15日の日没直前、太陽の一部が月に隠れる部分日食が東海以西で観測された。

【写真特集】昨夏の日食をもう一度 皆既日食 2009年7月22日

 日食の途中で太陽が沈む現象は日入帯食と呼ばれる。国立天文台によると、今回の日食は、西ほど欠け方が大きく沖縄県で約60%。大阪市では、午後4時47分に欠け始め、午後5時7分に最大の約25%欠けて間もなく日没となった。

 国内で見える日食は昨年7月以来。次に全国で部分日食が観測されるのは12年5月21日で、九州から南東北の太平洋岸では太陽がリング状に残る金環日食となる。【林田七恵】

【関連ニュース】
【写真特集】皆既日食:明治時代にもブーム 観測列車や観測船も
元日月食:日本初観測
八重山諸島:あす夕方 部分日食 日没に最大61%
部分月食:元日未明の西の空 初日の出の前に「お年玉」
天文:国内初、元日の月食

玉突き事故処理に向かったら、パトカーも…(読売新聞)
内閣支持56%、小沢氏説明不足91%…読売調査(読売新聞)
機構の法的整理支持で最終調整=日航再建問題で政府(時事通信)
反捕鯨団体、破損の妨害船を放棄か=ボーガンの矢を回収-水産庁(時事通信)
陸自第1空挺団、降下始め!…防衛相も視察(読売新聞)