亀井静香金融・郵政改革担当相は14日、広島県福山市内のホテルで開かれた郵便局長らの会合であいさつし、「今の時代、まだ元気な人間が早く隠居するような状況ではない。定年制についても変えていく」などと述べ、郵政事業の見直しに併せ、郵便局長らの60歳定年の延長を検討する考えを示した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
ポスト鳩山を狙う"ラグビーボール"原口総務相
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘~経産省と組んだ菅副総理~
難問山積 問われる首相の決断力~普天間、小沢氏団体問題にどう対応?~

アパート火災で2人死亡=2階の居住者か-広島・呉(時事通信)
薬物密売グループの指示役を逮捕 西武線沿線で販売(産経新聞)
計画書作成せず手術実施=山本病院患者死亡-奈良県警(時事通信)
医療に「満足」は57%―日本医療政策機構調査(医療介護CBニュース)
男子高校生、改札口で背中刺される=中年男に突然-徳島(時事通信)