大量の化学肥料使用で中国の農地が80年代以降、急速に酸性化していることが、中国農業大や米スタンフォード大などの分析で分かった。肥料中の窒素は温暖化を進める亜酸化窒素の発生源で、チームは環境悪化の加速を警告している。12日付の米科学誌サイエンスに発表した。

 チームは、80年代以降の全国調査などを基に、農地の酸性度(pH7未満が酸性)の変化を調べた。その結果、主要6地域中5地域でpH値が0.13~0.8低下し、4地域で野菜の土壌がpH6以下になった。

 中国は急激な人口増加に対応するため化学肥料を大量使用。肥料による酸性化は酸性雨の10~100倍の影響があり、発生する亜酸化窒素は二酸化炭素の約300倍の温室効果があるという。【元村有希子】

【関連ニュース】
<こちらの肥料はゾウのフン>天王寺動物園:天王寺蕪を収穫
農薬なし肥料もなしのお茶
耕さず肥料なし…自然農法15年
耕さない田畑で育ついきいきした作物と人
<ニュースがわかる>国産の野菜が今、人気

【止まらぬ暴力 シー・シェパードの実態】(下)遅れる法整備(産経新聞)
トヨタ プリウス改修 名古屋の販売店でも開始(毎日新聞)
石川議員、離党の意向伝達(時事通信)
うつ病自殺、上司言動が一因と認める判決(読売新聞)
<男子高校生>後ろから背中刺される 徳島・JR阿波池田駅(毎日新聞)