創元推理文庫『銀座幽霊』所収

 ある霧の深い夜、汐巻灯台の灯が突然消えた。近くの臨海試験所で働く職員は異変を感じ、すぐさま灯台に駆けつけた。職員たちは灯台の前で技手と小使出会った。技手は灯台内部と無線が繋がらないことを説明したが、小使は震えながら、
「……はい……ゆ、幽霊が、出ましただ……」
といった。

 大阪圭吉は戦前の大家・甲賀三郎の推薦でデビューした戦前作家である。当時珍しい物理トリックを中心に添えた探偵小説を多く執筆しており、その他時勢柄スパイ小説も執筆した。その後兵隊に召集され、昭和二十年七月二日フィリピンはルソン島で戦死している。「灯台鬼」は『新青年』昭和十年十二月号に発表された作品である。

 戦前作家となると江戸川乱歩・甲賀三郎・木々高太郎といった著名な作家以外は、度々発行される『新青年』傑作選などのアンソロジーで名前が見られる程度である。最近は論創社の論創ミステリ叢書で戦前のマイナー作家の作品がアンソロジーではなく作家ごとにまとめられているが、一般の人が接する機会は極めて少ないだろう。しかしながら大阪圭吉は創元推理文庫で作品がまとめられている以外にも様々なアンソロジーに紹介されており、比較的容易に接することが可能である。ことに「灯台鬼」は戦前を代表する密室トリックとして鮎川哲也(※1)や有栖川有栖(※2)らに紹介されており、評価も高い作品である。

 導入部を上に記したが早速「幽霊」という語が登場している。物語の流れの中で幽霊を想起させる展開は怪奇・幻想を重視した当時の探偵小説では多く見られたものであるが、大阪圭吉も「銀座幽霊」「石塀幽霊」「幽霊妻」など多くの作品で用いている。ただ幽霊という語を用いるだけでなく作中の雰囲気には気を使っている。

 私達の勤めている臨海試験場の恰度真向いに見える汐巻灯台の灯が、何の音沙汰もなく突然吹き消すように消えてしまったのは、空気のドンヨリと粘った、北太平洋名物の紗幕のような海霧の深い或るある真夜中のことであった。

『冒頭部の抜粋であるがいかにもな雰囲気を醸し出していることがわかる。大阪圭 吉氏の作品は冒頭にも観られる「ドンヨリ」のようなカタカナや、外来語に漢字を 用いカタカナでルビを打つことで生じる独特な文章の雰囲気が怪奇色と合わさり効 果をあげていると思われる。』

 また怪奇性は文章だけでなくトリックとその伏線の中に効果的に描かれている。技手と小使にであった後主人公たちは問題の灯台に上がっていくのであるが、そこで事件発生直後幽霊の声を聞いたという証言や、割れた窓からねッとりと水に濡れた謎の赤い物体が海へ向かって飛び込んだという目撃談が関係者から寄せられる。大の男二人でも持ち上げられないほどの巨石が灯台の頂上にあったことと、事件発生直後たった一つの出入り口である螺旋階段に犯人の姿が見えなかったこともあわせて奇奇怪怪の展開である。

 当然のことながらこれらが一つの線で結ばれ解決をみるわけであるが、この作品で用いられるトリックは非常に大胆且つ奇抜なもので、後年の島田一男や島田荘司の推理小説のトリックで発想の接点が見られる。いかに大阪圭吉が最先端をいっていたかがわかる。

長編を残すことなく戦争でこの世を去ったことが非常に残念でならない。

(※1)……講談社文庫『密室探求 第一集』編:鮎川哲也
(※2)……現代書林『有栖川有栖の密室大図鑑』著:有栖川有栖