宮崎県で4月23日に口蹄疫の感染疑いが分かった水牛について、県家畜保健衛生所が最初の発生例の約3週間前の3月末に、農場に立ち入り検査をしながら感染を見逃していたことが18日、分かった。

 農林水産省や県によると、3月31日、同県都農(つの)町の農場から、県家畜保健衛生所に「水牛に下痢や発熱などの症状がある」との連絡があった。同日、衛生所が立ち入り調査をしたが、口蹄疫の症状である激しいよだれなどがなく、ほかの病気を疑い検体を採種した。口蹄疫の発生を受け、4月22日に農水省に連絡、検体を遺伝子検査したところ、翌日に陽性と確認されたという。

【関連記事】
口蹄疫、予防的処分を検討 知事、住民の外出自粛要請
過去最悪の6万匹殺処分、広がる口蹄疫の影響 宮崎
鳩山首相「ぶら下がりより記者会見を活用したい」
宮崎県に「協力したい」 口蹄疫でJR九州社長
大分県も種牛を避難へ 凍結精液も移動
中国が優等生路線に?

<訃報>荒川修作さん73歳=前衛美術の旗手(毎日新聞)
<普天間移設>社民、閣議了解せず 「5月末決着」に異議(毎日新聞)
裁判員裁判で初、求刑上回る懲役8年判決(読売新聞)
もんじゅ、点検のため一時停止 再起動は22日に(産経新聞)
日米外相会談 「北朝鮮に圧力」連携…同盟重視で一致(毎日新聞)