こちら極東基地

私的探偵小説読書録。

大正期

「人工心臓」 著:小酒井不木

 国書刊行会『人工心臓』収録
 春陽文庫『大雷雨夜の殺人』収録

 人工心臓の製造を夢見る夫と、その研究を支える妻。彼らは様々な実験を繰り返し、研究を続け人工心臓を形あるものにしていく。しかし、その研究の途上で妻が病に倒れる……。

帝大の教授として活躍する一方で日本に探偵小説が根付く以前から探偵小説に興味を持ち、江戸川乱歩のデビュー作「二銭銅貨」に推薦文を寄せている小酒井不木。江戸川乱歩をデビューさせた雑誌『新青年』初代編集長・森下雨村の後押しもあり、小酒井不木は探偵小説に関するエッセイだけにとどまらず自ら創作活動に勤しむこととなる。探偵小説の黎明期を知るキーパーソンの一人である。

 大正十五年一月雑誌『大衆文芸』に発表された「人工心臓」は小酒井不木の代表作であると同時に、戦前探偵小説の体系を示す作品である。上記のあらすじにあるようにこの作品は人工的に心臓を作り出そうとするある研究家夫婦の様子を描いた作品であるが、一般に「探偵」あるいは「探偵小説」という言葉から想像されるだろう複雑難解な事件の解決というシーンは一つもない。現代の推理小説・ミステリーといった作品とは全く趣を異にする。

 当時日本にはSFという言葉がなく、探偵小説という名の下に出版されていた。単純にジャンルとして存在しなかっただけでなく、探偵小説として売り出すことで探偵小説を求める読者層に購買意欲を持たせようとした、とする考えもある(※1)。作家名を挙げると海野十三・蘭郁二郎・国枝四郎の諸作はその影響を大きく受けているといっていい。そのような意味において「人工心臓」は探偵小説なのである。日本探偵小説界の黎明期に発表されたこの作品が探偵小説とされることは、探偵小説から推理小説というジャンルの流れだけではなく、大衆文学にと探偵小説の関係を示す重要な資料の一つともいえるのではなかろうか。

 「人工心臓」のテーマは機械の限界と無機性にあると思われる。永遠の命を追い求め完成を目指す人の手により生み出される心臓。その果ての悲劇。現代では自然と機械の調和と謳われている様々なものを見かけるが、「人工心臓」では機械は生きる肉と消して相容れぬ存在としている。機械を無機性として決定付けている点に時代の思想の差異が感じられる。この悲劇が医学知識を持つ著者により、単なる荒唐無稽なSFで終わらずどこかリアリティを保持している印象の強さがが、この作品を後世に伝わる小酒井不木の代表作ならしめている最大の点ではなかろうか。

(※1)…講談社文庫『本格ミステリー宣言』島田荘司

「お文の魂」 著:岡本綺堂

 光文社文庫『半七捕物帳 1』収録
 春陽文庫『半七捕物帳 1』収録
 創元推理文庫『日本探偵小説全集 名作集1』収録

 旗本・松本彦太郎のもとに嫁いだ筈の妹のお道が娘のお春を連れて戻ってきた。お道は嫁ぎ先の小幡伊織のもとにはもう居られないからかくまってくれと訴える。理由を尋ねてもなかなか話そうとしないお道が途方にくれ訴えたことには、夜な夜なお道の枕元にびしょ濡れの着物を着た女性の幽霊が現れるというのである。お春も「ふみが来た、ふみが来た」と泣き叫ぶ。そのような晩が四日続いたので家を出てきたという。彦太郎は小幡と相談し、お道とお春が寝ているところを観察することにするが……。

 捕物帳とは何か。時代小説と探偵小説が融合したものをイメージしていただくといいだろう。旧幕の時代を舞台とし、現在と異なる文化・思想・風習に彩られた世界で発生する事件をキャラクターが解決する。探偵小説との融合と書いたがその繋がりは深く、太平洋戦争が激化し探偵小説が発行禁止になると、多くの探偵作家が規制されていなかった捕物帳を執筆して時代を繋いだ。作家・北村薫は、

「現代において推理小説全集を編む場合、捕物帳をはずすことなど考えられない」

と述べている(※1)。捕物帳は横溝正史の『人形佐七捕物帳』をはじめ、城昌幸・久生十蘭・坂口安吾といった探偵小説に縁ある人々によって執筆され、多くの傑作が生み出された。日本の探偵小説界に多大な影響を与えた捕物帳の嚆矢となったのが岡本綺堂の『半七捕物帳』である。「お文の魂」は『文芸倶楽部』で大正六年に発表された『半七捕物帳』の記念すべき第一作である。

 旗本・松村彦太郎が嫁いだ妹の身に起こる奇怪な現象に頭を悩ませるが、武士としての立場が立場ゆえ大っぴらにできず、気心の知れた友人に秘密裏の捜査を依頼するという人の動き、世間体というものが現代にはない時代小説としての一面をうかがわせる。その一方で明るいキャラクターで登場し、颯爽と不可思議な事件を論理的に解決してしまう半七の活躍はまさしく探偵小説である。「お文の魂」も現代的なトリックこそ皆無であるが、妹とその娘の心霊体験の正体は物語として十分楽しめる。

 『半七捕物帳』自体が日本探偵小説黎明期の作品であり、現代的なトリックという点においてはおよそ及ばないものである。決して色あせることのない物語であることは確かだ。現代ミステリーしか読まないという方にも、ぜひとも勇気を出して手に取っていただきたい。きっと今まで味わったことのない古いけど新しい“ミステリー”に出会えることだろう。

(※1) 創元推理文庫『日本探偵小説全集 名作選1』解説
プロフ
訪問者数
  • 累計:

年代別カテゴリ
明治時代以前
大正時代
昭和初期(〜1944)
1945〜1949
1950〜1954 ・ 1955〜1959
1960〜1964 ・ 1965〜1969
1970〜1974 ・ 1975〜1979
1980〜1984 ・ 1985〜1989
1990〜1994 ・ 1995〜1999
2000〜2004 ・ 2005〜2009
形式別カテゴリ
長編小説 ・中編小説・ 短編小説
最新コメント
  • ライブドアブログ