春陽文庫『不死蝶』
 角川文庫『不死蝶』(絶版) 

 金田一耕助のもとに仕事依頼の手紙とその仕事の依頼を断われという脅迫状がほぼ同時に届く。興味をかきたてられた金田一耕助は依頼主のいる長野県の湖畔の町・射水へ赴く。町には玉造家と矢部家という名家があり、双方先祖代々にわたる仇敵であった。
 金田一耕助が町を訪れるのとほぼ時を同じくして鮎川マリなる女性が町にやってきていた。日系二世でブラジルのコーヒー王の娘である彼女が来日した理由は、23年前鍾乳洞で矢部家の次男英二が玉造家の娘朋子の手で殺された事件について、朋子の無実を明かすためであった。
 23年前の矢部英二殺害事件の関係者たちの様々な思惑をよそに再び鍾乳洞で殺人事件が発生する……。

 「不死鳥」は雑誌『平凡』昭和28年6月号〜11月号まで連載された作品で、のち加筆修正された作品。一般に広まっている金田一耕助的イメージが比較的あてはまる作品となっており、都会から離れた地方の事件・対立する二大勢力・曰くつきの過去の事件などなどお馴染みの要素がみられる。こと鍾乳洞が作中効果的に使われており、

『金田一耕助はかつて手がけた、『八つ墓村』のあの恐ろしい連続殺人事件のさいの、鍾乳洞の殺人を思い出していた。』

という一文があるなど金田一耕助の事件簿としての味も引き出している。田治見辰弥の一人称視点で描かれる『八つ墓村』と、金田一耕助の視点で描かれる『不死蝶』を比較して楽しむのも面白いかもしれない。

 鍾乳洞という光のとどかない闇の中で起きる事件ということで、鍾乳洞で暗躍する見えない犯人にスリルを感じると思われるが、読んでみると全体的に怪奇色は感じられず、どちらかというと幻想的な雰囲気が漂っているように感じられる。鍾乳洞を介した人の動きによるものが話のメインとなるため推理としては弱いか。

 横溝正史の作品の中では小粒で目立たない作品であるが、私が横溝正史に出会った最初期に読んだタイトルで個人的に思い入れのある作品の一つである。手に取った理由としてはタイトルから受ける印象が一番大きい。この当時から横溝正史のタイトルのセンスに魅せられていたのだろう。