青森地裁と地裁弘前支部に勤務する複数の執行官が、職場に小型カメラを無断で設置し、パソコンで職員の仕事ぶりを見られるようにしていたことが15日、分かった。地裁は「軽率な行為。適切に対処したい」とし、処分も含めた対応を検討している。
 地裁総務課によると、執行官はパソコンに小型カメラを設置し、地裁と同支部の一部の執行官が、それぞれの職場を見られるようにしていた。撮影に気付いた職員が3月下旬、地裁に苦情を申し立てて発覚した。カメラは少なくとも1年以上前に設置されたという。
 関与した執行官は、地裁に「職員の働きぶりに不満があり、カメラを設置すれば緊張感を持って働くと思った」などと説明したという。 

【関連ニュース】
排出口に鉄さび、配管を逆流か=浜岡原発の放射性廃液漏れ

元副署長、20日強制起訴=検察審査会の議決受け-明石歩道橋事故・神戸(時事通信)
<航空トラブル>エアカナダ機が2度も緊急着陸 成田空港に(毎日新聞)
【私も言いたい】「郵政改革案」 「民業圧迫だ」7割に(産経新聞)
医師養成数目標の見直しで合意-民主党第二分科会(医療介護CBニュース)
ネット利用した選挙運動、参院選から解禁へ(読売新聞)