筑後川水系で20日、九州で最も早くアユ漁が解禁された。上流の大分県日田市天瀬町の玖珠川では、夜明けとともに太公望が繰り出し、今シーズン初の友釣りを楽しんだ。

【関連写真特集】春の風物詩:稚アユの遡上 元気に跳びはねるアユ

 天ケ瀬温泉街を流れる玖珠川は岩場の好ポイント。前夜からの雨でやや濁っていたが、約30人が思い思いにサオを出していた。約30分間で3匹を釣り上げた熊本県合志市の会社員(35)は「次の手応えを待つ快感はひとしお」。

 日田漁協は今春、玖珠、三隈、大山の3河川に稚魚130万匹を放流した。江藤英二組合長は「今年は大型連休以降の好天でエサの新ゴケがよく育ち、釣果が期待できそう」と話している。【楢原義則】

【関連ニュース】
<毎日水族館>元気に跳びはねるアユの稚魚
<関連記事>アユ漁:早くも解禁--闘竜灘 /兵庫
<関連記事>多摩川:アユの遡上ピーク
<関連記事>ガリ漁:アユ解禁、待ち遠しい 「新人漁師」安井さん、木舟の修理に汗流す /愛知
<関連記事>アユ:威勢よく初競り--岐阜

約3年半前の殺人容疑 暴力団幹部3人逮捕(産経新聞)
卵巣がん関連の診断群5分類を出来高に―DPC分科会(医療介護CBニュース)
安倍元首相らが審議拒否案、5月末決着出来ねば(読売新聞)
昨年のOTC市場、第一類医薬品で明暗(医療介護CBニュース)
もんじゅ、点検のため一時停止 再起動は22日に(産経新聞)