大分大工学部の男性教授が男子大学院生(20歳代)に対し、「脂肪肝」とあだ名を付けて呼んだり、携帯電話やパソコンを隠したりするなど、立場を利用した嫌がらせ(アカデミック・ハラスメント)をしたとして、同大は17日付で戒告の懲戒処分にした。

 18日の発表によると、教授は2008年秋から09年9月にかけて、この大学院生の頭にビニール袋をかぶせたり、パソコンのケーブルを首に巻き付けたりする嫌がらせを研究室で繰り返した。

 大学院生は09年6月から不眠や頭痛を訴え、同年9月、大学側に苦情を申し立てた。大学の調査に対し、教授は「冗談半分だった」と話しているという。

 羽野忠学長は「大学院生に精神的苦痛を与え、申し訳ない」とのコメントを出した。

警部補、飲酒運転で人身事故 沼津署(産経新聞)
売却の郵政資産、8割転売=かんぽの宿・社宅628施設-会計検査院(時事通信)
<仏像展>会場を変更へ 新潟市長が方針(毎日新聞)
<震災障害者>報告書案 首都直下地震での課題として明記(毎日新聞)
大阪市職員の車検代、受注業者が肩代わり 市処分へ(産経新聞)