鳩山由紀夫首相が22日午前の衆院予算委員会で、中身は同じなのに巧みに変化があったようにごまかすことを意味する故事成語「朝三暮四」を、命令がころころと変わることを表す「朝令暮改」と勘違いし、質問した自民党の茂木敏充幹事長代理から言葉の由来と正しい意味について「講義」を受ける一幕があった。
 茂木氏は、政府が今年度の第1次補正予算で凍結した財源を第2次補正に回したことを批判した際、「朝三暮四という言葉をご存じか」と質問。これに対し、首相は「知っている。朝決めたことが、夜すぐに変わるという意味、物事をあっさり変えてしまうことだ」と自信たっぷりに答えたが、茂木氏に「それは朝令暮改」とすかさず切り返され、出席者の失笑を買った。
 朝三暮四は、宋の狙公が飼っていたサルに木の実を「朝三つ、暮れに四つ与える」と告げたところ、サルが不満を示し、狙公が「朝四つ、暮れ三つ」と言い換えるとサルが喜んで受け入れたという故事に由来する。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔写真特集〕華麗なる仏大統領夫人 カーラ・ブルーニ
29日に施政方針演説=山岡氏
捜査介入の意図ない=「不起訴望む」発言を撤回
経済、安保で質疑=衆院予算委

<足利事件再審>元検事「深刻に思う」 菅家さん「謝って」(毎日新聞)
2次補正への賛成表明=景気深刻、早期成立が必要-公明政調会長(時事通信)
<神戸・女性不明>知人が「埋めた」 京都の山林捜索(毎日新聞)
外国人参政権、谷垣氏も「反対」(産経新聞)
<振り込め詐欺>09年の被害、過去最少 それでも月8億円(毎日新聞)