JR西日本は19日、前日に試運転を始めたばかりの新型車両「225系」の屋根から樹脂製のヒューズ箱のふた(縦約40センチ、横約60センチ、重さ約3キロ)が落下したと発表した。けが人などはなかった。

 JR西によると、18日午後6時ごろ、網干総合車両所(兵庫県太子町)で車両を点検中、2両目の屋根上にあるヒューズ箱のふたがなくなっているのに気付いた。ふたを固定する金具の取り付けが不十分だったという。

 225系はJR福知山線脱線事故を教訓に安全性を高めた構造をもち、17日に車両が公開されたばかり。【牧野宏美】

【関連ニュース】
JR西:新型車両を公開 尼崎脱線教訓に安全性高め
質問なるほドリ:新型東北新幹線、高速の秘密は?=回答・矢澤秀範
JR西日本:福知山線脱線事故教訓の新型車両を公開
EF510:JR旅客初の新型電気機関車を公開 寝台特急用
次世代新幹線「E5系」:東京駅に初乗り入れ

裁判員制度施行から1年 死刑、無罪はゼロ(産経新聞)
予防接種法の抜本改正でヒアリング実施へ
さいたまのリフォーム会社社長を逮捕 詐欺容疑、被害総額約3億円か(産経新聞)
漁船転覆、母親の遺体発見=大分(時事通信)
『The Crazies』監督が『フラッシュ・ゴードン』をリメイク!