2006年03月

2006年03月25日

じゅおん

爆笑w
ドリフかと思ったwwww

白塗りの女子高生が三人で追っかけてくるあたりとか吹いたww

といいつつ、全体的に見れば結構怖いところもあったりして、、
面白い作品。。
複数視点での群像劇の手法を取り入れたようなやり方は嫌いじゃない。。


g430058 at 09:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年03月24日

小旅行

江ノ電に乗ってみたい!!という真摯な願いを胸に秘め、一泊二日で鎌倉に行ってきた。。

湘南新宿ラインに乗り込み、東京から一本で宿のある藤沢駅へ。。
宿泊先は湘南グランドホテル。一泊朝食つきで一人あたり六千円。。楽天トラベルさまさま。
結婚式なんかも良く行われる綺麗なホテル。。
部屋も清潔で、、トイレにはウォシュレットも。値段の割に満足。。

そこから江ノ電で一路江ノ島へ。
緑色の小さな車体で、住宅街の真っ只中を抜け、海沿いに。
人家の裏庭を走っているような感覚。。海を臨む車窓。
なんとなく、江ノ電ファンの気持ちが分かるような気がした。
いーよ、江ノ電!

ちなみにこの日の鎌倉はありえない突風が巻き起こり、海は大シケ。
話をするのはおろか歩行さえも困難な状況にw
海岸沿いを歩くと、あっという間に身体中の穴と言う穴から砂が入り込むww
そんな状況の中、江ノ島神社でおみくじを引いてみたら、、水難に注意と出た。
おそるべし、神仏!
ちなみに、江ノ島神社に祭られているのは裸弁才天という天女様。。
当然像も素っ裸w白い肌に赤いびわを抱えた姿はなんともシュール。。必見。

江ノ島でもう一つ、必見のスポットが岩屋。。
海の侵食で出来た自然の洞窟の中を、蝋燭を手に進むという、男の冒険ロマンをくすぐる場所なのさー。。

江ノ島は島全体が竜神信仰に包まれていて、そういうスポットを巡るのがかなり楽しい。。
その昔江ノ島のあたりの海で暴れていた龍を美しい天女がなだめたと言う伝説。
天女に恋をした竜神は、悪行をやめ改心し、天に昇っていったという。
その天女様が、裸弁才天として祭られているのだ。
寺社仏閣にあまり興味のない人でも、ここ江ノ島はとっつきやすい。
伝説も色恋沙汰がベースで分かりやすいし☆

江ノ島を離れた後は、、夜の鎌倉小町通でそばと日本酒を楽しみ、初日終了。

二日目は、初日の風はやみ、穏やかな天気に。。
またもや江ノ電で、長谷の高徳院に向かう。。
言わずと知れた鎌倉大仏。。
意外にリアル。なんか今にも動き出しそう。
夜中にずごごごごと動き始める大仏を想像して、ウケる。
ちなみに背中側に回ると、小窓が二つぱかっと開いている。
大仏の背中を割るように開く外開きの窓。。シュールな背中にまたしてもウケる。
二十円を払って大仏様の胎内拝観。。
大仏様は張りぼてだったと言う衝撃の事実w
大仏の胎内でキスという、かなーり罰当たりな行為をして、拝観終了。
仏罰がきませんようにw
今回の旅で思ったのだが、鎌倉地区の寺社は基本的に拝観料が安い。
とっても大抵百円とか二百円とか。。
京都のお寺の方々にもそこは見習ってもらいたいもの。

長谷から江ノ電で鎌倉に向かい、若宮大路をぬけて鶴岡八幡宮へ。。
これで鎌倉のたびは終了。。

ちなみに、今回の旅行で大活躍したのが、、
東京圏からの往復と、鎌倉地区のフリー乗車券(二日分)がセットになった、
JRの湘南鎌倉フリー切符。。
往復の運賃と、、江ノ電・湘南モノレール・鎌倉地区のJRの二日間乗り放題で、
2000円未満(山手線内から)と言う大変お得な切符。。都内のJR自動券売機および緑の窓口で好評発売中!以上、宣伝。。

帰りがけに途中下車で、横浜へ。。
みなとみらい線を取材に来ていた観光のテレビ局KBSにインタビューされるというハプニングもありつつ。。
予め駅の用意したコメントを言わされ、テレビの裏側を知る。ビバ、捏造報道!

雨の中夜の中華街。香港の映画に出てきそうな雰囲気。路地裏にマフィアとかいそうなw
大通りから一本入ったわき道で格安のコースを。。
中華街は基本的に脇道に安い店が多い気がする。。そしてまぁそういう店に限って接客のクオリティがちょっとあれだったりするわけだが、それが逆に中国を感じさせて良かったり。。

帰りは山下公園からシーバスに乗り込み、、横浜駅東口へ。。
船から見る横浜の夜景はかなり絶景。。
間近で見ると余りに人が居なくて別の意味で泣きたくなるコスモワールドも、海の上からはその美しさで涙を誘う。。
わずか三十分の船旅だが、、かなり満足。。
将来について話すうちに、なんだか泣きそうになったりして。。
これから十年後、二十年後、果たしてどうなっているか。。
希薄な現実感と、先の見通せない漆黒の中、、ただ生きている日々にはそれも分からないけれど。。それでも、不確かな約束を口にしながら、先へ進んでいく。。

失うのが怖いからと求めることをしないより、、
例え全てを失って、絶望のふちに叩き落とされるとしても、
つかの間の幸福を手に入れようともがきたい。。
そんなことを考えながら、、さいたまへ。。


g430058 at 06:13|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2006年03月21日

東京ベルリン

友人と六本木ヒルズの森美術館に行ってきた。
東京−ベルリン展。。
戦前から戦後にかけて、ドイツと日本の芸術の相互影響。
表現主義。ダダイズム。バウハウス。

芸術にはあんま詳しくない自分だけど、、一緒に言った博学な友達のおかげでいろいろと楽しめました。。自分に無い知識を持っている友達と一緒にいると、絶えず新しい価値に触れられて楽しい。。

帰りがけに東京シティビューから夕日の沈む瞬間を見つつ。。
神の視点。

g430058 at 08:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年03月17日

二泊三日で

サークルの合宿に行ってきましたよっと。。
房総半島の内側を、、内房線に乗ってごとごと一時間半。岩井へ。。

同じ東京湾沿いでも、、横浜とか鎌倉とは違う生活感。。
漁師とか漁船が似合いそうな街。。
そんな中に、自然。
もはや自分の幼少の記録にすらなくて、、ジブリのアニメで見たような類の、
自然が、海がある生活。
道の一本奥から本当にトトロでも出てきそうな。

さてさて、、埼玉県は海が無いわけですよ。。
そりゃもう、、海には愛憎半ばする屈折した複雑な感情とか持ってるわけですよ。
海にあこがれる気持ちと、へっ、なんだよ海なんて、みたいな気持ちが同居してるわけですよ。。

そんな人間を海に放つと、好奇心で色々してしまうのさー。。
例えば、波打ち際に打ち上げられてる海藻を食べてみたりね♪

帰り際、みんなと別れた後、こっそりダッシュした東京駅のトイレ。
現在、合宿から帰還丸一日、、未だ腹の調子優れず。。
さいたま県民はあほの子のようです;;

g430058 at 23:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年03月11日

ここの所

毎日朝から晩まで新入生に○協の加入説明。。
助けて白石さーん!!
昨日のキムチ鍋食べ放題@モーパラによって腹の調子がぶっ壊れていたという話。
辛子味噌&ニンニクのダブルパンチ。。そして焦って食った生煮えの豚肉。
まだはらから変な音がします。怖いです。

さてさて、、今日は大学に入ってすぐの四月からずーっと担当してきたカテ巨の生徒の最終授業。。でした。。
なんだか実感がわかないけど、もう会うことも無いかもしれないんだよなぁ。
これまで二年間ずっと週に一回、離婚寸前の夫婦みたいなペースであってきて、大阪にも一緒に行って、、自分の初めて担当した生徒で思い入れも深かった。
国立前期で受からせてあげたかったなぁ……。まぁまだ望みはあるけれども。
そんな最後の感動的な授業中に、、

ずっと腹がごろごろなっていた。。
orzorzorz

g430058 at 23:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年03月04日

大阪にて

国立大学二次試験前日、
生徒の付き添いのため東京から新幹線で一路大阪へ。
受験前日にホテルで笑いの金メダルを見て爆笑する駄目学生二人組み。。
お決まりのように有料チャンネルを見たいと言い出す生徒。
もはや勉強する気配なし。。
結局無料で見られるお試し三十秒だけ見て、、大人しく就寝。。

当日朝、、ようやく緊張感が沸いてくる……かと思いきや、、
携帯で2チャンネルを見だす生徒。
ありえねー。。

しかもコテハン使って書き込みwちょっww

果たしてこの生徒、だいじょーぶなんでしょーか……?
俺は知りません。。


生徒を送り出した後は試験が終わるまで大阪観光へ。。
地下鉄フリー切符を購入し、、駆け足で大阪を見て回るのがテーマ。。

大阪大学→四天王寺→阿部野橋→心斎橋→アメリカ村→道頓堀→なんば→日本橋→梅田→大阪港→通天閣→新大阪へ。。

一通りぐるっと周遊した感じ。。
鶴橋とか大阪城とかも行きたかったんだけど時間の都合上断念。。
生徒と合流し、、帰路へ。

結果は数学英語が健闘。。物理が失敗とのこと。。
うーむ……教えてた英語がうまくいったのは良かったが全体としては微妙な結果に。あとは前期の発表待ち。。

g430058 at 15:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!