得ない環境で虹を目撃し死んでいく……。

 戦前、十四歳という若さで懸賞小説に投稿した作品が入選するなど若くしてその才能を開花させた角田喜久雄。角田喜久雄の探偵小説というと戦後すぐの『高木家の惨劇』が横溝正史『本陣殺人事件』とならび本格推理小説の嚆矢として有名である。『虹男』は『高木家〜』発表の翌年昭和22年に発表された作品である。

 この作品には読み手の気を惹く小道具がふんだんに盛り込まれている。謎を秘めた一族、大昔に端を発する奇妙な伝説、得体の知れない怪人など上げればきりがない。しかし探偵小説然とした血と因習という題材を扱う一方で著者は舞台として東京を選択し、麻耶家の屋敷も洋風という設定を採用している。横溝正史の金田一耕助シリーズの影響で血と因習=地方というイメージが植えつけられていると、題材と舞台がミスマッチに思われるかもしれないが、著者が得意とする都会の描写でもって近代的な見識を持ちながらも伝説と血に囚われる一族の風景を不気味に描き出している。

 探偵小説的な小道具や描写が用いられる一方で物語のサスペンス性が強く、虹を見た人物が次々と死んでいく光景は時限爆弾を仕掛けられたようなスリルを感じさせる。虹の正体に対する驚きは少ないが、一族を恐怖に陥れる光景は欠点を補って余りある効果を作品にもたらしたといっていい。

 そして様々な工夫を凝らし惹きこまれたラストに訪れるのは哀愁。惹きこまれば惹きこまれるほど、主人公の心に残る悲しみが我が事のように伝わってくる。

 昭和22年といえば坂口安吾『不連続殺人事件』、横溝正史『獄門島』、高木彬光『刺青殺人事件』といった戦後を代表する作品が数々発表されている。トリックという点においてはこれらの作品に劣るが、探偵小説としての完成度において『虹男』は決して見劣りしない作品であると思われる。

 2008年現在、収録された書籍がことごとく絶版となっているともに、角田喜久雄の全集にも収められておらず読むことが困難であり、非常に残念でならない。入手困難ではあるが読んで損はない作品、機会があればぜひとも読んでいただきたい。

ご挨拶

 長いこと放置していましたが、心機一転して再開することにしました。タイトルはそのままながら読んだ小説のレビューを行うブログです。
 
 ジャンルは主に探偵小説と推理小説です。古今東西といいたいところですが、横溝正史の世界観に魅せられてからというもの江戸川乱歩をはじめとし甲賀三郎・大下宇陀児・角田喜久雄といった作品を愛好しているため国内古典中心になるかと思われます。

 尚、カテゴリは明治以前・大正期・昭和初期、以降は10年ごとに区別されます。これは各小説作品を発表年代に分けることでその年代ごとの特色などがわかるのではないかと思ったからです。「この作品とあの作品が同じ時期の作品だったんだ」という驚きもあるかもしれません。そのため一冊の本を紹介するのではなく、短編・長編長さは関係なく一つの作品として紹介していこうと思います。

 このブログが探偵小説・推理小説を愛好される方との繋がりになればと願っています。どうぞよろしくお願いします。


12/7追記
・戦後の作品を5年後との区別に変更しました。
・年代とは別に長編・中篇・短編分類も行いました。
  短編:50P以下程度
  中篇:100P以下程度
  長編:上記以上
プロフ
訪問者数
  • 累計:

年代別カテゴリ
明治時代以前
大正時代
昭和初期(〜1944)
1945〜1949
1950〜1954 ・ 1955〜1959
1960〜1964 ・ 1965〜1969
1970〜1974 ・ 1975〜1979
1980〜1984 ・ 1985〜1989
1990〜1994 ・ 1995〜1999
2000〜2004 ・ 2005〜2009
形式別カテゴリ
長編小説 ・中編小説・ 短編小説
最新コメント
  • ライブドアブログ